記事一覧

フィリピン不動産投資のその後(2) 新たな仲介業者を探す

みんなのクレジットで私が投資した「不動産事業ローンファンド 7号」について、予定では6月6日に貸付実行とのことでしたが、6月26日現在まだ貸付が実行されていないようです。

みんなのクレジット20160626

マイページを見たところ、まだ80万円が「投資申込中」の状態のままです。

みんなのクレジット201606262

単なるシステムの不備などで表示が更新されていないだけなのか、実際に何らかの理由で貸付が遅れているのか、非常に気になります。
とりあえず26日に問い合わせ窓口に問い合わせを出してみました。
結果を待ちたいと思います。

**************************************

SBIソーシャルレンディングが新ファンドを募集します。

SBIソーシャルレンディング

<以下引用>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SBISLメガソーラーブリッジローンファンド1号
『愛称:かけはし』
募集開始のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社では、7月4日(月)9時00分から、新商品であるSBISLメガソーラーブリッジローンファンド1号
『愛称:かけはし』の募集を開始いたします。
本ファンドは、弊社の協業先である玄海キャピタルマネジメント社および、同社のグループ会社である
玄海インベストメントアドバイザー社との協業ローンファンド第1弾であり、「かけはし」と
愛称を付けてシリーズ化する予定です。

■ SBISLメガソーラーブリッジローンファンド1号の概要 ■

【出資募集金額】…15億円
※出資口数1口あたり最低5万円以上5万円単位

【実質利回(予定)】…5.0%(年利)

【投資運用期間】…約10ヶ月(2016年7月下旬~2017年5月末日)

【出資募集期間】…2016年7月4日(月)9時00分~2016年7月21日(木)15時00分
※お客様からの入金額が出資募集金額に達した時点で終了

【担保】…借手が所有する不動産への普通抵当権の設定
     太陽光発電事業者が保有する太陽光発電事業者の子会社の株式及び出資持分

【保証】…借手は、それぞれ相互にSBISLメガソーラーブリッジローンファンド1号にかかる
借入金債務を連帯して保証すること及び、借手の代表者による連帯保証を予定しております。



ファンドの内容自体には特に目新しさはありませんが、15億円という規模は、日本のソーシャルレンディング全体の中でも最大です。

6月に募集した「SBISL不動産バイヤーズローンファンド9号」も9億4000万円という非常に大規模なファンドでしたが、見事に満額を集めました。
今回はそれをさらに上回る規模ですが、集めることはできるでしょうか。


*********************************************
フィリピン不動産投資の近況の続きです。
(この記事は2015年4月に一旦書いたものですが、それ以降非公開としていたものです)

その後、ディベロッパの担当者とメールで連絡がつき、滞っていた代金の支払いについては、直接相手の指定する口座に海外送金することで支払いを行いました。

支払いは、東京三田にあるフィリピンナショナルバンク東京支店に行って行いました。
送金・両替手数料は2000円ほどかかりましたが、すぐに送金することができました。

ディベロッパに確認したところ、ちゃんと着金したとのことですので、とりあえず一安心です。

2015年5月以降は、フィリピンナショナルバンクの小切手帳を発行してもらい、その小切手による決済を行っています。

小切手
小切手ブログ



また、WRIG社に代わってサポートしてくれる業者を探す必要がありました。

以前話を聞いた別の海外不動産業者に再度連絡して状況を伝え、サポートを依頼できるか確認しましたが、他社を通じて購入した物件のサポートはあまりやりたがらないようでした。

5月に、以前お話をうかがったことのあるアジア不動産情報ポータルサイト『ARIC』の方に連絡したところ、会っていただけるとのことでしたので、会って状況を伝え、相談させていただきました。

アジア不動産情報ポータルサイト『ARIC』

WRIG社が実質的に営業を中止している状況についてはARICの方も知っていて、私の他にも困っている人は何人かいるとのことでした。
ARICから、他社を通じて購入した物件のサポートでも請け負ってもらえるという会社をいくつか紹介していただきました。

5月28日にそのうちの一つファーストシーン社に連絡を取り、うかがいました。

ファーストシーン社

ファーストシーン社は、江戸川区にオフィスのある日本の不動産会社で、フィリピンのマニラにもオフィスがあり、フィリピン不動産も手掛けているとのことでした。
フィリピンのオフィスは現地スタッフ50名・日本人10名ほどの規模とのことです。

