記事一覧

運営しているアパートで滞納が発生しました

私が運営するアパートの1室で、賃料の滞納が発生しました。
滞納が発生したのはこれで2度目です。

まず、対象の入居者が入居したのは、2023年6月です。

そして、2023年10月に、管理会社より以下の連絡がありました。


早速ではございますが、以下のお部屋について保証会社より連絡がございましたのでご報告いたします。

【物件・号室】XXXX YYY号室

以前より滞納を繰り返してるご入居者様となり、長期滞納化することが懸念されるため、明け渡し訴訟の準備を進めてまいりたいと存じます。

状況としましては、ご契約者様に架電しており繋がっておりますがお支払いが難しいということでした。
緊急連絡先の方は繋がっておりません。
9/28に訪問しており、ライフラインは正常に動いています。

なお、今般の家賃滞納及び仮に訴訟となった場合を含めまして、 全ての手続きを保証会社へ委任する為、オーナー様の御手間を煩わせる事はございませんのでご安心くださいませ。
また、明け渡しとなった場合には以下の保証がございます。

《保証内容》
・賃料 24ヶ月
・原状回復工事5ヶ月分(契約者様からの署名・捺印が必須)
※短期解約違約金対象外

取り急ぎ、訴訟委任状を郵送しております。
お手元に到着次第、ご署名・ご捺印の上、弊社までご返送いただけましたら幸いです。

突然のご報告によりご心配をおかけし申し訳ございません。
ご不明な点がございましたら、ご連絡いただけたらと思います。
何卒、宜しくお願い致します。



入居してわずか4か月ですが、もう家賃の滞納を繰り返しているとのことです。
最初から家賃を払うつもりがなかったのでしょうか。
まあ家賃は保証会社が支払ってくれるので私は損はしていないのですが。

保証会社が訴訟の準備を進めてくれるとのことなので、それを待ちたいと思います。

そして、年が明けて2024年2月、管理会社から以下の連絡がありました。

以前ご連絡をさせていただいております、
【xxxx yyy号室】の訴訟の件で進捗のご連絡です。
催告予定日が決定いたしました。

2024年3月4日(月)14時00分~
実際に明渡断行が行われる前に、
執行官・弊社手配の立会い業者が物件の中に入り、
占有の状況や荷物の量等を確認する手続となります。

なお、催告当日に荷物が残っておらず、
部屋が空室と判断されましたら、当日明渡終了となり、保証終了することになります。

催告後、明渡断行日が決定いたしますのです、決まり次第 再度ご連絡をいたします。

明渡が確定次第、次回募集を開始させて頂きます。

ご心配をおかけておりますが、引き続き宜しくお願い致します。



3月に「催告」が行われるとのこと。
実際に明渡が行われる前に、執行官・管理会社手配の立会い業者が物件の中に入り、占有の状況や荷物の量等を確認する手続とのことです。

そして催告の当日、入居者は不在だったとのこと。

3月6日に、管理会社より以下の連絡がありました。

以前ご連絡をさせていただいております、
【xxxxxx yyy号室】の訴訟の件で進捗のご連絡です。

断行予定日が決定いたしました。
2024年3月29日(金)13時00分~
(状況)
事前に本人から保証会社に退去した旨の連絡がありましたが、残置物があったことから、トラブルを避けるために、
執行官が即日断行にせず後日の断行日を設けたとのことでした。

断行日に室内に残置物があった場合、執行官の判断により、処分するか売却するかを決めることになりますが、
いずれにせよ断行日にお部屋は明け渡しを受けることになります。
なお、同日にて家賃発生終了となります。

早期入居となるよう斡旋に尽力してまいりますので何卒宜しくお願い致します。



断行がどのように行われるのか興味があったので、私も立ち会ってよいか管理会社に確認したところ、OKとのことでした。

さて断行の当日、私が現地に行くと、そこには、
執行官2名
開錠業者1名
管理会社のスタッフ1名
保証会社のスタッフ1名
残置物を運び出す業者5名
の計10名もの人員が揃っていました。

そして、13時になると、執行官が何度もインターホンを鳴らし、ドアをノックし始めました。
しかし、反応がありません。
執行官が
「xxさん、裁判所です。開けますよ、こちらで。裁判所です。」
と呼びかけましたが、やはり反応がありません。
執行官からの指示で、開錠業者が扉を開錠しました。
扉が開き、執行官が部屋の中に入りましたが、やはり入居者は不在でした。
そして、部屋の中には、ベッド・ソファ・テレビ・テーブル・冷蔵庫・洗濯機といった家具や、ゴルフバッグ・脱ぎ捨てられた衣服・飲みかけのペットボトルが残されており、散らかった状態でした。
業者5名がすぐにそれらの荷物を運び出し、表にとめたトラックに次々と積み込んでいきます。
なお、運び出された荷物は、保証会社により即時売却されるとのことです。

作業は30分ほどで完了し、部屋は空になりました。
部屋の中は、床やシンクなどに多少の汚れはありましたが、それほど荒れているという感じではなかったので、一安心です。
こうして、断行は無事に完了しました。
これで次の入居者の募集ができます。

断行に立ち会ったのはもちろん初めてですが、勉強になりました。

次回は「ソーシャルレンディング事業者紹介および評価(2024年版)「DARWIN funding」「FUNVEST」」の予定です。


CAMEL

SOLMINA(ソルミナ)

B-Den(ビデン)



property+(プロパティプラス)

マリタイムバンク





プレファン

WARASHIBE



victory fund












バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)

イークラウド


ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


上場企業・有名企業への投資
Funds


中古不動産の再生に投資



アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding


FUNDINNO(ファンディーノ)


不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook












関連記事

コメント

シッコウ!!

去年、執行官をテーマにしたTVドラマやってましたが面白かったですよ。
そのドラマでも開錠係の人なんかもいて、けにごろうさんのお話伺って中々リアルだったんだな~と感じました。

https://www.tv-asahi.co.jp/shikkou/

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)