記事一覧

ソーシャルレンディング金利の確定申告に行ってきました

ソーシャルレンディングの金利については、3社とも分配時に20%の源泉徴収税が徴収されています。

しかし、それだけで終わりではなく、maneoのサイトによると、金利は「雑所得」に該当し、その合計が20万円以上の場合は、別途確定申告が必要となるようです。

<以下引用(maneoサイトより)>
税金について
1. 投資家が受け取る分配金(匿名組合分配益)は、雑所得に該当し、確定申告をする必要があります。

・給与所得と退職所得以外の所得の合計が20万円以下の場合、原則として申告義務はありません。
・雑所得は他の所得と損益通算はできません。
・投資家の実態により、所得区分が異なる可能性があります。
2. maneoが投資家に支払う金額は、分配金から源泉徴収税を控除した金額となります。

・この源泉徴収税額は、投資家の支払うべき所得税の前払いとして、maneoが納付しています。
・maneoが納付した源泉徴収税額は、確定申告により計算した所得税から控除することができます。
・確定申告義務が無い方でも、確定申告をすることで還付を受けられる場合もあります。
・還付を受けられるかどうかは、他の所得の金額によります。
<引用終わり>


AQUSH・SBIソーシャルレンディングのサイトにもほぼ同様の説明があります。

2012年に自分が得た金利は以下の通りで、20万円を超えました。
 maneo 287,279円
 AQUSH 125,918円
 SBI  17,008円
 (合計)430,205円

というわけで、確定申告の申請書を作成してみました。
「確定申告をすることで還付を受けられる場合もあります。」とのことですが、自分の場合は還付が受けられるのでしょうか。

この時期になると各社から確定申告用の書類が送られてきます。

<maneo>
確定申告資料(maneo)

<AQUSH>
確定申告資料(AQUSH)

<SBI>
確定申告資料(SBI)


これらの書類を元に申請書を作成してみます。
なお、自分はサラリーマンなのですでに会社に年末調整の書類を出しています。

国税庁の平成24年分確定申告書等作成コーナー から金額などのデータを入力すると自動的に税額が計算されます。

3社分の金利を雑所得として入力すると、以下のような申告書が作成されました。


確定申告2012(1)

確定申告2012(2)

①の部分に3社分の金利の合計額が記入されます。
②が、すでに3社により源泉徴収されている金額の合計です。
③が、確定申告により還付される金額です。たった6137円のようです。
 なお、どういう計算でこの還付金額になったのかは自分にはよくわかっていません。
④が、3社の金利・源泉徴収額の明細です。

税金の申告書作成はやはり面倒ですね。
慣れないため作成に2・3時間ほどかかってしまいました。

さて、さきほど税務署に提出に行ってきたところ、特に不備を指摘されることもなく提出できました。
「ソーシャルレンディングって何?」などと聞かれたら説明するのが大変そうだと思っていたのですが、特にそのようなことはありませんでした。

しかしこれだけの時間と労力をかけてたったの6000円ほどしか還付されないのであれば、できればあまりやりたくはありませんね。

ただ、還付金の額は給与などの額によって変わるようなので、もっと多くの還付金が受けられるケースもあるのかもしれません。
給与収入などの少ない人だともっと還付される割合が高くなるようです。

また、今後毎年必ずやるのであれば、e-taxを申し込んだ方がよいかもしれません。
(専用のカードリーダーのようなものを入手しなければならないようなので少し面倒そうですが)
確定申告は、ソーシャルレンディングをやる上で避けられない義務ということでしょうか。

なお、自分は特に税務に詳しいわけではないので、この申請の仕方で正しいかどうかは保証できません。
(一応税務署の窓口で内容のチェックはしてもらいましたが)
同様の申告をされる方はあくまで参考程度としてください。






関連記事

コメント

還付は所得税だけです

けにごろうさん、はじめまして。
ホームページを拝見させていただいています。

雑所得を確定申告すると、総合課税となり、税率は10%です。源泉徴収税率が20%でしたから、差額が申告により還付されます。

但し、この申告は住民税に引き継がれますので、住民税で雑所得に10%課税されます。

6月頃に住民税の「決定通知書」(細長くて短冊状のもの)が交付されますので、そこで分かります。

所得税の確定申告で還付されますが、住民税で徴収されますので注意が必要と思います。

Re:還付は所得税だけです

しかけにんさん
はじめまして。

コメントありがとうございます。

そうですか。還付金が戻ってきたと思って少し喜んでいましたが、結局また住民税で徴収されてしまうのですね。

しかけにんさんもソーシャルレンディング投資をされているのですか?
確定申告はされましたか?

