記事一覧

証券取引等監視委員会がみんなのクレジットの行政処分を勧告(2)~貸付先はどこなのか

証券取引等監視委員会がみんなのクレジットの行政処分を勧告した件についてです。

行政処分の内容は今後決定されると思いますが、金融行政に詳しい知人によると「登録取り消しになる可能性が高い。」とのことでした。

さて、実際に投資している身としては、何といっても一番気になるのは「投資したお金はどれだけ返ってくるのか」という点です。
証券取引等監視委員会によると、

当社の貸付先は、そのほとんどが当社の親会社である株式会社甲(以下「甲」という。)及びその関係会社(当社、甲及びその関係会社を合わせて以下「甲グループ」という。)となっており、貸付先が甲グループに集中している状況となっている。


とのことですが、では、実際の借り手企業はどこなのでしょうか。

これまでにみんなのクレジットでファンドを募集した主な借り手は以下の7社です。

・関東圏、東海圏に展開する不動産開発を手掛ける業者(0001)
・東京都港区に本社を構え、貴石卸売をメインとして美容・日用雑貨品の卸売、ネイルサロンの運営、飲食店の運営など多角経営をしている事業者(0010)
・関東地方に複数店舗を展開する、物販・サービス事業者(0003)
・東京都渋谷区にて、物品販売を手掛ける業者
・関東圏に展開する都内の投資会社
・東京都中央区にて、物品販売を手掛ける業者
・都内を中心に、不動産開発を手掛ける業者

事業内容・募集金額の規模からみて「関東圏、東海圏に展開する不動産開発を手掛ける業者(0001)」がおそらくブルーウォールジャパンと思われます。

他の会社についても調べましたが、どの会社だかわかりませんでした。
もし情報をお持ちの方がいたらぜひお寄せください。
白石氏は、これまでにシーマ(現NEW ART)、プリモ・ジャパンという2つのジュエリー販売会社に関わっており、いずれかが上記の(0010)ではないかと思ったのですが、2社とも本社所在地は東京都中央区でしたので、違うようです。
(ファンド募集情報が嘘でなければ)

ブルーウォールジャパン
代表: 白石伸生
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-2 スプラインビル 6階
事業内容: 不動産・IT
資本金: 4.8億円

ブルーウォールジャパン社の決算書は見つからず、経営状況についてよくわかりませんでした。
証券取引等監視委員会が「ファンドからの甲グループへの貸付けは返済が滞る可能性が高い状況と認められる。」と言っていますが、実際どうなのでしょうか。

みんなのクレジット社に対して今後の見通しについて確認したいと考えています。
関連記事

コメント

白石は詐欺師のプロみたいですね。
まんまと私もやられました。
もう1円も戻らないかもしれないですね。

Re: タイトルなし

こんにちは。
コメントありがとうございました。

白石代表は過去にも同じようなことをしているのでしょうか?
何か情報をお持ちであればぜひ教えていただけますでしょうか。


> 白石は詐欺師のプロみたいですね。
> まんまと私もやられました。
> もう1円も戻らないかもしれないですね。

No title

業者を紹介したブロガーにも罪があるとまでは思わないが
こういった提灯記事で金を稼いでいるブロガーは
自らの記事で被害を拡大させた可能性を充分認識し
しっかりと反省する必要があるね

No title

>何か情報をお持ちであれば

名前検索するだけで出てきますが。
むしろ検索もしないで大金を投じていたことに驚きます。
某掲示板では最初から金策目当ての詐欺師認定です。
恥じてください。

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

メディア掲載

以下のメディアにて取材を受けたり、ブログが紹介されました

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)