記事一覧

オーナーズブック岩野社長にインタビューしました

先日紹介した新たな融資型クラウドファンディングサービス「オーナーズブック」を手掛けるロードスターキャピタル株式会社の岩野社長にインタビューさせていただきました。

(前回の記事)新たな投資型クラウドファンディングサービス「オーナーズブック」とは

オフィスは、有楽町線銀座一丁目駅の改札を出てすぐのところでした。
銀座松屋のすぐ向かいの通りにあるビルです。
ownersbook1.jpg

オフィスは6階です。
ownersbook2.jpg

左から、運用部長 成田洋氏、代表取締役社長 岩野達志氏、営業部兼経営企画部長 久保直之氏です。
4月に引っ越したばかりだそうで、大変きれいなオフィスでした。
ownersbook3.jpg

<インタビュー内容>

-サービス開始の経緯は
ロードスターキャピタル株式会社は3年前に設立した。
当社は元々不動産会社であるが、中国でSNSサービスを手掛けるRenrenという会社から増資を受けることになったのをきっかけとして、ITを使って何か新たなサービスをできないか考えるようになった。
その中で、本業との相互効果が期待できるクラウドファンディングのアイデアが出てきた。
当初は、通常の融資型クラウドファンディングを手掛けたいと考えた。
借り手や担保となる不動産物件の内容までフル開示したかったが、金融当局から、借り手・物件を特定しないように、また借り手はファンド化するように、との指導があり、調整がつかなかった。
ただ、親子会社間でのローンであれば貸金業法の対象外で、貸金業の免許がなくても手掛けられる。とりあえずその方法で昨年からサービスを開始した。
試験的に行っているので、広告なども出しておらず、投資家もあまり積極的には募集していない。
システムは内製で作った。

-岩野社長の経歴は
外資系ファンドなどで一貫して不動産業を手掛けてきた。
不動産鑑定士の資格も持っている。

-会社の出資者は
中国でSNSサービスを手掛けるRenrenという会社から50%出資を受けている。
後は会社の経営陣が出資している。

-オーナーズブックの借り手はロードスターキャピタル株式会社1社なのか
現在はその形となっている。
そろそろ貸金業の免許を取り、他社にも貸付を行っていきたいと考えている。
ただし、そうすると不動産物件の内容を現在のように開示できなくなってしまうという制約もある。

-金融庁からはどのようにして金融取引事業者第2種の免許を得たのか
当初からクラウドファンディングを手掛けようと思って取得したわけではない。
もともと、不動産の受益権を売買するには、第2種の免許が必要となるので取得した。

-現在投資家数は何名程度か
登録投資家数は280人ほど。そのうちアクティブな投資家は60~70人ほど。
ほとんど知り合いか、口コミで知った人が多い。

-借り入れた資金で購入した不動産物件は、賃貸するのか、あるいは転売する想定なのか。
原則として、購入した物件は賃貸とする想定。
ただし、条件のよい買い手が現れた場合は、売却することもある。
現在のところ対象の不動産はオフィスビルがメイン

-不動産事業自体の利回りはどの程度か
不動産事業自体の利回り(賃貸収入)は、年利5%~7%程度。
銀行からの借入金利は1%~2%程度なので、オーナーズブックで募集するメザニンローンの金利が5%でも、平均すれば利益が出る。

-5%~7%の賃料収入では購入資金の回収に時間がかかるが、オーナーズブックの借入期間は数ヶ月程度のものが多い。これで返済できるのか。
物件の購入資金の調達先は、銀行借り入れが大部分を占めており、オーナーズブックで募集するメザニンローンは一部のため、返済は可能。

-利回りは一律5%なのか。より高利回りの案件を募集する予定はあるか
今後は案件ごとに金利を変えることもしたい。

-投資家に対する利回りはあくまで予定とのことだが、どのようなときに変動するのか
タイムラグがあるので、若干下がることもある。
転売した時は、もっと利回りが高くなる可能性もある。最大15%程度。

-借り手が1社ということは、もし1つの案件で返済不能になったらすべての案件が同時に返済不能になるということか。
1つの案件で返済不能になった場合は、すべての案件が返済不能になることはあり得る。
ただし、純資産は12憶円と経営的には安定しているので、そうした可能性は低いと考えている。

-顧客資産の分別管理は
口座は分けて管理している。
ただ、maneoのように会社自体を分けて管理はしていない。

-オーナーズブックは、投資家向けのSNSを提供しているが、これはどのようなものか。何のために作ったのか。
Facebookを意識している。「友達」となった投資家が、どの案件に投資しているか見ることができる。
不動産投資に詳しい投資家の実績を参考にしたりできる。
また、各案件に対してコメントしたり、投資家が相互にメッセージを送ったりできる。

-今後のオーナーズブックの展望は
現在は試験的にサービスを提供しているが、将来的には長期のローンも手掛ける予定。
なお、投資家からの手数料で儲けようとはあまり思っていない。

-エクイティ型クラウドファンディングへの参入は
REITの個人版のようなものも考えている。
利回りは実績に応じて変動で、流動性のある商品となるだろう。

-今後投資家向けのセミナーなどを開催する予定は
貸金業の免許がとれたら、セミナーなどもやっていきたい。

-現在サイト上で財務諸表を公開していないが、今後公開する予定は
財務諸表は今後公開していく予定。
昨年の経常利益は2億円程度。
自己資本でやっている部分が多い。

-海外の不動産に投資する予定は
アメリカの不動産型のクラウドファンディングとの提携を検討している。
国内よりも利回りを高くできる。10%程度を見込んでいる。

-他の融資型クラウドファンディング業者についてはどう考えるか。
不動産担保ローン型の融資型クラウドファンディングでもっと高利回りを提供する業者もあるが、案件の内容を見ると、短期で転売する想定で、また購入資金の大部分をクラウドファンディングで調達しているようだ。
万一売却できなかったらどうなるのかという懸念はある。

(インタビュー実施日:2015年6月1日)


年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る

















関連記事

コメント

いつも興味深く拝見しております。
ソーシャルレンディングとは少し異なりますが、こんなサービスもスタートしております。

https://smartequity.jp

Re: タイトルなし

はじめまして。
情報提供ありがとうございました。

スマートエクイティですか。
拝見しましたが、売掛債権の買い取りやスリランカ預金など、面白そうな案件が並んでいますね。
AIP証券とは、以前UBI株式会社と関連のあった証券会社ですね。
今後ウォッチしていきたいと思います。


> いつも興味深く拝見しております。
> ソーシャルレンディングとは少し異なりますが、こんなサービスもスタートしております。
>
> https://smartequity.jp

取材、お疲れ様です

どうも、ファイアフェレットです。
こんばんわ。

オーナーズブックが単なるクラウドファンディングの形でお金を集める単なる「みんなで大家さん」のような不動産投資ファンドなのか、それとも貸金業の免許を得ておこなうmaneoと同じ形式なのか疑問に思っていましたので、それを晴らしていただきありがとうございます。

取材本当にお疲れ様でした。

ソーシャルレンディングブログ界のパイオニアとしてのご活躍を
これからも応援させてください。

Re: 取材、お疲れ様です

ファイアフェレットさん
こんにちは。

いつも読んでいただきありがとうございます。

趣味でやっているブログで、大したことも書いておりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。


コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


法人融資歴15年以上の経験と実績で
ソーシャルレンディングに挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)