記事一覧

ソーシャルレンディング各社の不動産担保ローン比較

8月・9月にAQUSH・SBIソーシャルレンディングが相次いで不動産担保ローンサービスを開始しました。
以前からサービスを手掛けているmaneoも合わせて、各社の不動産担保ローンサービスの内容を比較してみたいと思います。

<各社不動産担保ローン比較(2012年9月時点)>  
  maneo(マネオ)AQUSH(アクシュ)SBIソーシャルレンディング
商品名UBIfinance・エスクローファイナンス案件アサックス保証不動産担保ローンファンドSBISL不動産担保ローン事業者ファンド
借り手関連金利(借り手側)(年利)9%~12%程度5.5%5.5%
借入限度額(不明)未公開当初7500万円
最大10億円
手数料(借り手側)(不明)(不明)基本契約締結手数料:47万2500円
使用用途不動産事業者向けの物件購入資金自由不動産担保ローン事業者向けに行う貸付事業
担保・保証人不動産担保不動産担保不動産担保
   
借入期間6ヶ月~10ヶ月程度一律36ヶ月一律14ヶ月
返済方式元金一括返済バルーン返済(※1)元金一括返済
(金利は毎月返済)(金利は毎月返済)
期限前返済あり可能・手数料なし可能・手数料なし
貸し手関連金利(貸し手側)(年利)4.0%~7.0%
(過去案件実績)
4.0%
(手数料を除いた実質金利は2.5%)
3.0%
投資額2万円~5万円~2000万円1万円~
(ローンによっては最低投資額がもっと大きいものもある)
手数料(貸し手側)なし毎月、貸付金残高の0.125%貸付金残高の2.5%(年利)
投資してから実際に融資が実行されるまでの期間最大1カ月最大1カ月原則2週間
(借り手の希望金額総額が貸し手の投資金額よりも少ない場合はさらにかかる)
その他個別の案件に投資。
常に案件が募集されているとは限らない。
複数の案件にファンドの形式で投資。複数の案件にファンドの形式で投資。
実績ローン成立件数78件0件0件
ローン成立金額約10億円0円0円
貸し倒れ率(サービス開始以来累計)(件数ベース)0%0%0%
   
貸し倒れ率(サービス開始以来累計)(金額ベース)0%0%0%
   
 サービス開始時期2011年5月2012年8月2012年9月
(※1)バルーン返済とは、実際の返済期間(例えば36ヶ月)よりも長期の期間(例えば120ヶ月)を返済期間として想定し、かかる想定返済期間における元利均等払いの返済額を毎月返済するとともに、実際の返済期間の最終弁済回時点で残存する元金等を一括して支払う返済方法です。最終弁済回に残元金等を一括して返済するため、支払金額が最後に膨らむ形がバルーン(風船)に似ていることからバルーン返済と呼ばれます。バルーン返済によって、投資家は、安定的な分配金を受け取ることができ、借り手は、毎月の返済額を抑えることができるというメリットがございます。但し、最終弁済回に受け取る残元金の金額が大きくなりますのでご注意ください。(AQUSHサイト説明より)



上記の比較を踏まえると、結論としては現状ではmaneoの不動産担保ローンのサービス内容が投資家にとっては最も良いと言えそうです。

まず、気になる金利(貸し手側)から見てみます。
maneoが一番高く4.0%~7.0%(案件により異なる)で、次はSBIが3.0%、もっとも低いのがAQUSHで2.5%です。

また、借入期間には各社でかなり違いがあります。
最も短いmaneoでは6ヶ月~10か月ですが、SBIは14ヶ月・AQUSHは36ヶ月と比較的長期です。
一般的には借入期間が長いほどリスクは高まります。この観点からしても最も期間の短いmaneoが有利です。

返済方式について、maneoとSBIは元金一括返済ですが、AQUSHのみ「バルーン返済」というあまり聞きなれない方式です。
AQUSHサイトの説明によると、「実際の返済期間(例えば36ヶ月)よりも長期の期間(例えば120ヶ月)を返済期間として想定し、かかる想定返済期間における元利均等払いの返済額を毎月返済するとともに、実際の返済期間の最終弁済回時点で残存する元金等を一括して支払う返済方法です。」とのことです。
元金一括返済よりもリスク・リターンともやや低い方式です。イメージとしては元金一括返済と元利均等返済の中間といえます。

3社とも文字通り不動産を担保とすることで安全性を確保しています。
不動産の担保評価が適切に行われているのであれば、通常の個人向け・事業向けローンよりも安全性は高いでしょう。不動産の担保評価については、不動産会社のアサックスと提携しているAQUSHがより確実であると言えます。

また、AQUSHとSBIは複数の貸し出し案件を一つのファンドとしているのに対し、maneoは個別の案件に対して投資する形となるので、投資した案件がもしデフォルトとなった場合の損失が大きくなることに注意する必要があります。
maneoに投資する場合は、特に分散投資を心がけるべきでしょう。


各社とも不動産担保ローンを手掛けるようになったのは、やはり貸出金額を効率よく伸ばしたいためでしょう。
ソーシャルレンディング全体の知名度不足もあって個人の借り手はなかなか集まらず、また一人あたりの借入金額も比較的少額です。個人向け貸し出しだけで貸出金額を効率よく伸ばすのは現状では難しいようです。
それに対し、不動産担保ローンは1件当たりの貸出金額が数千万円以上となることが普通で、審査も個人向けや事業向けの無担保ローンと比べてやりやすいものと思われます。
特に現状ではまだ黒字化できていないAQUSH・SBIにとっては、何としても貸出金額を増やして経営を軌道に乗せることが第一です。このサービスをまずは金のなる木に育てていってほしいと思います。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


国内初にして最大!
圧倒的なシェアを誇るソーシャル
レンディング業界の巨人


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


利回り8%超
全ファンド不動産担保付き


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


親会社はJASDAQ上場ロジコム
だから安心!
商業不動産で手堅く稼ぐ


貸金業界の表も裏も知り尽くした
男が上限金利15%の限界に挑む!


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


低金利に悩む日本の投資家を
救う黒船!


上場企業が運営していて安心


飲食店・パチンコ等店舗ビジネス
の目利きは任せろ!


小口分散された金融事業者への
融資に特化


アメリカの不動産投資に特化


平均利回り12%と業界トップ
グリーンエネルギーに投資


東証一部上場企業が運営!
10万円からできるアパート投資


SLで地方の活性化を目指す!


不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


貸金ではなくリースで稼ぐ


給与前払いシステムへの投資


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング




元祖Fintech!
決済サービスPaidyで再起を図る

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)