記事一覧

2015年度確定申告~ソーシャルレンディング源泉徴収税を全額取り戻そう(5)

はじめにソーシャルレンディング関連の新刊を紹介します。

Fintech入門 



表紙にソーシャルレンディング、クラウドファンディングの文字があったので購入してみました。

著者の辻氏と瀧氏はマネーフォワードの社長と取締役です。
Fintechを語るには最もふさわしい人だといえるでしょう。

「Fintech」と呼ばれる金融関連の新サービスについて広く紹介、説明している本です。
個人資産管理、決済、保険などのサービスと並び、ソーシャルレンディングとクラウドファンディングについてそれぞれ1章を割いて説明しています。

「第7章 ソーシャルレンディング」では、ITを活用するFintechの文脈で語られているためか、ソーシャルレンディングの特徴は「融資審査の自動化」であると説明されています。

<以下引用>
コンピューターが、融資を受けたい企業の財務データや個人の所得証明などからビッグデータ解析によって返済可能性を算出し、その結果に基づいて、融資することができるか、金利はどの程度に設定すればよいか、などを判断します。



この説明は、イギリスのkiva・アメリカのLendingclubなど、P2P(個人間融資)のソーシャルレンディングを想定したものです。
日本のソーシャルレンディングではこうした融資自動化を行っている企業はなく、いずれも会社訪問や面談などアナログな方法で審査を行っているので、この説明には当てはまりません。現在のところ日本のソーシャルレンディングで「Fintech」色を前面に出しているところがないのもそうした理由かもしれません。

また、Amazonの取引データをみて返済能力を判断するサービスであるアメリカのkabbageや、Facebookの友達情報などを参照して信用度を評価するドイツのkreditechなどが紹介されています。

日本のサービスとしては唯一maneoが少し紹介されています。
ただ、個人間融資の文脈でLendingclubなどと並んで紹介されているので、知らない人が見たらmaneoも個人間融資サービスなのだと誤解されるかも知れません。

第8章クラウドファンディングでは、融資額以外の投資額株式型、購入型、寄付型が簡単に紹介されています。

いろいろと書きましたが、全体としてFintechに関する最新の国内外の情報が過不足なく網羅されており、非常に良い本だと思います。

********

先日ソーシャルレンディング投資家の情報交流会に参加しました。

ファイアフェレットさん、不動産ローンウォッチさん、おしょわさんらブロガ―の方々や、他の投資家の方々と情報交換させていただきました。
みなさんソーシャルレンディングで順調に収益をあげており、最近は業者の数・案件の数とも増えており投資のしやすい環境になってきたことはありがたいとのことでした。
今後のmaneoとGMOクリック証券との提携によりどのような影響があるか、などが話題となりました。
金融庁による借り手の匿名化・複数化の指導は投資家からするとメリットがなく、是非もっと透明性の高い仕組みとしてほしいとの意見で一致しました。

また、ソーシャルレンディング以外の投資の話もいろいろとうかがうことができ、大変勉強になりました。

印象に残っている参加者の一人のIさんは、まだ30代とお若く、ソーシャルレンディングは昨年始めたそうです。私の著書も読んでいただいたとのこと。
サラリーマンの傍ら株式を中心に投資されており、現在は退職して専業投資家になったとのこと。大変うらやましい限りです。
デイトレードは行わず、安値の株を買ってある程度長期で保有するスタンスで、株式投資で高いパフォーマンスを上げていらっしゃるのですが、しばらく株を購入する予定がないときなどに資金を遊ばせておくのがもったいないため、ソーシャルレンディングで運用しているということでした。

********

2015年度確定申告の結果通知が来ました。

無事還付金245,679円が返ってきました。
今年もソーシャルレンディングの源泉徴収分を全額取り戻すことができました。

国税還付金振り込み通知書(ブログ用)

今年は青色申告に挑戦したので、のべ一ヶ月ほどの時間がかかり、また税理士の費用も2万円かかりましたが、それだけの価値はありました。
やり方は概ね理解できたので、来年以降はもう少しスムーズに行くと思います。

ソーシャルレンディングの収益はおそらく今後も少しずつ増えると思うので、いずれは別の節税方法を検討する必要があるかもしれませんが(法人化など)、当面は青色申告でカバーできそうです。

なお、私は税金の専門家ではないので、ここに書いた確定申告や青色申告の仕方が正しい保証はありません。
あくまでご参考とお考えください。


次回は、maneo運用状況(2016年3~4月)の予定です。


















年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る
関連記事

コメント

申告所得区分について

私も一部ですがソーシャルレンディングにて400万前後の収入があります。
けにごろうさんと似た所得の種類でしたので、体験談お話しします。

私は税務署より指摘を2回受けました。
内容は
1給与で生計が立てれること
2雑所得は不動産所得と同じく事業所得にはならないこと
3金額が大きくても、長期継続していても、得るための内容は事業とはみなさない
4雑所得を得るための経費は認めるが、按分について適正かは疑問

残念ながら
ソーシャルレンディング以外は
事業とみなされるが
ソーシャルレンディングは雑所得とされました。

一つの実例として

Re: 申告所得区分について

eric.clさん
こんにちは。
コメントありがとうございました。

ソーシャルレンディングで400万円の収入とはすごいですね。
私も早くそれくらいの収入が得られるようになりたいと思います。

税務署から実際に指摘を受けられたのですね。
ソーシャルレンディングの収入は事業所得とは認められないとの指摘ですか。
私はまだ100万円程度と金額が少ないので見過ごされているのかも知れませんね。
来年以降参考にさせていただきます。
貴重な体験談をありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

メディア掲載

以下のメディアにて取材を受けたり、ブログが紹介されました

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)