記事一覧

クラウドバンクインタビュー(2)

(前回の続きです)

―運営の面ではどのような対応を行ったのか
まず、システムフロー・業務フローについて、業務再開前に外部監査を受けました。
改修後のシステムについては、金融機関のシステム監査を手掛ける外部のコンサルタントによる監査を受けました。
業務改善の状況については、財務局での勤務経験のある弁護士チームによる監査を受けました。
今後も継続的に監査を実施する予定です。

また、金融機関のアドバイザーを務めた経験のある公認会計士をコンプライアンス委員会に招聘し、経理・財務・税務・法務の観点から、社内の重要事項の意思決定を毎月モニタリングしています。

さらに、お客様からの要望やクレームなどに迅速に対応し、サービスを向上させるため、社内で組織横断的なお客様サービス向上委員会を立ち上げ、継続的なお客様対応改善の取り組みを行っています。

―その他、サービスレベル向上のために行った対応の内容は
まず、ファンドのルールを変更しました。
これは、「利回りが予想利回りに達していない」という投資家からの指摘を踏まえた対応です。
利回りが予想利回りに達していないことの原因の一つが、ファンドの募集と融資のタイミングのずれでした。
ファンド募集が完了しても運用開始時期が遅れることがあったため、実際の利回りが予想利回りに達しないことがありましたが、融資先を固めてからファンドを募集するようにしたことによって、予想利回りの精度は向上しました。

また、ファンド情報の中で、融資先や保全のスキームを可能な範囲で一部公開するようにしました。
ファンド情報ページの「保全の仕組み」の欄に、全ての融資先をA社・B社のようにイニシャルで表示するようにしました。
このイニシャルで、今後の全てのファンドを通じて融資先が識別できるようになっています。

クラウドバンクインタビュー20160125(3)

―業務再開まで5か月もかかったが、経営への影響はどの程度か
融資型クラウドファンディングは、新規のファンド募集ができなくなっても、すぐに貸出残高が減るわけではないので、収支が極端に悪化したわけではありませんが、業務改善の過程でシステムの改修や体制の整備にコストをかけたことによる影響は少なからずありました。
ただ、広告宣伝を行わなかったことによって、経費が節約できたという面もあります。

―業務停止後に投資家離れはなかったか。
再開後に募集したファンドへの投資は順調に進んでおり、幸い心配していたほどの影響はないと感じています。
これも皆さまのおかげであると大変感謝しております。

―2015年8月から9月にかけてファンドの返済期間延長が多く起こったのはなぜか
この件も業務停止に起因するものでした。
クラウドバンクでは、例えば3年の融資期間を希望する融資先に対し、期間1年のファンドを募集し、1年ごとに借り換えを行うことで対応するといったケースがありました。
しかし、昨年業務停止処分を受け、借り換えのタイミングで新たなファンドが募集できなかったため、貸出期間を延長せざるを得なかったものがありました。期間延長したものについては、業務再開後に募集したファンドの資金で返済しました。また、一部は債権を売却することで返済しました。
現在は、この反省を生かし、融資期間がファンドの期間内に収まるように改善いたしました。

―返済期間延長が起こった複数のファンドには、同一の借り手が含まれていたのか
複数のファンドから同一の借り手に資金が提供されていました。そのため、同時に複数のファンドで返済期間延長が起こりました。
業務再開後は、先ほど述べたとおり借り手を識別できるように致しました。これにより、投資家が、すでに投資しているファンドと同じ借り手を含むファンドへの投資は避ける、といったこともできるようになりました。
以前は1ファンドで6~7社の借り手を含んでいたこともあったので、重複するケースは多かったと言えます。

―自治体や他の企業との提携を昨年発表したが、その状況はどうか。
横浜市との提携は中断していましたが、これから再開する予定で、現在具体的な話を進めています。
さらに、企業再生に強みを持つコンサルティング会社、グローバルタスクフォースとの提携により、成熟産業再生ファンドを募集しています。優れた技術・製品を持つ中堅中小企業の再生支援を対象とするファンドで、クラウドファンディングによって資金面のサポートを行い、経営面のサポートをグローバルタスクフォースが担っています。
また、新たに優良な再生エネルギープロジェクト案件のソーシングやアレンジにおいて、日立コンサルティング社にご協力をいただくことになり、それらの案件に投資するファンドの募集も始めています。


―株式型サービスの開始については。
融資型の業務再開に注力していたため、株式型についてはまだ着手できていません。
現在研究中というところです。

―新たな融資型クラウドファンディングサービスが増えているが、クラウドバンクとしてどのように差別化を図っていくか。
クラウドファンディングは、すでにサービスの仕組みがある程度確立されてきたため、その中で差別化を図るのが難しくなっていくように思います。
今後、ファンドの独自性、融資対象の安全性、お客様の資金の保全性、ユーザビリティの向上などで差別化を図っていきたいと考えています。

以上

次回は、「ガイアファンディング運用状況(2015年11月~2016年1月)」の予定です。






LCレンディング








年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る
関連記事

コメント

詳細なインタビュー記事を掲載下さりありがとうございます。
私のようなソーシャルレンディング初心者にとって、投資判断するための貴重な情報です。
個別案件の情報がわかりにくいと感じていたクラウドバンクですが、工夫されている部分もあるのですね。参考にさせて頂きます。

それから、先日はマイナス金利に関するお考えをお聞かせ下さりありがとうございました。
一週間経ち、結局株式にも為替にも効果が無く、ただ銀行が金利を下げるニュースばかり毎日流れています。
やはり資産を増やすためには少しリスクを取ってでも、ソーシャルレンディングを利用したいなと感じる今日この頃です。

Re: タイトルなし

うくれれ弾きさん
こんにちは。

少しでもご参考になれば幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

クラウドは業務再開後から勢いがあるみたいですね。

でも、自分は様子見です。改善の結果が見れるのはまだ先ですし。他の選択肢も増えてきてますし。

No title

はじめまして。
クラウドバンクはもう半年くらい様子見しようと思っていました。
業務停止処分にいたった原因、その後の対応など、内部事情を知ることが出来て、「これなら信用してもいいかな」と思えてきました。

Re: No title

シバイヌさん
こんにちは。

インタビューの内容が参考になったようであれば良かったです。

今後ともよろしくお願いいたします。

Re: No title

たいささん
こんにちは。

コメントありがとうございます。

そうですね。長い目で見て判断していけばよいのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

メディア掲載

以下のメディアにて取材を受けたり、ブログが紹介されました

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)