記事一覧

2017年度確定申告~青色申告でソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(2)

maneoで2018年3月2日に返済遅延が発生しました。

【延滞発生に関するご報告】

発生したのは、「maneoの虎」の以下の4案件です。

・maneoの虎ローンファンド5号
・maneoの虎ローンファンド8号
・maneoの虎ローンファンド9号(案件1:BY社、案件2:AN社)
・maneoの虎ローンファンド10号(案件1:BY社、案件2:AN社)

貸付残高は合計約2500万円です。

<以下引用>
2.経過および回収の見込み

対象ファンドの債務者であるBM社とBY社は、ラーメン店運営会社で、経営者が同一のグループ会社であります。
グループは3法人にて、ラーメン店を8店舗経営しております。経営者はこの道約25年の業界精通者で、
事業を徐々に拡大させてきましたが、うち3店舗については、昨年12月頃より急激に売上が減少しており、
2月末に閉店することになりました。

グループにはmaneo社以外の債務もあり、一旦資金繰りを整理したいと申し出がありました。
詳細は確認中ですが、2月末の返済は不可能であるとの連絡を受けました。

経営者は、今後、採算店舗にて営業を継続し、その収益から返済を続けていく意向です。

返済の実現性や期間等の見込みについては、次回以降のご報告とさせていただきます。
債権者として、今後も引き続き状況把握に努め、回収を試みてまいります。

なお、本件は、募集させていただいた内容のとおり、不動産担保などの保全がない案件となっており、
回収は採算店舗からの収益がその返済原資となります。

3.今後の状況報告について

該当投資家の皆様には、
① 3月8日を目途に、再度、状況のご報告をさせていただきます。
② 回収の進捗状況等につきまして、①以降、定期的にメールにてご報告いたします。
③ 個別店舗ごとの状況や実態についても、併せてご報告してまいります。
<引用終わり>



私も「maneoの虎ローンファンド8号」には47万円を投資しているので、今後の展開は非常に気になります。
不動産等の担保は元々ない案件だったので、短期間で回収することは難しそうです。

さて、多くの案件を組成している以上、ある程度延滞が発生すること自体はやむを得ないことと思います。
特に「maneoの虎」はハイリスク・ハイリターンと明記された案件であり、延滞の可能性も通常の案件より高いことは想定できたことです。
また、maneoの2017年の年間貸出額は430億円なので、返済遅延金額2500万円はそのわずか0.1%以下に相当します。
規模から見ても、特に問題視することではないと考えます。

ただ、今回同時に延滞が発生したBM社とBY社は、経営者が同一のグループ会社だったとのことです。
改めて募集ページを確認しましたが、「経営者が同一のグループ会社」との記載は見当たりませんでした。
今回のように同時に延滞や貸し倒れとなる可能性があるので、そうした情報は必ず募集時に記載すべきでしょう。
そうでないとリスク分散が適切に行えないことになります。
その点に関してはぜひ今後改善を求めたいと思います。

*********
前回の記事の続きです。
2017年度確定申告~青色申告でソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(1)

青色申告を行うためには会計ソフトが必要となりますが、前回の記事にも書いた通り、今年は「やよいの青色申告オンライン」を使いました。
使用料金は、1年間無料で次年度は、8,640円(税込)/年とそこそこしますが、節税のためには安い出費と言えるでしょう。





銀行やクレジットカードのIDとPWを登録すると、自動で入出金明細を取り込んでくれて、科目(水道光熱費や新聞図書費など)もある程度自動で設定してくれます。
入出金のうち、どれを収入あるいは経費とするか、個別に選んでいけばよいので、0から入力するのに比べればだいぶ楽です。
ただし、現金で支払ったものについては領収書をもとに手で入力する必要がありますが。

