記事一覧

(出版告知)「第2章 実践! はじめての融資型クラウドファンディング」を紹介します

前回に引き続き、3/7に出版予定の拙著
「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!
  ~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」

について紹介します。

Amazonで予約受付中です。
是非よろしくお願いいたします。

年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


また、Facebook上で著者のページを作りました。

著者「中田 健介」のページ

こちらも応援いただけるとうれしいです。

今回は「第2章 実践! はじめての融資型クラウドファンディング」について簡単に紹介します。

「第2章 実践! はじめての融資型クラウドファンディング」では、融資型クラウドファ
ンディングサービスのmaneo、AQUSH、クラウドバンクを取り上げ、それぞれの
サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設および投資の流れについて、実際の画面イ
メージも交えて具体的に説明します。
 こちらを読んでいただければ明日からでも融資型クラウドファンディングでの投資を始
められます。
また、各サービス会社代表者にご協力いただき、運営状況や今後の展望などについてイ
ンタビューを行いました。その内容も投資を行う上で参考になることでしょう。


第2章 実践! はじめての融資型クラウドファンディング
  ★なぜ融資型クラウドファンディングで損をする人は1%以下なのか


2-1 maneo 
   ◆圧倒的なシェアを誇る日本最大の融資型クラウドファンディング

   ・サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設・投資の流れ
   ・代表者 瀧本憲治氏インタビュー
    「『プロの投資領域の大衆化』を目指し、投資家により大きなリターンを提供していきます」」

2-2 AQUSH 
   ◆オリジナリティに富む提供サービス

   ・サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設・投資の流れ
   ・代表者 ラッセル・カマー氏インタビュー
    「「新サービスPaidyとAQUSHを組み合わせ、これまでなかったサービスを生み出します」

2-3 クラウドバンク 
   ◆証券会社の手掛ける唯一の融資型クラウドファンディング

   ・サービス内容詳細・ビジネスモデル・口座開設・投資の流れ
   ・代表者 大前和徳氏インタビュー
    「当社は証券会社ではなく、クラウドファンディングの総合サービス企業です」






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)