記事一覧

さくらソーシャルレンディング岩田代表インタビュー(1)

さくらソーシャルレンディング代表の岩田氏にインタビューさせていただきました。
さくら岩田代表

■インタビュー実施日
2016年12月26日

■内容

―岩田代表の経歴についてうかがいたい

私は愛媛の出身で、大分で育った。
東京の大学を卒業後は、大分で父が経営する自動車関連の中小企業であるビープラスグループ(前身の会社)に就職し、主に経理・財務を担当した。
ビープラスグループの前身はその昔自動車部品店を大分全域にフランチャイズ等も展開したが、平成22年頃自動車事業を売却し、パチンコ店運営にシフトした。
現在は沖縄・九州・関東に全7店舗を経営している。
その後、新規事業会社を育てる必要性を感じ、ソーシャルレンディング、ドローン教育事業に進出した。

―サービス開始の経緯は
maneo代表の瀧本氏とは10年ほど前から知り合いで、またUBI株式会社は大変誠意を持って経営をされていてお手本にさせていただいた。
今回瀧本氏より声をかけていただいた

―「地方創生型ソーシャルレンディング」を掲げているが、地方にこだわるのはなぜか
私自身大分で地元の金融機関からお金を借りて事業をしているが、東京との情報格差を強く感じる。
民泊のAirBnBや、Fintech、仮想通貨といったキーワードについて全く知られていない。
ソーシャルレンディングも、怪しい、うさんくさいといったイメージでとらえられている。
金融機関は、情報の無い中で貸出先を探しており、金利競争に陥っている。
地元の企業にとって資金調達する先は銀行などの金融機関しかないが、なかなかお金が借りられず、新しい取り組みがなかなかできない。

地方の課題は情報格差とスピード。
地方の事業者にこうした資金調達のツールを提供することで格差を埋めていきたい。
また、大分では、不動産を購入するようなプレイヤーはほとんどいない。
東京からわざわざ物件を買いに来る人もあまりいない。

―借り手はどういった企業か
当面は自分たちがある程度知っている範囲で貸付を行う。土地勘がない場所や、自分たちがまったく知らない業種には手を出さない方針。
わかりやすい案件を中心にやっていく。
我々の貸付金利は一般の金融高機関に比べて高いので、短期的な資金ニーズに対して保全をきかせて取りくみたい。


―第一号ファンドの借り手はどういった事業者か
沖縄にあるビル管理の会社で、担保は横浜の不動産。沖縄は実は経済も活況で特殊性も高く、不動産の価格も高い。

―会社情報のページを見たところ、貸金業免許についての記載がなかったが、免許は取得しているのか
2,3年前から以前の会社で貸金業は手掛けており、免許は持っていた。
不動産関連企業や、取引先などに対して貸付を行っていた。

―現在の社員数は
現在取締役しかおらず、人数は4名。

―借り手となる企業はどのように募集しているのか
取締役のうち2名は名古屋におり、もともとファイナンスを手掛けていた。
その関連企業に対してまずは貸し付けていく予定。
もともと知っている会社を中心に融資先を探す
あまり新規に広く募集するといったことはやっていない。
基本的には手堅い案件を中心にやっていきたい。
今後は、各地方ごとにパートナーをおいて事業を展開することを考えている。
さくらのサイトに日本地図を表示し地域別に案件がわかるようにしたい。

―貸出の審査はどのように行っているのか。また、その体制は。
取締役4名で、案件を持ち寄って、相互に審査する。
審査にあたっては保全・担保を重視している。
maneoが伸びたのは、デフォルトを起こしていないことが大きいと思う。
我々もその方針でやっていきたい。
ベンチャー企業のようなものには当面融資する予定はない。

次回は「さくらソーシャルレンディング岩田代表インタビュー(2)」の予定です。


みんなのクレジット





4



OwnersBook


年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

メディア掲載

以下のメディアにて取材を受けたり、ブログが紹介されました

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)