雑所得の経費について

こんにちは。私も2年前からSLを始めて今年初の確定申告でした。

さて、maneoのHPに管理手数料は、経費として計上できると書いてあります。

http://www.maneo.jp/help_topics.jsp?id=92 より
---------------------------------------
分配金は一般的には雑所得の収入金額となりますが、経費として、ローン成立時にお支払頂く実行手数料及び銀行振込手数料などを収入金額から控除することができます。
----------------------------------------

現在maneo自体は管理手数料廃止されてますので経費0ですが、同様の理屈でSBIの管理手数料とaqushの営業者報酬の年額を経費として計上したら、その分還付金が発生しました。(直接税務署に提出ではなく、郵送したので、実際に修正なしで受理されたのかはまだ分かりません。)
※aqushの年間支払い調書は、営業者報酬・損失額の項目がないので、myPageの月次収支表の11年12月~12年11月(入金ベースで12年の1月から12月)の営業者報酬を合計しました。
面倒なので、aqushに、投資家が確定申告する際に必要な数字だから他社同様に支払い調書に表示して欲しいと要望をメールしたら、「ご要望につきましては、対応できるよう準備して参ります。」と返信がありました。

Re:雑所得の経費について

akiさん
こんにちは。

貴重な情報ありがとうございます。

なるほど、AQUSHとSBIの手数料が経費として認められれば結構還付金は大きいかもしれませんね。
うまくいけば源泉徴収分のほとんどが返ってきそうです。

実際に還付されたかどうか後で結果を教えていただけるとうれしいです。


Re:Re:還付は所得税だけです

>しかけにんさんもソーシャルレンディング投資をされているのですか?
→maneoとAQUSHで投資しています。

>確定申告はされましたか?
→しました。

ところで、けにごろうさんの確定申告書には「生命保険料控除」が記載されていません。記載漏れではありませんか。
年末調整をされても、確定申告で漏れますと、損ですからね。

それから、AQUSHの支払調書についてですが、
「支払金額」は「利息収入」から「AQUSH管理者報酬」を差し引いたものだそうです。

Re:Re:還付は所得税だけです

しかけにんさん
こんにちは。

>ところで、けにごろうさんの確定申告書には
>「生命保険料控除」が記載されていません。
>記載漏れではありませんか。

実は自分は生命保険には入っていないのです。

>それから、AQUSHの支払調書についてですが、
>「支払金額」は「利息収入」から「AQUSH管理者報酬」を差し引いたものだそうです。

では管理者報酬を別途経費として申告する必要は今のところないということでしょうか。


Re:Re:Re:還付は所得税だけです

>実は自分は生命保険には入っていないのです。
→記載漏れでなくてよかったです。
けにごろうさんの雑所得の申告ではもっと税額が還付される可能性があると思っていたので、何か記載漏れがあったのかと推測しました。
ちなみに、私のはブログにあるような還付となる予定です(まだ還付は受けていませんが)。
http://shikakenin.blog.shinobi.jp/確定申告/今年の確定申告-e-tax-

>では管理者報酬を別途経費として申告する必要は今のところないということでしょうか。
→そのとおりだと考えています。
http://shikakenin.blog.shinobi.jp/確定申告/ソーシャルレンディングの支払調書

私のコメントはネット上の匿名のコメントなので、最終的には税理士に確認された方がよいと思います。

> 雑所得を確定申告すると、総合課税となり、税率は10%です。
10 %は間違いです。総合課税なので給料所得など他の所得と合算した税率が適用されます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
多くの(?)サラリーマンの場合は10,20または23%になります。
これに加え住民税が10%程度取られることになりますのでトータルで20-30%程度になります。
私の場合所得税率が20%で、トータル30%程度で、株や債券は分離課税で所得税と住民税合わせて10~20%なので、SLは税金的にやや不利ですね。
けにごろうさんの場合ですと住民税を4万程度収めることになります。

個人的にはSLは税率の面から専業主婦の小遣い稼ぎ向きではと考えています。

けにごろうさん、こんにちは。

あいうさん、はじめまして。

あいうさんの指摘通り、
「10 %は間違いです。総合課税なので給料所得など他の所得と合算した税率が適用されます。」が正しいです。
あいうさん、ご指摘ありがとうございました。ブログには自分でそのように書いてました。

>「けにごろうさんの雑所得の申告ではもっと税額が還付される可能性があると思っていたので、何か記載漏れがあったのかと推測しました。」
→税率が私と同じと解釈したものですので、この部分は読み飛ばしてください。

>では管理者報酬を別途経費として申告する必要は今のところないということでしょうか。
→銀行振込手数料(会社負担分)はaiuさん指摘の通り、支払調書に反映してほしいものです。
ただ、自己負担分は振込画面などを取っておくしかないかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


法人融資歴15年以上の経験と実績で
ソーシャルレンディングに挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)