記事一覧

maneo UBIグループ傘下に

少し前のことですが、6月にmaneoから郵送で「maneo通信」が届きました。

重要な連絡事項がいくつか記載されていました。

1.maneoのコンセプトチェンジ
2.成約時手数料の全廃
3.UBIグループの仲間入り
4.maneo社の黒字化
5.法人でのレンダー登録開始
6.代表挨拶


それぞれポイントだけ引用します。

1.maneoのコンセプトチェンジ
(以下引用)
スペシャルローンは安全性の高いオーダーメイドの仕組みを都度組成しており、
1件の延滞・デフォルトもなく、また、収益性も高いことから、レンダーの皆様にご支持いただいております。

個人ローンの分野に関しては同業他社によるサービス提供がなされていること、
弊社の強みがオーダーメイドの事業性ローンにあることに鑑み、今後は、
スペシャルローンに絞って提供を行ってまいる所存です。
(引用終わり)


妹尾社長が7月のスタートアップデイティングでのAQUSH大前さんとの対談の中でも話していた内容ですが、maneoはいったん個人ローンからは撤退し、事業向けに特化するとのことです。
すでにmaneoのサイトからは個人ローンの案件は消えています。
ただ、事業向けオンリーのビジネスモデルだと、すべての貸出案件の審査や貸出の仕組みづくりをすべて妹尾社長一人で行わなければならず、あまり事業の拡大が望めないという課題もあるとのお話でした。
事業向けへの特化はあくまで一時的な対応で、いずれはまた個人向けローンも手掛けていきたいとのことでしたので、その日を楽しみにしたいと思います。


2.成約時手数料の全廃
(以下引用)
 従来弊社においては、レンダーの皆様から案件成立時に成約時手数料として「投資金額×1.5%」をいただいておりました。
 このたび、本件手数料を全廃します。
これに伴い、投資可能金額も変更になりました。
(従来)投資可能金額=口座残高の約95%(ただし、1万円未満切り捨て)
(本件後)投資可能金額=口座残高の100%(ただし、1万円未満切り捨て)
成約時手数料が全廃されたことで手数料分の利回りが向上するとともに、
口座残高の5%のリザーブも廃止することができ、さらに投資効率が向上することになります。
(引用終わり)


以前の記事でも書きましたが、maneoは融資時には貸し手から手数料を取るのをやめました。
「借り手の借入金利」と「貸し手の貸出金利」の金利差(=利ザヤ)のみが収益源となるということです。
貸し手にとってはありがたい話です。

3.UBIグループの仲間入り
(以下引用)
弊社は、UBI株式会社のグループに入ることになりました。
UBI株式会社は、不動産のセール&リースバックを活用した企業支援・不動産や株式に対する投資、不動産特定共同事業に基づく投資ファンドを活用したオフバランス支援を事業とし、
バランスシートとキャッシュフローの改善による中小企業の活性化に取り組んでおり、
資本金10億円の企業です。

UBI株式会社の「売却による利益(キャピタルゲイン)を期待する投資商品ではなく、
毎月の安定的な収入(インカムゲイン)を確保する資産運用商品を提供する」という理念が、
弊社の理念と一致したことがグループ入りを決めた理由です。
(引用終わり)

maneoはUBIグループの傘下に入りました。
日本最初のソーシャルレンディングサービス会社で独立ベンチャーとしてこれまでやってきたmaneoが別の資本の傘下に入るのは少しさびしい気がしますが、吸収合併というような形ではなさそうなので、今後も経営の独立性は保たれるものと思います。
また、UBIの不動産担保ローンがmaneoで資金を募集して人気を博すなどシナジー効果がさっそく生まれており、maneoの収益にも貢献しているようなので、良かったと思います。

ただ、これによりmaneoへの投資について「UBI株式会社の経営リスク」という新たなリスクが生まれたと言えるでしょう。UBI株式会社が何らかの投資に失敗するなどして大きな損失を被った場合、maneoの経営に影響しないとは限らないと思います。




↑SBIソーシャルレンディングでの投資はこちらから





↑SBIソーシャルレンディングでの借入はこちらから

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


CRE Funding

マザーズ上場企業が手掛ける
不動産クラウドファンディング


ポイントで投資できる
不動産クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING


東証一部上場企業が運営する
不動産クラウドファンディング
Jointoα(ジョイントアルファ)


アジア圏への投資 COOL

上場企業・有名企業への投資

不動産・ホテルに投資
CREAL


中古不動産の再生に投資


鳥取から世界を救う!


“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


1万円から始める不動産投資
ASSECLI


上場企業ケネディクスが手掛ける
オンライン不動産投資プラットフォーム
ビットリアルティ


証券会社が運営する
ソーシャルレンディング
willcrowd


リノベーションで地域再生


マザーズ上場の不動産会社が手掛ける


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング
Pocket Funding


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


上場企業が運営していて安心


いつでも出し入れ自由


東証一部上場企業が運営していて安心





このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)