記事一覧

「ファンドを構成する借り手を識別できるか」はクラウドファンディング投資における最重要ポイントの一つ

以前のクラウドバンクの返済期限延長に関する記事で、複数のファンドに共通する借り手が含まれていた可能性が高いと書きました。

クラウドバンクにおいて9ファンドで運用期間延長が発生

また、前回、AQUSHで複数のファンドに共通する借り手が含まれていた事実があった件についても記述しました。

AQUSH運用状況(2015年8-9月)・5カ月連続で元本・金利の支払いがほとんどされず

いずれのサービスにおいても、複数のファンドに共通する借り手が含まれているにも関わらず、そのことが投資家に知らされていないということは大きな問題です。
(※正確には、クラウドバンクについては裏を取ったわけではないので、違っている可能性もありますが、以下そういう想定で書きます。)

なぜなら、投資家がデフォルトリスク分散のために複数のファンドに資金を分散したとしても、それらのファンドに共通の借り手が含まれるのであれば、実際には全くリスク分散になっていないためです。
その「共通の借り手」が返済遅延・返済不能に陥った場合、それら複数のファンドすべてに影響が及ぶことになります。
上記の記事で書いたクラウドバンク・AQUSHとも正にこうした懸念が顕在化した事態と言えます。

したがって、投資家がファンドを構成する借り手を識別できるような仕組みになっているかどうかは、融資型クラウドファンディングのサービスを評価するうえで非常に重要な要素です。
というか、そうした仕組みは必須であると言ってもよいでしょう。

クラウドバンク・AQUSH以外のサービスでは、投資家がファンドを構成する借り手を識別できるようになっているでしょうか。
個別に見ていきます。

まず、maneoでは、ちゃんとファンドを構成する借り手を識別できるようになっています。
maneo借り手明示

募集中の案件についても明記されていますし、過去に自分が投資した案件についてもわかりやすく表示されているので、新規投資時には、現在投資中の借り手と重複することがないかチェックすることができます。

SBIソーシャルレンディングでは、「証券担保ローンファンド」「不動産担保ローン事業者ファンド」とも、借り手を識別できる情報は全くありません。
借り手が何人(何社)なのかもわかりません。
SBI借り手明示


クラウドクレジットでも、個々の借り手を識別できる情報はありません。
ただ、クラウドクレジットの場合は最終的な借り手は小口債務者で、1つのファンドの借り手は数十人以上に上るそうなので、借り手を識別できるようにするのは困難かもしれません。
例えば他のファンドとの借り手の重複率をパーセンテージで示すといった方法の方が適切かもしれません。

ラッキーバンクは、担保となっている不動産物件を識別できる情報は示されていますが、借り手を識別できる情報はありません。
同じように重要な情報なので、借り手自体も識別できるようにしてほしいと思います。
ラッキーバンク借り手明示

オーナーズブックは、ファンド形式になってからまだ間もないのですが、きちんと借り手が識別できるようになっています。
また、担保となる不動産物件も識別できるようになっており、大変良いと思います。
オーナーズブック借り手明示

スマートエクイティの「中小企業応援ファンド」は、借り手を識別できるようにはなっていません。
このファンドは、中小企業の売掛債権を購入するというものですが、資金が集まってから購入対象を決めるとのことでしたので、事前に対象を明示することは難しいですね。
ファンドの条件に、「既存のファンドでの投資対象企業には投資しません」といった項目を付けてもらえれば安心できるのですが。

LCレンディングでは、借り手がちゃんと識別できるようになっています。
システムをmaneoが提供しているだけあり、同様の明示のされ方です。
LCレンディング借り手明示


結局、投資家がファンドを構成する借り手を識別できるようになっている融資型クラウドファンディングサービスは、現時点ではmaneo・オーナーズブック・LCレンディングの3社のみです。

今後は私も、「借り手を識別できるようになっているかどうか」を重視して投資対象サービスを選択していく予定です。

他社に対しても、借り手を識別できるように情報提供の仕方を改善してほしいと強く願います。


年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


法人融資歴15年以上の経験と実績で
ソーシャルレンディングに挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)