記事一覧

フィリピン不動産取扱業者「FORELAND REALIY」から話をうかがいました

引き続きフィリピン不動産取扱業者について調べています。
今回は「FORELAND REALTY」の担当者から話を聞きました。
日比谷の帝国ホテルの中にオフィスがあり、そこにうかがいました。

FORELAND REALTY

■内容
<サービス内容について>
・手数料は、購入物件価格の3%相当額(1000万円以内の物件の場合、一律30万円)
・サービス範囲は基本的に物件の引き渡しまで。
 管理は手掛けていない。

 ただし、ディベロッパへの管理委託の際のサポートはする。(手数料は別途)
・銀行口座の開設はサポートしていない。
 PNBの口座を日本で開設しても同じ。
・ローンを組む人はほとんどいない。
 現地で借りると5.5%~6%程度。また、ビザが必要。
 PNBは6.2%で、最長10年借りられる。ビザは不要。
・現地で物件視察にも要望に応じて同行する。
 有料(15000円)。
・ディベロッパとの売買契約時には当社も同席し、通訳する。
 最近はディベロッパに日本人スタッフがいる場合もある。
・売買契約を現地に行かず国内で行うこともできる。
 その場合、大使館の認証などが必要になる。
 手続きは代行するが、実費が別途必要となる(10万円程度)

<実績について>
・元々マレーシア・シンガポール不動産投資を手掛けていた。(マレーシア投資ではNo.1)
 フィリピンについては今年の1月から手掛けている。
 販売件数は100件程度。(シンガポールにも拠点があり、そちらでの販売件数と合わせての数)
・当社の強みは、希少価値の高い物件を紹介できること。

<ホテル投資について>
・フィリピンでホテルの取り扱いはほとんどない。
 3000万円以上のものしかない。
 完成まで3年で、高い利回り(12~13%)が得られるまでにはさらに3年かかる。
・マレーシアならホテルの取り扱いはある。
 1000万円・30㎡程度。
 利回りは5%を3年間保証する。
・ホテル投資は、区分所有を登記できる。
・家具の購入費用は別途必要となる。
・コンドミニアムと同様、いつでも売却はできる。
・保有期間の制限はない。
・万一ホテルの倒産時には、ホテル自体が他の運営会社に買収されれば、そのまま運営される。
 そうならない場合は、物件を売却するしかない。

<税金について>
・フィリピンの不動産収入の税制についてはあまり明確ではない。
 人により言うことが異なる。申告していない人もいる。
・管理会社経由で現地の税理士に依頼するのがよい。
・税率は25%。
 経費は認められるはずだが、何が経費となるかはよくわからない。
・日本でも確定申告が必要。
 申告すれば現地で支払った分は還付される。
 いくら還付されるかは、年収などにより異なる。
 税理士に依頼すると費用がかかるので、個人で申告すればよい。

<コンドミニアム投資について>
・購入後の管理はディベロッパに委託すればよい。
 家賃収入の10%程度の委託料がかかる。
・ターゲットは、ローカル向けの物件がよい。安いので複数購入できる。
 7万~10万ペソ/㎡程度のもの。
 フィリピン人は、20㎡に2人で住むこともあるので、比較的高い家賃が見込める。
・新興国では一般的にインカムゲインを取るのは難しいが、現在のフィリピンでは取れる。
・空室率は、中心部の方が低く、5%程度。
 ちなみにオフィス需要は非常に高く、空室率は1%程度。
・今後はローカル向けの需要が高まる。
・ローカル向けの物件の場合、内装・家具は必ずしも付けなくてもよい。
 (選択できる)
・現金一括で支払えば、最大15%程度ディスカウントできる。
・建物のクオリティは日本よりも低いが、現地の人は気にしない。
 建物の耐用年数は25年くらいではないか。
 早めに売却する方がよい。
・当社ではプレビルドのみ扱っている。
・収支のシミュレートについては、収益率を一律物件価格の10%としている。
 また、インフレ率は3%と想定している。
 その場合、実質利回りは7%前後となる。
・ディベロッパのAYALAは有名で、どこの業者でも扱っている。
 AYALAは自社で建設しているのではなく、実際に建設しているのはDMCIなどの業者。
 そのため、DMCI自身が販売している物件と品質は変わらない。


■感想
・オフィスは帝国ホテルタワーの中にあり、大変立派でした。
・サービス範囲としては基本的に売買契約までで、その後の管理については対象外とのことで、やや不安が残ります。
・これまでマレーシア・シンガポール不動産での販売実績があるとのことで、実績については信頼できそうです。
・やはりホテルの取り扱いはほとんどないようです。
・コンドミニアムの管理について、最初はできれば日本の会社に委託したいと考えています。
 それで要領がつかめれば、2件目以降は現地のディベロッパに委託するのも一つだと思います。

・建物の耐用年数について、他社では50年とのことでしたが、ここでは25年程度と見積もっています。
 いずれが実態に近いかわかりませんが、まずは悲観的な数値を想定しておいた方がよさそうです。
・これで、MSJ・エイブル・PILIP・FORELANDと4社の業者から話を聞きました。
 いずれも明らかに怪しいということはなく、それなりに信用できそうではありました。
 ただ、サービス内容についてはいろいろと違いがあることがわかりましたので、次回比較検討したいと思います。





















年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
(2015/03/10)
中田健介

商品詳細を見る


(重要)
2015年9月27日追記
記事内のMSJ社(現在の社名はWRIG)と私との間に現時点では契約はありません。
不動産購入のサポート業務については他社に依頼しています。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


法人融資歴15年以上の経験と実績で
ソーシャルレンディングに挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)