記事一覧

ソーシャルレンディング4社の徹底比較(2014年版)(3)(貸し手編)

前回(ビジネスモデル編) に引き続き、ソーシャルレンディング4社の徹底比較(2014年版)を行います。

今回は「貸し手から見た各社の比較」です。

なお、前回も書きましたが、各社の不動産担保ローンについては今回別の表としてまとめたので、以下には含まれていません。

ソーシャルレンディングサービス比較(内容・数値はいずれも2014年1月時点)  
サービス maneo(マネオ)AQUSH(アクシュ)SBIソーシャルレンディングクラウドバンク
  ビジネス向けローンAQUSHマーケットAQUSHグローバルファンド証券担保ローンファンド 
  
貸し手関連金利(貸し手側)4.0%~10.0%
(案件により異なる。)
・金利は貸し手が選択できる。
 (下限4%~上限15%)

・平均運用利回り実績
(グレードごと)
 AA: 5.1%
 A:  5.5%
 B:  6.2%
 C:  7.8%
 D:  8.4%
(手数料引き後)(「AQUSH 2012データ・レポート」より算出)
一律5.0%
(手数料引き後)
一律2.0%
(手数料引き後)
5.0%~6.0%
(ファンドにより異なる)
投資可能額1万円~5万円~2000万円5万円~2000万円1万円~3万円~
(ローンによっては最低投資額がもっと大きいものもある)
手数料(貸し手側)なし貸し手から毎月貸出残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)貸し手から毎月貸出残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)貸し手から毎月貸出残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)・貸し手から毎月貸付金残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)
投資してから実際に融資が実行されるまでの期間最大1カ月低い金利を提示すれば早く融資が実行されるが、高い金利を提示すると融資が実行されないこともある。)最大1カ月原則2週間ファンドにより異なる
(借り手の希望金額総額が貸し手の投資金額よりも少ない場合はさらにかかる)(大体1カ月程度と思われる)
出資金の保全maneoエスクロー社による分別管理分別された口座にてエクスチェンジコーポレーションの資産とは区別して管理分別された口座にてエクスチェンジコーポレーションの資産とは区別して管理匿名組合員出資金は、会社の固有財産を保管する銀行預金口座とは別の銀行預金口座に預金し分別管理する。出資金は、会社の固有財産を保管する銀行預金口座とは別の銀行預金口座に預金し分別管理する。



<金利について>
まずは貸し手にとって一番気になる「金利」から比較してみます。
(以下の数字はいずれも手数料引き後の金利です。)

maneoの金利は案件により異なりますが、4~10%の範囲で設定されます。
担保や返済実績のある借り手の場合は安全性が高い分、金利は低めとなります。
最近は5~8%程度の案件が多いです。

AQUSHマーケットでは、金利は4~15%の範囲で貸し手が選ぶことができます。
ただし前回の記事でも書きましたが、低い金利の貸し手から優先的に貸し出されるので、あまり高い金利を設定すると貸出が実行されません。
実質的には資金の需給バランスで決定されるといえるでしょう。
2012年の平均利回り実績は、一番信用度の高いグレードAAで5.1%、一番低いDで8.4%でした。

2013年に始まった新サービスであるAQUSHグローバルファンドの金利は、一律5.0%です。

SBIでは金利は一律2.0%です。
証券担保があり安全性が高い代わりに金利は低めです。

2013年にサービス開始したクラウドバンクの金利は、ファンドにより異なります。
現在明らかになっているファンドの金利はいずれも5.0%~6.0%の範囲です。
今後はより高い金利のファンドも出てくるかもしれません。

まとめると、maneoとAQUSHマーケットの金利はほぼ同じくらいの水準(4.0%~10.0%程度)で、
AQUSHグローバルファンド・クラウドバンクがそれに次ぐ水準(5.0%~6.0%)です。
高金利を狙いたいならmaneoかAQUSHマーケットに投資するのがよいでしょう。

<投資可能額について>
最低投資金額については、各社とも「ソーシャル」投資を標榜するだけあり、少額を設定しています。
一番高いAQUSHでも5万円から投資可能です。
株や投資信託などよりもハードルは低く、お小遣い程度からでも始めることができます。
毎月少額ずつ積み立てていくような投資の仕方もできるでしょう。

一方、投資金額の上限については、AQUSHでは2000万円に設定されています。
他社では特に上限は定められていません。

<手数料(貸し手側)について>
AQUSH・SBI・クラウドバンクは毎月貸し手からの手数料を徴収しています。
手数料率はいずれも年利1.5%相当額です。
maneoは貸し手からの手数料は徴収していません。
なお、表中および上記に記載した金利はこの手数料引き後の値です。

