記事一覧

(出版告知)いただいた感想文を紹介します。

前回に引き続き、3/7に出版予定の拙著
「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!
  ~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」

について紹介します。

Amazonで予約受付中です。
是非よろしくお願いいたします。

年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


事前に原稿を読んでいただいた方より感想文をいただきましたのでご紹介いたします。

*****

サラリーマンの私は、常々「投資に時間をかけられない以上、ハイリターンは要らないから、とにかくリスクが少ない、昔の定期預金のような投資がしたい」と思っていましたが、まず最近の定期預金は金利が絶望的な状況であり、それ以上をちょっとでも求めると、途端にハイリスクになる上、相応の勉強も必要になり、手を出し辛いと感じていました。

本書を一通り読んで思ったのは「安全で簡単な投資の可能性を、分かりやすく示している」という事です。本業は私と同じサラリーマンである筆者の方が、豊富なデータを基に、クラウドファンディングの仕組みから、存在するリスクとその回避・低減方法、必要な最低限の金融関連の知識、そして実際の始め方までを分かりやすく紹介しており「これなら、先ず手元の1万円で試し始めてみても良いのではないか?」という気にさせてくれます。特に「昔の定期預金のような投資」を目指したい人にとっては非常に魅力的な内容だと思います。

また、もう一つ本書の魅力的な部分としては、実際の始め方を説明するにあたって、クラウドファンディングを扱う事業者側(maneo・AQUSH・クラウドバンク)の人へインタビューを行っている所だと思いました。実践的な内容とは少し離れるのですが、やはり、携わる人の現場の苦労や、設立の経緯、事業への想いの話というのは、本書の魅力をより深いものにしていると感じました。

最後に念のためになりますが、本書の内容は、投資の一形態の紹介であり、当然、上記した通り、「リスク」が存在することも詳細に書いてあります。
筆者の方も、本書が「簡単・確実に儲かるための必勝法」という風に紹介される事は、望んでいないと思っています。

「安全な投資の可能性を探りたい」・・・そんな人のきっかけになるような本だと思いました。

(40代・会社員・投資歴なし)

*****





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

メディア掲載

以下のメディアにて取材を受けたり、ブログが紹介されました

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)