記事一覧

クラウドファンディング(ソーシャルファンディング)サービスの分類

先日紹介した記事「ネット資金調達米国の賭け」やWBS特集「ソーシャルファンディング 資金調達は広く小口で」では、ネットを通じて個人から広く資金を集めてビジネス・プロジェクト・借り手などに融通することを「クラウドファンディング」あるいは「ソーシャルファンディング」という言葉で呼んでいました。

ただし、それらの言葉でくくられる個々のサービス内容にはいろいろと違いがあります。
とりあえず国内で現在サービスが開始されているものについて分類・整理してみたいと思います。
「リターンが何か」「対象が何か」という2つの観点で分類すると、以下のようになります。

クラウドファンディング分類

まず、資金の出し手に対するリターンには「お金」「モノ・特典」「なし」の3種類があります。

「お金」は文字通り出資に対するリターンがお金の形で得られるものです。
さらに細かく分類すると「融資」と「投資」の2パターンに分かれます。これは企業における「社債」と「株式」の違いに相当します。
「融資」はお金を貸すことで、リターンは金利の形で得られます。金利が何パーセントになるかは事前に決まっています。
「投資」の場合は、リターンは配当の形で得られます。一般的に、配当が何パーセントになるかは事前にはわかりません。赤字になった場合は配当がまったく得られないこともあります。

「モノ・特典」は、例えばミュージシャンに対してCDを作成・販売する資金を提供するリターンとして、完成したCDやライブのチケットがもらえる、というようなものです。
他にも農家や水産加工会社に資金を提供して、その製品(食品)がもらえる、というものもあります。

「なし」というのは文字通り有形のリターンはありません。
ただ、資金提供先からの感謝の言葉や、ビジネス・プロジェクトが成功した場合、プロジェクトの一員としての達成感などが得られることもあります。

一方、対象の分類としては「個人向け」と「ビジネス・プロジェクト向け」の2種類があります。

個人向けは一時的にお金を必要としている人に対してお金を貸してあげるというものです。
ビジネス・プロジェクト向けは、新たなビジネスを立ち上げたり、新商品を開発したりするための資金を提供するものです。
例えば、震災で工場が被害を受けた企業向けに再建の資金を提供したりする、といったものもあります。


さて、この分類でいくと、クラウドファンディング(ソーシャルファンディング)の中で、リターンがお金(融資)のものを「ソーシャルレンディング」と位置づければよいということになります。
その中でも対象が個人向けなのがAQUSHで、ビジネス・プロジェクト向けなのがmaneoです。SBIソーシャルレンディングは両方手がけています。

また、リターンがお金(投資)型のものとしてはミュージックセキュリティーズがあります。ただ、現状では「半分寄付・半分投資」の案件が多いようです。


これらのサービスを利用する資金提供者の目的としては、「利益」と「社会貢献」があります。
ただ、この2つの目的は相反するものではなく、すべてのサービスは多かれ少なかれ両方の要素を持っています。
資金提供者は、どちらを重視するか各自でバランスを考慮していずれのサービスを利用するかを決めるということになります。


さて、こうしてクラウドファンディングサービス全体を眺めてみると、純粋に利益を追及する投資型のサービスというのは無いように見えます。(自分が知らないだけでどこかにあるのかもしれませんが)
コンセプトとしてはいわゆるエンジェル投資などがこれに当たると思いますが、自分はエンジェル投資に対して「かなりまとまった金額(数百万円?)からでないと投資できない」「投資先と個別に条件などを決めないとならない」といったイメージを持っています。
ネットを通じて数万円から簡単にできるエンジェル投資サービスというのがあるのでしょうか。
もしあれば、それはまさにこの分類に当てはまります。
そうしたサービスがあれば自分も是非投資してみたいと思います。






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【クラウドファンディング(ソーシャルファンディング)サービスの分類】

先日紹介した記事「ネット資金調達米国の賭け」やWBS特集「ソーシャルファンディング 資金調達は広く小口で」では、ネットを通じて個人から広く資金を集めてビジネス・プロジェクト・借り手などに融通することを「クラウドファンディング」あるいは「ソーシャルファン...

株式型クラウドファンディング事業者リンク

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)