直近で困っている売買契約書へのサイン・認証について良くわからない点をお聞きしたところ、丁寧に教えていただけました。

売買契約の方法としては、大きく3つがあるとのことです。

1.自分でフィリピンのファーストシーン社のオフィスに行って、そこでサインする。
  この場合、私のサインの認証手続きは不要となる。
  ただ、共同名義である妻のサインの認証手続きはやはり必要になる。
  <費用>
  ・フィリピン渡航費用:約6万円
  ・妻のサインの認証手続き:約4万円

2.日本でサインし、自分で認証手続きを行う。
  公証役場での公証とフィリピン大使館での認証手続きが必要となる。
  <費用>
  ・認証手続き:約10万円

3.ファーストシーン社に委託する
  契約手続きの委任状を作成し、ファーストシーン社に今後の契約手続きをすべて委託する。
  一旦委任すれば今後発生する契約すべてについて委託できるが、委託された側が自由に契約できてしまうことにもなる。
  フィリピンに行く必要はないが、委任状の認証手続きが必要となる。    
  
  <費用>
  ・認証手続き:約10万円
  ・ファーストシーン社への委託料:年間約6万円
 

また、今後のサポート範囲・費用については以下の通りでした。

・賃貸・客付け・管理・家具入れなどはサポート可能。
 費用は年間家賃1カ月分
・売却のサポートも別契約で可能

ただし、サポート契約については、 実際に物件が完成し、賃貸の募集等が始まるときから正式に締結することでよいとのこと。
(今回の相談については特に費用は不要)
ありがたいことです。

次回は「フィリピン不動産投資のその後(3) 売買契約書の認証手続きが大変」です。

















年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る
(7月4日追加)
みんなのクレジット 不動産事業ローンファンド 7号について、先ほど見たところようやく「貸出元本金額」へ反映されていました。
約1ヶ月遅れですが、とりあえず一安心です。
無事償還されることを祈ります。

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私はみんくれの5号に投資しましたが、未だ貸付実行されていないようです。

Re: No title

copopさん
こんにちは。

情報提供ありがとうございます
こちらもまだ問い合わせに対してなしのつぶてです。
サポート体制がきちんとしていないのでしょうか。

広告やキャンペーンには非常に力を入れているようですが、足元もしっかり固めてほしいものですね。

みんなのクレジット

私もみんなのクレジットの7号と9号に投資しました。HPの表示がいつまで経っても、成立案件とならないので、6/22に会社に電話で問い合わせをしました。回答は「事務作業の遅れでまだマイページには未反映ですが、貸付は実行しています。翌週にはマイページに反映されます」とのこと。しかしながら本日(7/4)現在、HPには反映されていません。
かなり不安を感じています。

Re: みんなのクレジット

koshihikari さん
こんにちは。

コメントありがとうございました。

こちらは、さきほどマイページで見たところ、ようやく貸出元本金額に投資金額の80万円が反映されていました。
(不動産事業ローンファンド 7号)
そちらはいかがでしょうか。


> 私もみんなのクレジットの7号と9号に投資しました。HPの表示がいつまで経っても、成立案件とならないので、6/22に会社に電話で問い合わせをしました。回答は「事務作業の遅れでまだマイページには未反映ですが、貸付は実行しています。翌週にはマイページに反映されます」とのこと。しかしながら本日(7/4)現在、HPには反映されていません。
> かなり不安を感じています。

No title

けにごろうさん

こんにちは。
成立案件として反映されていることをさきほど確認しました。
ご連絡ありがとうございました。少し安心しました。

No title

私は8号に投資したのですが、明日償還の予定です。
どうなることやら。

Re: No title

paosukeさん
こんにちは。

コメントありがとうございました。

是非結果を教えていただけるとうれしいです。


No title

けにごろうさん

はじめまして。

8号は配当を含め償還されました。
さっそく出金依頼してみました。
ちゃんと振り込まれるか、またご報告したいと思います。

Re: No title

paosuke さん
こんにちは。

無事償還されたとのこと、何よりです。
私の投資したファンドも無事償還されるとよいのですが。

No title

けにごろうさん
こんにちは。

昨日12時くらいに出金依頼して、マイページ上では
なかなか振込処理が行なわれないなぁと思っていたの
ですが、ためしに銀行口座を見てみたら、振込されて
いました。
相変わらず、マイページの更新が遅いようですが、
無事返金されたので安心しました。
この不安感がなくなるよう、業者にはもっと安心できる
対応をしてもらいたいですね。まだまだ気が抜けません。

Re: No title

paosuke さん
こんにちは。

無事出金処理が行われたようでよかったです。
全体的にマイページの反映にタイムラグがあるようですね。

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


利回り8%超
全ファンド不動産担保付き


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


貸金業界の表も裏も知り尽くした
男が上限金利15%の限界に挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング




元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)