<投資してから実際に融資が実行されるまでの期間について>
見落としがちな要素ですが、ソーシャルレンディングでは投資したいと思ってもすぐに貸出が実行されるとは限りません。
その時期に借り手が少ないとなかなか貸出が実行されない場合もあります。
その場合、せっかく用意した資金が遊んでしまい、投資の効率が悪くなることとなります。

maneoでは、借り手を直接指定して投資する仕組みであり、投資できれば基本的には1カ月以内に貸出が実行されます。
ただし、常に案件が募集されているとは限らず、募集案件のない日もあります。
また、時期によっては募集が開始されてもすぐに満額で成立してしまい、なかなか投資できないこともあります。
「投資したいと思ってもすぐに貸出できるとは限らない」という点ではmaneoも同様といえます。

AQUSHマーケットでは、先ほども書いたようにあまり高い金利を設定すると貸出がなかなか実行されません。
例えば一番信用度の高いグレードAAの貸出金利平均は5%程度なので、少し高めの8%くらいの貸出金利を設定すると、ほとんど、あるいはまったく貸し出されない可能性が高いでしょう。
希望額の全額が貸し出されるには何カ月もかかることになるでしょう。
もちろん欲張って15%の貸出金利を設定することもできますが、おそらく永久に貸し出されないでしょう。

AQUSHグローバルファンドは、世界最大のソーシャルレンディングである米LendingClubが投資先であり、借り手の規模はほぼ無尽蔵であるため、1か月以内にほぼ確実に貸し出すことができます

SBI証券担保ローンファンドでは、2週間ごとにファンドを組成しているので、投資すれば原則として2週間以内には貸出が行われます。
ただし、貸し手の投資金額が借り手の希望金額総額を上回った場合は、余った資金は次回に持ち越されるため、さらに時間がかかることもあります。
(貸出比率は90%以上なので、実際にはあまりそういう事態は起こっていないようです。)

クラウドバンクでは、貸出までの期間はファンドにより異なりますが、大体1カ月程度のようです。

maneo,AQUSHマーケットでは、「金利」と「貸出までの期間」は、トレードオフの関係にあるといえます。
低い金利で早く貸し出すか、あくまで高い金利を狙ってじっくりと構えるか、いずれかの作戦を選ぶ必要があります。
一方、AQUSHグローバルファンド・SBIでは、貸出まで時間がかかることはほぼないと言えます。
資金を遊ばせることなく、すぐに貸出を行いたいのであれば、これらを選択すると良いでしょう。

<出資金の保全について>
あまり考えたくないことですが、万一ソーシャルレンディング事業者が破綻した場合、投資家の資金はどのように守られているかは重要な要素です。

4社とも、投資家の資金は会社の資産とは別の口座にて分別管理していると謳っています。

ただし、これは必ずしも事業者の破綻時に資金が全額保全されることを意味するものではありません。

例えば、maneoの投資時の契約書には以下の記載があります。

(以下引用)
匿名組合契約締結にあたってのリスクについて
・ お客様のmaneo社に対する出資金は、出資された段階でman
eo社の資産となります。
したがって、maneo社の信用状況が悪化した場合には、お客様
に対して出資金全額を返還することができないこととなり、結果と
して、お客様に出資金元本額が欠損する損失が発生する場合があり
ます。
・ maneoエスクロー株式会社(以下「maneoエスクロー社」
といいます。)は、お客様から、maneo社に対する出資金の預
託を受け、またmaneo社からお客様への出資金返還金及び配当
利益の預託を受け入れることとなりますので、maneoエスクロ
ー社について倒産手続が開始された際、お客様からの預かり金が倒
産財団に組み込まれる法的リスクがあります。
この場合には、お客様に対して出資金全額の返還をすることができ
ないこととなる結果、お客様の出資金に欠損が生じる可能性があり
ます。
(引用終わり)


AQUSH,SBI,クラウドバンクの契約書にも同様の記載があります。

分別管理されているとはいえ、基本的には事業者が破綻したり信用状況が悪化したりしたときには資産は欠損するかすべて失われるものと思った方がよいでしょう。







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

東証一部上場企業が運営!
1万円からできるアパート投資
TATERU FUNDING


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


法人融資歴15年以上の経験と実績で
ソーシャルレンディングに挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)