記事一覧

「自宅を売ってソーシャルレンディングの資金に充てよう!」について追記

先日公開した記事「自宅を売ってソーシャルレンディングの資金に充てよう!」について、いろいろなご意見をいただきました。

特に、ローンを利用して投資することについて賛否両論ありましたので、この点について再度考察してみたいと思います。

<賛成意見>

・私もそんな感じで家、車などはあえてローンにしています他の投資もしてますが年8.4パーセント、20年で平均年利20パーセント
だいたい資産は5倍その中ではソーシャルレンディングはミドルリスクミドルリターンあまり市場動向に左右されずいい感じです
長期でしてればリスクは少ないほうですね
ちなみに家は購入がいいと個人的には思います



・私も全く同じこと考えていました。
賃貸も考えましたが.SLで運用して返済していく、、ただこのSL金利がいつまで続くかが気になります



年齢によって取れるリスクも違いますが、
投資家は資金効率を上げて経営効率を上げるべきですね。
論理的な売らづけが有るならやるべきですね。



<反対意見>

「コツコツドカーン」をみんクレで派手にやらかして、一時期マイナスリターンになった人が、年利7%でのSL運用を当然のものと考えているのには、とても違和感を感じます。
また、同じことを繰り返したらどうする気ですか?
SLの代表的ブロガーとして、「自宅を売ってソーシャルレンディングの資金に充てよう!」とは逆に、「事業者リスクに備え、余裕資金の範囲内で固く運用しよう」というふうに啓蒙すべ立場ではないですか?
運用経験も豊富で本を販売しているなけにごろうさんでさえも、SLで利益を出せないという事実に、私は、SLの怖さを感じています。



ローンを利用して投資することについては、反対意見も多いようです。

私はこれまでもWEBプラスローンや住宅ローンを利用してソーシャルレンディング投資をしてきましたが、特に問題はありませんでした。
ご指摘にもあるように、みんなのクレジットに対して大きすぎる割合の投資をしてしまったことは大いに反省していますが、ローンを利用したことについては特に反省すべきとは考えていません。
その2つは全くの別問題と考えています。
仮にローンを利用していなかったとしてもみんなのクレジットには同じように投資していて、やはり損はしていたでしょう。

ローンを使うか否かに関わらず、投資に失敗すれば損をすることにかわりはありません。
また、ローンを使ったから損失額が膨らむというわけでもありません。


例えば1000万円の資産を持つ人が100万円のローンを借りて100万円のソーシャルレンディングファンドに投資したとします。
このファンドがデフォルトとなり1円も返ってこなかった場合、資産1000万円とローン100万円が残るため、純資産は900万円となり、損失額は100万円となります。

同じく1000万円の資産を持つ人が自己資金で100万円のソーシャルレンディングファンドに投資し、デフォルトとなった場合、純資産はやはり900万円に減るので、損失額は100万円となります。
ローンを使った場合と純資産額・損失額は変わりません。

ローンを組んで投資して問題となるのは、ローン金額が資産額を上回るような場合です。
先程の例でいうと、1000万円の資産を持つ人が1500万円のローンを借りてその全額を投資するようなケースです。
この場合、全額デフォルトとなったら、1000万円の資産と1500万円のローンが残るので、純資産はマイナス500万円となり、いわゆる債務超過の状態となってしまいます。
こうなるとローンを返せない状態に陥ってしまうので、これはさすがに借りすぎと言えるでしょう。

私の場合は、もしみんなのクレジットに投資した金額が今後全て返ってこなかったとしても、ローンの額は資産額に比べてはるかに少ない額なので、返済できなくなってしまうことはありません。
返そうと思えばいつでも返すことができます。

このように、資産額に対して充分少ない金額であればローンを利用しても問題ないのではないでしょうか。

ちなみに、ソーシャルレンディングを含む私の現在の総資産額は約6000万円です。
一方、住宅ローン、webプラスローンなどを含むローンの総額は1500万円ほどです。
もし「自宅を売ってソーシャルレンディングの資金に充てよう!」の案を実行すると、総資産額は9000万円、ローン総額は5100円となります。
総資産額に対するローンの割合は60%ほどにとどまり、問題ない水準だと考えられます。

不動産投資家の多くはローンを利用しているそうです。
また、 企業でも、借入を一切利用しない、という方針では成長スピードが遅くなったり、ビジネスチャンスを逃したりする可能性が高いでしょう。
投資でもローンを利用することでレバレッジをかけることができ、実質利回りを高めることができます。

キャッシュフローゲームでも、効率よく資産を増やすには、ローンの活用がポイントになってきます。
一切ローンを使わずに給与所得だけを元手に投資しようとしたら、資産を築くのに非常に時間がかかってしまい、勝利は望めないでしょう。

もちろん各投資家の状況によってリスク許容度は変わってくるので、ローンを利用してソーシャルレンディング投資することを一律にお勧めするわけではありませんが、私は1つの手法として「あり」だと考えています。

次回は「2018年1月 投資中ファンド一覧」の予定です。



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX



プロの投資家が投資するベンチャー企業に14万円から少額投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング




法人融資歴15年以上の経験と実績でソーシャルレンディングに挑む!






不動産の目利きには自信あり! 銀座の不動産屋がソーシャルレンディングに参戦!
OwnersBook



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




国内初にして最大!圧倒的なシェアを誇るソーシャルレンディング業界の巨人





利回り8%超! 全ファンド不動産担保付き




関連記事

コメント

けにごろうさん、お久しぶりです。

ローンでレバレッジをかける手法は私も賛成です。
投資の基本だと思います。

生命保険を担保に借入れができる契約者貸付制度はご存知でしょうか?
低利かつ返済は借入額の一部を年1回などフレキシブルに設定できますよ。

Re:

コメントありがとうございます。
生命保険を担保にお金を借りられるのですね
初めて知りました
ただ残念ながら私は生命保険に入っていないので利用は無理そうです

No title

けにごろうさん、これほど露骨じゃ有りませんが、
以前私も似たようなことをやっていたかもしれません。
2006年ごろ、
賃貸用マンションと自宅のローン総額が3500万円。
繰り上げ返済なんて考えず、
中国株をばかり買っていましたね。
但し、バブル崩壊後生命保険会社の半分がつぶれた。担保価値の評価がバブル評価で意味が有りませんでしたからね。
同じように、やばくなるとソーシャルレンディング業者も半分つぶれる局面も有るかもしれませんね。
リーマンショック後、
安愚楽牧場やホテルホープファンドやマーズ投資も潰れましたね。
借金をすることが良くないとは言いませんが、
やばくなったら上手に撤退すべきですね。

Re: No title

inadakさん
コメントありがとうございます。

ローンで株式投資をされていたのですね。
確かにリーマンショックのような事態がまた起きないとも限らないので、常に注意は必要ですね。

> けにごろうさん、これほど露骨じゃ有りませんが、
> 以前私も似たようなことをやっていたかもしれません。
> 2006年ごろ、
> 賃貸用マンションと自宅のローン総額が3500万円。
> 繰り上げ返済なんて考えず、
> 中国株をばかり買っていましたね。
> 但し、バブル崩壊後生命保険会社の半分がつぶれた。担保価値の評価がバブル評価で意味が有りませんでしたからね。
> 同じように、やばくなるとソーシャルレンディング業者も半分つぶれる局面も有るかもしれませんね。
> リーマンショック後、
> 安愚楽牧場やホテルホープファンドやマーズ投資も潰れましたね。
> 借金をすることが良くないとは言いませんが、
> やばくなったら上手に撤退すべきですね。

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)