まず、ソーシャルレンディングの1年分の利益を、各社から送られてきた年間取引報告書または支払調書を元に入力します。

SnapCrab_NoName_2018-2-22_16-0-13_No-00.png

また、「やよいの青色申告オンライン」には「所得の内訳書」を作成する機能があります。
仕訳データを反映して作成してくれるので、MFクラウドよりは若干楽です。

所得の内訳書1(ブログ用)

一方、経費は以下のように自動で取り込まれた銀行明細やクレジットカード明細の中から経費に該当するものを選択します。
科目も自動で判定されますが、変えたい場合は変更します。
SnapCrab_NoName_2018-2-24_11-54-34_No-00.png

経費としては今年も以下の項目を計上しました。
項目事業として計上する比率内容
通信費100%計上ネット通信料・携帯通信料など。携帯から投資したりブログを更新したりしているため。また、昨年はパソコンを買い替えたのですが、その費用も通信費として計上しました。
消耗品費100%計上   パソコン周辺機器・プリンタインク代など 。
新聞図書費100%計上新聞代、関連書籍代。
ブログで新聞記事や投資関連本などを紹介しており、その費用は計上しました。
水道光熱費20%計上 水道、電気、ガス代。
住居の中でパソコンを置いている部屋の面積の比率が大体20%くらいのためです。 
事務所費用20%計上住宅ローン支払、固定資産税。 
住居の中でパソコンを置いている部屋の面積の比率が大体20%くらいのためです。 
接待交際費 100%計上ソーシャルレンディング関連のセミナー参加費交通費や、関係者との飲食代など。
外注工賃100%計上 税理士費用など 。
支払利息100%計上私は「野村Webプラスローン」でお金を借りて投資資金に回していますが、その支払金利を経費としています。


これらの経費はトータル110万円ほどとなりました。
住宅ローンの期間延長を行った結果、毎年支払う金額が少なくなったため、経費もその分少なくなっています。

ちなみに、日々受け取っている領収書のうち、経費となるものについては次の3つに分けて保存しています。

・現金払い
  ⇒現金で支払った経費の領収書。確定申告時にまとめて手入力。

・クレジットカード払い
  ⇒クレジットカードで支払った経費の領収書。
   クレジットカードの支払いは自動取り込みされるため、基本的には入力不要。
   ただ保管しておく必要はある。

・医療費 
  ⇒医療費の領収書。
   10万円を越えたら医療費控除を受けられるため、分けて管理している。

DSC_0316.jpg

ここまで作成したところで、例年と同じ税理士さんに内容のチェックをお願いしました。
ちなみに料金は昨年と同様2万円です。

なお、私は税金の専門家ではありませんので、詳細については税務署か税理士にお問い合わせください。

次回は「ソーシャルレンディング返済遅延分を貸倒引当金として計上できるか」の予定です。



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX



プロの投資家が投資するベンチャー企業に14万円から少額投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング




法人融資歴15年以上の経験と実績でソーシャルレンディングに挑む!






不動産の目利きには自信あり! 銀座の不動産屋がソーシャルレンディングに参戦!
OwnersBook



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




国内初にして最大!圧倒的なシェアを誇るソーシャルレンディング業界の巨人




関連記事

コメント

その通りです!

いつも為になる情報ありがとうございます!
「経営者が同一のグループ会社」であれば、
最初にそれを表記する方がマネオにとっても
投資者にとっても得だと思います。
「経営者が同一のグループ会社」の案件だと表記を率先してやるソーシャルレンディング会社なら信用力UPですよね。間違いなくソーシャルレンディング会社にとってメリット大です!融資を受ける会社に有利な事が多ければ多い程、経営が緩くなり、遅延や貸し倒れしやすいですよね。結果ソーシャルレンディン業界が縮小しますね。

No title

どうせ領収書不要だし。
パソコン買い換えたことにしようよ。
来年はプリンタ買い換えたことに。
1年たてば向こうも忘れるし、
一個人を詳しく調べるだけの要員もいないですし。

No title

住宅ローンは経費じゃないですよ

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)