記事一覧

2016年度確定申告~青色申告でソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(2)

前回の記事の続きです。

青色申告を行うためには会計ソフトが必要となりますが、前年に引き続き「MFクラウド確定申告」を使用しました。
「MFクラウド確定申告」は、マネーフォワードのビジネス版です。
使用料金は、ベーシックプランで月額800円・年間8800円とそこそこしますが、節税のためには安い出費と言えるでしょう。
なお、無料の試用期間もあります。

「MFクラウド確定申告」

銀行やクレジットカードのIDとPWを登録すると、自動で入出金明細を取り込んでくれて、科目(水道光熱費や新聞図書費など)もある程度自動で設定してくれます。
入出金のうち、どれを収入あるいは経費とするか、個別に選んでいけばよいので、1から入力するのに比べればだいぶ楽です。
ただし、現金で支払ったものについては領収書をもとに手で入力する必要がありますが。

ソーシャルレンディング各社のうち、maneo、ガイアファンディング、オーナーズブックは「MFクラウド確定申告」の自動取り込みに対応しています。
これらのサービスは自動で分配金が反映されるので便利、と思っていたのですが、実際やってみると「MFクラウド確定申告」の画面上、以下のように、入金や出金・投資などすべての入出金が表示されます。
このうち、申告が必要なのは元利金分配だけなので、それを選んで行く必要がありますが、分配が月に複数回なっているケースもあり、却って面倒に感じました。
SnapCrab_NoName_2017-3-5_15-34-28_No-00.png

これなら、他のソーシャルレンディング事業者と同様に年間取引報告書の内容をもとに1年分の利益額をまとめて手で入力したほうが早そうです。
結局昨年と同様、1年分の利益を手で入力しました。
SnapCrab_NoName_2017-3-5_15-44-24_No-00.png

また、「MFクラウド確定申告」には昨年は「所得の内訳書」を作成する機能がなかったのですが、今年は対応するようになりました。

ただし仕訳データを反映することはできず、別途入力しなおさないとなりません。
面倒なので、仕訳データから選択して反映できるようになってほしいものです。
SnapCrab_NoName_2017-3-9_20-54-10_No-00.png


また、以下の書面にはまだ対応していないようです。
・ 「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」
・ 「特定証券投資信託に係る配当控除額の計算書」
・分離課税用の「申告書第三表」


株式の譲渡益や配当金があるので、作成が必要なのですが、仕方がないのでこれらの書式だけ国税庁のサイトの確定申告コーナーで作りました。
確定申告コーナー

入力しなおすのはけっこう大変なので、来年は違うソフトを使おうかと考えています。
「やよいの青色申告オンライン」はこれらの機能にも対応しているようですが、使い勝手はどうなのでしょうか。
どなたか使ったことのある方がいたら是非教えてください。

ちなみに、2016年は株式などの譲渡益はマイナスだったので、分離申告にしました。

一方、経費としては以下の項目を計上しました。
項目計上の比率内容
通信費100%計上ネット通信料・携帯通信料など。携帯から投資したりブログを更新したりしているため。また、昨年はパソコンを買い替えたのですが、その費用も通信費として計上しました。
消耗品費100%計上   パソコン周辺機器・プリンタインク代など 。
新聞図書費100%計上新聞代、関連書籍代。
ブログで新聞記事や投資関連本などを紹介しており、その費用は計上しました。
水道光熱費20%計上 水道、電気、ガス代。
住居の中でパソコンを置いている部屋の面積の比率が大体20%くらいのためです。 
事務所費用20%計上住宅ローン支払、固定資産税。 
住居の中でパソコンを置いている部屋の面積の比率が大体20%くらいのためです。 
接待交際費 100%計上ソーシャルレンディング関連のセミナー参加費交通費や、関係者との飲食代など。
外注工賃100%計上 税理士費用など 。
支払利息100%計上私は「野村Webプラスローン」でお金を借りて投資資金に回していますが、その支払金利を経費としています。


これらの経費はトータル150万円ほどとなりました。

ちなみに、日々受け取っている領収書のうち、経費となるものについては次の3つに分けて保存しています。

・現金払
  ⇒現金で支払った経費の領収書。確定申告時にまとめて手入力。
・クレジットカード払
  ⇒クレジットカードで支払った経費の領収書。
   クレジットカードの支払いはMFクラウド確定申告で自動取り込みされるため、基本的には入力不要。
   ただ保管しておく必要はある。
・医療費 
  ⇒医療費の領収書。
   10万円を越えたら医療費控除を受けられるため、分けて管理している。

ここまで作成したところで、例年と同じ税理士さんに内容のチェックをお願いしました。
ちなみに料金は昨年と同様2万円です。

なお、私は税金の専門家ではありませんので、詳細については税務署か税理士にお問い合わせください。
(次回に続く)




みんなのクレジット















にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ
関連記事

コメント

いつも勉強させてもらっています!確定申告の時期で参考にさせてもらっています〜

No title

住宅ローンではなくて、家賃ではないでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


利回り8%超
全ファンド不動産担保付き


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


貸金業界の表も裏も知り尽くした
男が上限金利15%の限界に挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング




元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)