記事一覧

ラッキーバンクとみんなのクレジットの類似点と相違点

ラッキーバンクの、
 金融当局からの行政処分
 ⇒業務停止
 ⇒複数ファンドでの返済遅延発生

というこれまでの流れは、嫌でもみんなのクレジットの件を思い起こさせます。

現時点ではラッキーバンクについてはいろいろと不明な点も多く、今後の展開も予想しづらいのですが、あくまで現時点で明らかになっている情報をもとに、ラッキーバンクとみんなのクレジットの一件の類似点について考えてみました。

■類似点
まず、両社の類似点として、身内への融資を行っており、それが融資全体において多くの割合を占めていたことが挙げられます。

金融当局からの指摘によると、みんなのクレジットの貸付先は「そのほとんどが親会社である株式会社「甲」及びその関係会社」であったとのことです。
(「甲」がブルーウォールジャパン(現テイクオーバーホールディングス)であったことはその後明らかになっています。)

同じく、ラッキーバンクについても、「田中 翔平代表取締役の親族が経営する不動産事業を営むX社」への貸付けを行っているファンド数は318本であるとのことです。
ラッキーバンクの年間募集ファンド数が100件程度であることを考えると、X社を貸付先とするファンドが非常に多くの割合を占めていると想定されます。

身内への融資を日常的に行っており、またその審査が甘くなっていたため、結果として大規模な返済遅延・デフォルトに至ったという構造は非常に似ていると言わざるを得ません。

また、身内に融資していたことが投資家に対して全く公開されていなかったことも両社で共通しています。
ファンド募集ページにおいて、融資先が関係会社である旨の説明はまったくありませんでした。
LCレンディングなど関係会社に対する融資を行っているソーシャルレンディング事業者は他にもいくつかありますが、LCレンディングはきちんと関係会社に対する融資であることを明記しています。

また、みんなのクレジット、ラッキーバンクとも、融資先が識別できないような情報公開の仕方であったため、そもそもファンドAとファンドBにおける融資先が同一なのか別々なのかも投資家からは判別できませんでした。
(ただしみんなのクレジットの場合はより悪質で、「実際には同一の融資先であるにも関わらず別々であるかのように誤認させるような表記」を行っていました)


■相違点
一方、相違点として、みんなのクレジットにおいては「ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充当されている」状況があったと指摘されていますが、ラッキーバンクにおいてはその指摘はありませんでした。
ラッキーバンクにおいてはそうした行為が行われていないものと考えられます。
(今後そうした事実が出てくる可能性はありますが、あくまで現時点では)

また、みんなのクレジットにおいては、原則としてすべてのファンドに不動産もしくは有価証券の担保が設定されている旨を謳っていたにも関わらず、実際には、設定された担保の大半が甲の発行する未公開株式であり、中には担保が設定されていない貸付けも存在しました。
一方、ラッキーバンクにおいては、全ファンドに不動産担保が設定されていると表示していますが、その点については特に金融当局からの指摘はありませんでした。
(担保物件の評価についての指摘はありましたが)
したがって、担保設定自体は本当にされており、まったく存在しない担保を存在すると記載していたわけではないと考えられます。

■投資家として取りうる対策
こうした点を踏まえて、投資家としては今後どのような点に気を付けて投資したらよいのでしょうか。

まず、「ソーシャルレンディング最大のリスクは個々のファンドのデフォルトリスクではなく、事業者リスクである」と認識する必要があるのではないでしょうか。
みんなのクレジットの一件の際にも書きましたが、改めてそう思います。
事業者自体が信用できるものでなければ、そこで募集されているファンドの内容をいくら精査してもあまり全体のリスクの低減にはつながりません。

では、「どうすれば安全な事業者を判別できるのか」と言われると、私自身にも確実に見極める方法があるわけではありません。

ただ、私は以前「サービス事業者自体の安全性」を評価しましたが、その際は以下の5つの基準で行いました。
(2017年9月に書いたもの)

ソーシャルレンディング事業者比較「サービス事業者自体の安全性」

■サービス事業者自体の安全性の評価基準

 ・金融取引事業者の種別
 金融取引事業者第1種の方が第2種・不動産特定事業者よりも透明性が高く当局の監視も厳しいため、評価を高くしました。

  評価基準:
   A:第1種
   B:第2種、不動産特定事業者
   C:その他

 ・資本金
 資本金が多いほうが一般的に倒産の可能性は低いと考えられます。

  評価基準:
   A:1億円以上
   B:1000万円以上
   C:1000万円未満

 ・営業利益(2016年度)
 営業利益がきちんと出ていれば、事業者が倒産する可能性は低いと考えられます。

  評価基準:
   A:1億円以上
   B:黒字
   C:赤字もしくは未公開

 ・会社の出資者
 会社の出資者が上場企業・大企業であれば信用度は高いと考えられます。

  評価基準:
   A:上場企業もしくはその関連企業
   B:未上場企業
   C:その他もしくは不明

 ・金融当局からの行政処分などを受けていないか

  評価基準:
   A:処分を受けていない
   B:軽微な指摘
   C:重大な指摘・行政処分



なお、その際ラッキーバンクの評価はBで、全19社中11位でした。

ご参考になればと思います。

次回は「ソーシャルレンディング口座を妻の名義にして年間20万円節税する方法(2)」の予定です。



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX



プロの投資家が投資するベンチャー企業に14万円から少額投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング




法人融資歴15年以上の経験と実績でソーシャルレンディングに挑む!






不動産の目利きには自信あり! 銀座の不動産屋がソーシャルレンディングに参戦!
OwnersBook



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




国内初にして最大!圧倒的なシェアを誇るソーシャルレンディング業界の巨人





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)