記事一覧

【サイト開設2周年企画第1弾】AQUSHラッセル・カマー社長特別インタビュー

当サイトを開設して3年目を迎えました。
そこで、今回はサイト開設2周年を記念して、特別企画をお送りします。

何と「株式会社エクスチェンジコーポレーション(AQUSH)ラッセル・カマー社長への特別インタビュー」です。

私がカマー社長にAQUSHの現状・今後についてインタビューを行ったものです。

カマー社長・大前副社長の大変なご厚意により実現しました。
(なお、自分は英会話ができないため、大前さんに通訳していただきながらのインタビューとなりました。)

カマー社長・大前副社長にはこの場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

AQUSHインタビュー

「株式会社エクスチェンジコーポレーション(AQUSH)ラッセル・カマー社長への特別インタビュー」

<昨年開始した新サービスについて>
けにごろう:昨年は法人向け貸出・ASAX不動産担保ローンと続けて新サービスを開始したが、どういった背景・狙いがあったのか。

カマー:ソーシャルレンディングという効率的にお金を個人から借り手に流す仕組みについては従来と変わらない。
これまでも事業目的の借入が1/3程度あった。事業目的の貸出に対するリスク評価についてのノウハウもたまってきたので、自然な流れとしてサービスを拡張した。
ASAX不動産担保ローンについては、戦略的な目的があった。無担保ローンとは異なるリスクプロファイルの商品を作りたかった。不動産担保に加えて上場企業であるASAXの保証があるため、リスクは非常に低い。それでも銀行預金よりははるかに高い金利の商品であり、そうした商品を求める投資家のニーズにこたえるものである。

けにごろう:昨年電通国際情報サービス(ISID)との提携についてプレスリリースがあったが、どういう提携内容か。

カマー:ISIDは金融システムについてのノウハウを持っているし、AQUSHにはシリコンバレーとのつながりがあり金融サービスについての知識に強みがある。一緒に新しいビジネスについて3年間かけて研究していこうというのが提携の狙い。
ISIDは、FBIC(FINANCIAL BUSINESS INOVATION CONFERENCE)という金融サービスに特化したイベントを主催しており、そこでAQUSHのサービスを紹介してくれている。
ISIDはほかにも金融系のスタートアップを支援している。
提携の中でノウハウが貯まっていくことで、将来具体的なサービスに結び付いていくかもしれない。また、AQUSHのローン管理システムをISIDが外販したりすることがあるかも知れない。

<AQUSHの貸倒率について>
けにごろう:AQUSHの貸倒率は現時点で0.4%程度と非常に低い。以前maneoの個人向け貸出では貸倒率10%以上・SBIソーシャルレンディングでは6%以上の遅延率となっている。AQUSHでは貸倒率を低く抑えるためにどういった工夫をしているのか。

カマー:借り手の審査についてはわれわれに非常に重大な責任がある。特に秘密があるわけではなく、FICOモデルを利用したシステムなどに多くの投資をしている。投資家に大きなリターンを出すということを目指してやっているということが低い貸し倒れにつながっている。
また、ソーシャルレンディングの審査でJICC,CICの両方の情報を使っているのはAQUSHだけであり、データを重視するビジネスをやっていくという方針に基づき審査を行っている。
一方でこれまでラッキーであったという面もある。今後ビジネスの規模が拡大すれば、若干(貸倒率が)上昇することもあるかもしれないが、リスクに対して慎重に運営していくという姿勢は変わらない。
既存の貸金業者・クレジット会社などのベストプラクティスを学んでやっている。個人向け貸出のエキスパートもスタッフの中にいる。

<AQUSH金利水準について>
けにごろう:昨年11月から大きくAQUSH金利水準が上昇したが、その原因は法人向け貸出を開始したためと理解してよいか。

カマー:その通り。AQUSHの金利は借入規模と貸し手資金のシーソーゲームにより常に変動する。今は借入のニーズが非常に増えている時期であり、金利は上昇している。今後はより多くの投資家を呼び込み、ビジネスの規模を何十倍にも拡大していくことを重視する。

けにごろう:借り手となる法人の規模・業種・借入金額の傾向はどうか。

カマー:借り手となる法人は、業績が良くキャッシュフローがちゃんと出ているが、何らかの理由で銀行など通常の金融機関から借りることが困難な企業である。
例えば、設立してからの日が浅く、銀行からの与信がつかない・金融機関で受け入れられる担保を持っていない、などの理由である。
また、大手銀行や投資銀行などが手がけるには借入の規模が小さすぎる場合もある。AQUSHではそうした借り手に対しても、リスクを抑え貸し手にリターンを出せるような貸出を行っている。
法人向け貸出はまだ始まったばかりで、平均貸出額の傾向については何とも言えないが、感覚的には5000万円~1億円程度の規模が中心になるのではないかと考えている。
5年先・10年先に資金が十分集まるようになれば、例えば大企業の債券をAQUSHで募集したりすることもあるかも知れない。

