記事一覧

ソーシャルレンディング4社の徹底比較(2014年版)(2)(ビジネスモデル編)

ソーシャルレンディング4社の徹底比較(2014年版)まずはビジネスモデルから比較してみます。
赤の箇所は昨年から変化のあった個所です。
各社がどのように利益を上げているのかを理解することはサービスを選択するうえで重要です。

前回の記事はこちらです。

ソーシャルレンディング4社の徹底比較(2014年版)(1)


なお、前回も書きましたが、各社の不動産担保ローンについては今回別の表としてまとめたので、以下には含まれていません。

ソーシャルレンディングサービス比較(ビジネスモデル編) (内容・数値はいずれも2014年1月時点)  
サービス maneo(マネオ)AQUSH(アクシュ)SBIソーシャルレンディングクラウドバンク
  ビジネス向けローンAQUSHマーケットAQUSHグローバルファンド証券担保ローンファンド 
  
特徴 ・貸し手は、借入目的・事業内容などの情報を元に借り手を直接選ぶことができる。

・貸し手は借り手に対して事業内容・借入目的などを直接質問できる。

・常に案件が募集されているとは限らない。

・1人の借り手に対して貸し手が複数

・借り手から優待が受けられるローンもある。
・借り手を審査し、信用リスクを客観的に格付評価した「AQUSHグレード」(5段階)を提示

・投資家は借り手を直接指定できず、「AQUSHグレード」と金利を指定して投資する。

・複数の借り手に対して貸し手も複数。
・世界最大のソーシャルレンディングサービスである米LendingClubへ投資できる。
・借り手の規模はほぼ無尽蔵であり、1か月以内にほぼ確実に貸し出すことができる。
・海外投資であるが、為替ヘッジされているため為替リスクはなし。
・株式担保付きで安全性が高い。

・複数の借り手に対して貸し手も複数。

・投資家は借り手を直接指定できない。

・証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス

・複数の借り手に対して貸し手も複数。
ビジネスモデルタイプオーダーメイド型
ビジネス向け
ファンド型
個人向け・ビジネス向け
ファンド型
個人向け・ビジネス向け
ファンド型
個人向け
ファンド型
借り手中小企業個人・中小企業アメリカの法人・個人SBI証券に株式を預けている個人不動産担保事業者・新興国マイクロファイナンス機関・中小企業など
(ファンド種類により異なる)
金利決定の仕組みローン募集時に借り手が決定金利は4%~15%の範囲で貸し手が選択できるが、低い金利を設定した貸し手から優先的に貸出が実行される。
(あまり高い金利を設定すると貸出が実行されないこともある。)
・貸し手にとっての金利は一律5.0%
(手数料引き後)
・貸し手にとっての金利は一律2.0%
(手数料引き後)
ファンド種類により異なる
事業者の収益源・借り手金利と貸し手金利の差(=利ざや)が収益源。

・利ざやは5%程度
(ローンにより異なる)
・ローン成立時に、借り手から貸出金額の4%に相当する手数料を徴収

・貸し手から毎月貸出残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)
・貸し手から毎月貸出残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)・貸し手から毎月貸付金残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)・貸し手から毎月貸付金残高に応じた手数料を徴収(年利1.5%相当額)


<特徴について>
2013年に新たに登場した「AQUSHグローバルファンド」は、世界最大のソーシャルレンディングサービスである米LendingClubへ投資できるという画期的なサービスです。
借り手の規模はほぼ無尽蔵であり、1か月以内にほぼ確実に貸し出すことができるというメリットがあります。
また、このサービスは海外投資ですが、為替ヘッジされているため為替リスクはありません

また、同じく新サービスである「クラウドバンク」は、日本唯一の証券会社が運営するソーシャルレンディングです。
投資先は不動産担保事業者・新興国マイクロファイナンス機関・中小企業など多岐にわたっており、今後が楽しみです。

<タイプについて>
ソーシャルレンディングのビジネスモデルは、大きく「オーダーメイド型」と「ファンド型」の2つに分けられます。
オーダーメイド型は、借り手が1人(あるいは1社)で借入目的・事業内容などが公開されており、貸し手はどの借り手に貸すかを直接選ぶことができるタイプのサービスです。
ファンド型は複数の借り手が1つのファンドとしてまとめられており、貸し手はそのファンドに対して貸し出すことになります。直接特定の借り手に貸し出すことはできませんが、貸し倒れのリスクを分散させることができます。

現在オーダーメイド型はmaneoのみで、他はすべてファンド型です。
借入目的・事業内容などの情報を元に借り手を直接選ぶことができるのはmaneoだけです。
(ただしSBIソーシャルレンディングは不定期でオーダーメイド型の案件を募集することがあります。)

<借り手について>
maneoとクラウドバンクはビジネス向けでSBIは個人向け(ただし株式担保のある人のみ)です。
AQUSHはビジネス・個人向け両方手掛けています。


<金利決定の仕組みについて>
ほとんどのサービスでは金利は事業者または借り手が事前に決定する仕組みになっています。
ただし唯一「AQUSHマーケット」だけは借り手が金利を4%~15%の範囲で選択できます。
ただし、低い金利を設定した貸し手から優先的に貸出が実行されるので、あまり高い金利を設定すると貸出が実行されないこともあります。
実質的には資金の需給バランスで自然に決定されるといえるでしょう。


<事業者の収益源について>
ソーシャルレンディングサービスの収益源としては、以下の3つがあります。
(1)借り手から手数料を取る
(2)貸し手から手数料を取る
(3)貸し手と借り手の金利差(利ざや)

maneoは、手数料は徴収しておらず、専ら(3)の利ざやを収益源としています。
AQUSHマーケットは、(1)借り手からの手数料と(2)貸し手からの手数料で儲けています。
AQUSHグローバルファンドは、(2)貸し手から手数料を取っています。
SBI証券担保ローンファンド・クラウドバンクも同様で、(2)貸し手からの手数料をとっています。

こう書くと、貸し手にとっては、貸し手からの手数料徴収がないmaneoが有利なように思えますが、実はあまりこの違いには意味はありません。
「事業者が1.5%の利ざやを取る」というのと「事業者が貸し手から1.5%の手数料を徴収する」というのは実質的には全く同じことだからです。
料率が明示的に示されているかどうか、という違いだけです。

次回は「貸し手関連」について比較します。








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


法人融資歴15年以上の経験と実績で
ソーシャルレンディングに挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)