記事一覧

クラウドバンクインタビュー(1)

約1年ぶりにクラウドバンク大前社長にインタビューさせていただきました。

昨年の業務停止処分・返済期間延長の内情や、今後の展望などについて伺いました。

■インタビューさせていただいた方々
代表取締役社長 大前 和徳氏 (写真右)
取締役 藤田 雄一郎氏 (写真左)

クラウドバンクインタビュー20160125

■インタビュー日時
2016年1月15日


―2015年7月に業務停止処分に至った経緯について改めて教えていただきたい。
弊社は証券会社であり、クラウドバンクのお客様にも証券口座を作っていただき、その預り金を証券システムで管理してきました。
お客様の口座情報を証券システムにて管理するために、クラウドバンクのお客様の口座情報(口座への入出金データ等)を都度証券システムに反映する必要があり、クラウドバンクのWEB画面から投資申請・入金申請などがあると、証券システムにマニュアルでデータをインポートしていた時期がありました。そのため残高がリアルタイムに反映されていませんでした。また、証券システムはバッチシステムのため19時までに入力を完了する必要がありましたが、クラウドバンクが好評をいただき、取引量が伸びたことなどなどの諸要因によって、データのインポート処理が追いつかない状況があり、預り金の正しい把握が証券システムにおいてなされていないという結果となっていました。
さらに、取引残高報告書は、この証券システムのデータを元に四半期に一度お客様宛に郵送されていましたが、この取引残高報告書の金額は証券システムのデータを元に作成されるため、入力が間に合っていない情報を元にお客様宛に取引残高報告書が郵送されていました。
例えば、お客様がクラウドバンクに3月末日に資金を100万円入金した場合、マイページ上の表示では100万円が反映されます。しかし、証券システムへの反映が当日中にできていなかった場合、3月末日時点の取引残高報告書上の預り金残高にはその100万円が反映されないことになります。
取引残高報告書は法定帳簿として重要性は極めて高いことから、その数字に誤りがあることは問題でした。

「クラウドバンクは業務がどんどん拡大しているが、このようなシステムのまま拡大するのではなく、いったんサービスを停止し、足元を固めるべき」との判断により、このたびの厳しい行政処分がくだされたと認識しています。

―処分を受けて、システム面ではどのような対応を行ったのか
まず、証券システムとクラウドバンクシステムは完全に分離しました。これにより証券システムへのデータの反映は不要となりました。
また、取引残高報告書はクラウドバンクシステムのマイページからユーザーがダウンロードできるようにしました。

クラウドバンクインタビュー20160125(2)

クラウドバンクシステムも全面的に作り直しました。業務停止前と後では全く違うものになっています。
技術的には、以前のシステムはJavaで作られていましたが、新システムはPHPで構築しました。
クラウドバンクシステム内でも、人手による部分を極力なくし、可能な限り自動化しました。投資申請、分配金の反映も自動化しました。
また、以下の機能を追加しています。
・ お客様ごとに入金口座を割り当てることで入金申請を不要にし、入金反映を自動化
・ 画面遷移なしで投資・出金が可能
・ スマホへの対応
・ 取引の明細・履歴が閲覧可能
・ レポートページの改修
・ 月次の数値サマリの表示
・ ファンドごとのパフォーマンスの表示
・ ファンド一覧のソート機能

システム改修にあたり、システム部門も強化し、今後も改修を継続します。

―体制の面ではどのような変更を行ったのか
体制についても全面的に再構築しました。
まず取締役を私以外すべて入れ替え、実務に精通する役職者を登用し、メンバーが主体的に責任を持って業務に取り組む体制にしました。

また、コンプライアンス、システム、体制、融資の審査などについて第三者の視点も交えて多面的にチェックするため、実務経験豊富な社外取締役、監査役に参画してもらいました。

体制の変更は、金融機関としてのガバナンスの強化が狙いです。

また、社員数も増やし、各業務が個人に依存せず組織的に運営できる体制にしました。
現在の社員数は約20名です。

(続く)





LCレンディング








年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


CRE Funding

マザーズ上場企業が手掛ける
不動産クラウドファンディング


ポイントで投資できる
不動産クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING


東証一部上場企業が運営する
不動産クラウドファンディング
Jointoα(ジョイントアルファ)


アジア圏への投資 COOL

上場企業・有名企業への投資

不動産・ホテルに投資
CREAL


中古不動産の再生に投資


鳥取から世界を救う!


“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


1万円から始める不動産投資
ASSECLI


上場企業ケネディクスが手掛ける
オンライン不動産投資プラットフォーム
ビットリアルティ


証券会社が運営する
ソーシャルレンディング
willcrowd


リノベーションで地域再生


マザーズ上場の不動産会社が手掛ける


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング
Pocket Funding


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


上場企業が運営していて安心


いつでも出し入れ自由


東証一部上場企業が運営していて安心





このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)