記事一覧

「みんなのクレジット」代表者インタビュー(2)

前回の続きです。

みんなのクレジット

―私が最初に投資した【みんなのクレジット開設記念】第4回中小企業支援ローンファンドは、貸付実行後4日で早期返済となったが、どういう経緯があったのか。
当案件は、貸出先からの期限前弁済が成立直後に行われたため、案件キャンセルとはせず投資会員の皆様への配当をお出しできる「早期償還」とさせていただきました。
その後、投資先と協議の上、契約書上違約金利が取れるという判断から、通常の配当に加え追加配当をさせて頂きました。

―私が投資した「不動産事業ローンファンド 7号」について、マイページ上、融資開始予定日を過ぎても「貸出中」の状態になるのに1ヶ月ほどかかったことがあったが、これはなぜか
申込中の数値表示に関しましては、システム上表示項目の問題があり、現在は一時的に解決をさせて、実行中の欄に計上が為されるようになっております。しかしながら、現在、お客様からの多々のご要望やご不満を頂戴し、迅速かつ見易いマイページ対応を可能足らしめるため、人員を増強し、内製化を進めております。
8月1日見やすくなったマイページを実施して参ります。

―また、上記の件について、以前サポートに問い合わせメールを出したが、回答が得られなかったことがあった。サポート体制についてはどのように考えているか。
ご返答を致しておらなかった件に関しましては、大変申し訳ございませんでした。
担当部署よりの引継ぎが悪く、ご迷惑をお掛けいたすこととなりましたこと、改めてお詫び申し上げます。
想定を超えるスピードでお客様の数が増えております原状で、お問い合わせの種類や内容にかかわらず、電話でもメールでも迅速かつ正確な対応を可能とするべく、お客さま対応部署の人員拡張を計画し、8月より順次配置してまいります。

―他のソーシャルレンディングサービスは意識しているか。また、関係者と面識はあるか。
幣社は、同業他社を意識するのではなく、顧客目線、投資家目線でサイト運営管理を目指していく所存です。
単に、同業他社と配当額競争をするのではなく、社会的意義はあるか、その融資先企業が幣社からの融資により発展できるか、
という観点を最重要視しております。
私白石は、マネオの瀧本社長様とは2度程、お会いしたことはありますが、それ以外はありません。

―他にもいろいろな企業を手掛けているが、それらとのシナジー効果はあるのか。
親会社であるブルーウォールジャパンは不動産開発事業を行っており、その関係で、融資を希望する不動産企業が子会社たるみんなのクレジットを訪問してくる、という流れができつつあります。
また、私自身が数多くの企業再生案件を手掛けてきたことから、都内の多くの弁護士―会計事務所から、融資案件のご紹介も頂きつつあります。現在は、慎重に慎重を期す、という観点から融資案件は毎月10件前後ですが、秋ごろには毎月20件程度に増加できると思います。

―今後はどういった案件を予定しているか。
最近は、お陰さまで、建設業関係だけでなく、関東近郊以外の、案件造成の可能性のある引き合いが増えてきました。
具体的な情報は、8月以降の新案件として、NECやソニーなど大手企業の下請け製造業の資金繰りを改善すべく、大手企業への売掛金担保ローンや、病院の診療報酬担保ローンなどが引き合いに来ており、投資家の皆様が社会貢献をしつつ、運用益も上げられる案件発掘に力を入れていきたいと思います。
また、あわせて、弊社独自の動産担保ローン(車、家畜、船など)も積極的に展開していこうと考えております。

―今後の展望は
弊社にとって現在のソーシャルレンディング事業は、これからの構想の第一歩です。
現在の日本では、「C to B」で成り立っているこの業界ですが、発祥の地アメリカでは「C to C」が中心です。日本のソーシャルの世界で、この「C to C」を実現したいと考えています。
その為、旧来の審査項目による貸し出し審査のみに頼らない、AIによる審査システムの構築をスタートしています。
これは1000を超える項目を個人データと過去事例から自動解析し、融資額と金利水準を決定するものです。
これにより、「C to C」の世界でもデフォルトリスクを最小限に抑え、資金調達の機会を幅広く提供できるようになります。
そして、シングルマザー―ファザーなどの教育ローン、有名大学とタイアップした優秀外国人留学生向けの生活費ローンなども設計していく所存です。
また、日本でのノウハウを基に、新興国での資金ニーズに応えるべく、特に東南アジアでの展開を考えていて、その為の準備も始めています。

最後になりますが、幣社は、ソーシャルレンディング会社としては、後発組であり、投資家の皆様の叱咤激励を基に、改善―改革を行っていく所存ですので、プラスもマイナスも順次ご指摘頂き、日本にソーシャルレンディング文化が浸透するよう、鋭意努力していく所存です。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

次回はスマートエクイティ運用状況 2年満期のファンドが1年で早期償還にの予定です。


みんなのクレジット








年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


利回り8%超
全ファンド不動産担保付き


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


貸金業界の表も裏も知り尽くした
男が上限金利15%の限界に挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング




元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)