けにごろう:どういうチャネルで法人向けの貸出を募集しているのか。これまで通りWEB上で募集する以外に何か別のチャネルがあるのか。

カマー:チャネルの開拓についてはわれわれの今後の課題である。個人向け・法人向け・不動産担保とも、どういったチャネルで借り手を集めていくか今考えている。例えば投資家に7%のリターンをもたらすためにはより多くのチャネルが必要である。借入のボリュームが大きくなれば、それだけ高い金利でも借りてくれる人が増えるだろう。

<情報公開について>
けにごろう:現在、AQUSHでは決算情報・貸出残高などの情報を公開していないが、今後公開の予定はあるのか。

カマー:今後もう少しAQUSHの規模が大きくなれば公開したいと考えている。
これまでAQUSHはサイズの拡大よりも投資家にしっかりとリターンを出すこと・デフォルトを極力抑えることを重視してきた。今後もその方針は変わらないが、サービス開始から3年がたったので、情報を更新していきたい。毎年倍々ゲームで規模は拡大しているので、いずれ公開できると考えている。
繰り返しになるが、投資家にどれだけのリターンを返すかが重要だと考えている。

けにごろう:他にも例えば、グレードごとのデフォルト率・返済遅延率・個人/法人の比率・法人向けの貸出規模・資金用途などの情報についても公開してもらえると、投資家としてはより安心して投資できる。

カマー:統計データをもっと公開してほしいということだと理解した。今貸出先などについて統計データをまとめて公開予定なので、そのために参考にしたい。

<今後のサービスについて>
けにごろう:昨年は新サービスをいくつかリリースしたが、今年も新サービスを開始する予定はあるのか。

カマー:現在のところは新サービスよりも既存のサービスを充実・拡大していくことに集中している。
特に投資家の利便性を高めることが重要だと考えている。
例えば、my aqushに毎月返済元本がいくら入ってきたかをわかりやすくしたい。また返済元本を再投資せずに放っている人も多い。そういったところをよりわかりやすく、楽しくするために改善していきたい。

<ソーシャルレンディングの今後について>
けにごろう:ソーシャルレンディングというサービスは、欧米ではすでにZOPA,lendingclubなどの大きなサービス会社があり、金融市場の中である程度の存在感を示している。それに対し、日本では、規模は拡大しているとはいえ、市場全体における割合・認知度はまだ低いと感じている。
それについてはどう考えているか。

カマー:AQUSHとしては新しい投資家が集まっており、成長しているという実感はある。3年かかるか10年かかるかわからないが、AQUSHとしては、投資家へのリターンを出していくこと・デフォルトを抑えることに集中し続けることで、国内で評価されていくと考えている。


(インタビュー実施日:2013年1月18日(金))
関連記事

コメント

気合の入ったレポートですね

どうもごぶさたしています。

「QuadstormFerret」あらため「レッドフェレット」
です。

気合の入ったレポート拝読しました。
非常に面白いことに加え、AQUSHが
さらにレンダーへ投資機会を与えてくれる
意気込みであることを知ることができ
非常にうれしく感じます。

長い間、ブログの更新をさぼっていましたが
また更新を始めました。

前回は意気込みすぎてしばらく
燃え尽きていましたが今度は無理せず
ソーシャルレンディングへの投資と同じく
ゆったり気長にやって行きたいと思っています。

改めてよろしくおねがいします。

Re: 気合の入ったレポートですね

レッドフェレットさん
こんにちは。

ご無沙汰しております。
返信遅くなり済みません。

> 気合の入ったレポート拝読しました。
> 非常に面白いことに加え、AQUSHが
> さらにレンダーへ投資機会を与えてくれる
> 意気込みであることを知ることができ
> 非常にうれしく感じます。

ありがとうございます。
近々第2弾としてmaneoインタビューも公開予定です。
ご期待ください。


> 長い間、ブログの更新をさぼっていましたが
> また更新を始めました。
>
> 前回は意気込みすぎてしばらく
> 燃え尽きていましたが今度は無理せず
> ソーシャルレンディングへの投資と同じく
> ゆったり気長にやって行きたいと思っています。

記事いつも楽しみに拝見しています。
ソーシャルレンディングに関して情報発信している人はとても少ないので、もっと増えてほしいと思っています。
お互い頑張って情報発信していきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


利回り8%超
全ファンド不動産担保付き


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


貸金業界の表も裏も知り尽くした
男が上限金利15%の限界に挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング




元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)