記事一覧

接骨院を閉院することにしました(1)

私が経営する接骨院について、事業譲渡を試みたができず、結局閉院することになった話の続きです。
閉院するには院内の設備などを全て廃棄して物件を原状復帰しなければならず、かなりの費用が掛かると思われるのでできれば避けたかったのですが、やむを得ません。

まずは院長に来月で閉院することを伝えました。
院長にはすでに事業譲渡の話はしていたので、閉院の話を伝えてもそれほど驚きはなく、冷静に受け止めてくれたようです。
院長と相談の上、最終営業日を来月のいつにするか決めました。

次に不動産屋に連絡し、閉院するので退去することを伝えました。
契約上、退去は3か月前までに伝えないとならないことになっていたので、退去日は3か月後としました。
原状復帰について確認したところ、スケルトンの状態で返してほしいとのことでした。
スケルトンとは、内装や設備等はすべて取り払い、コンクリートが打ちっぱなしで配管がむき出しになっている状態を指します。
また、何点か確認し、以下の状態で返すこととなりました。

・シャッターに書かれている「XX接骨院」という文字は消す
・玄関と中の段差で、コンクリートの段差があるが、この段差はそのままでよい
・水のタンクが格納されているスペースの扉については、そのままでよい
・外壁についている電光掲示板については撤去し、、穴埋めする
・1階と2階のブレーカーについてはそのままでよい

これを受けて、原状復帰工事と院内の機器の廃棄を実施してくれる工務店を探しました。
まず、院長が以前自分の営業していた接骨院を閉院した際に依頼したというA工務店を紹介してもらいました。A工務店に連絡して見積もりを依頼したところ、すぐに現地を確認に来てくれ、数日後に1,681,900円(税込)との見積もりを提示されました。
また、私が昨年古家投資の視察を行った際に知り合ったB工務店にも連絡し、同様に見積もりを依頼しました。そうしたところ、下請け業者にも現地確認に同行してもらう必要があるとのことで、実際に現地確認に訪れたのは2週間後でした。
そして、いつまでたっても見積もりが出てきません。状況を確認したところ、
「何点か不動産屋に確認したい点があり、直接不動産屋に連絡している」
とのこと。何を確認しているのか聞いたところ、
「屋外の配管が排水管に接続されており、明らかにおかしいので、その配管をどう撤去したらよいか相談していた。結果としては、排水管からできるだけ近いところで配管を切って塞ぐことになった。」
とのこと。
結局、B工務店から見積もりが出てきたのは、依頼してから1ヶ月以上経ってからのことでした。しかも見積もり金額は3,080,000円(税込み)と、A工務店よりもはるかに高い金額でした。
当然A工務店に発注することにしました。
A工務店によると、工事にかかる期間は1ヶ月ほどとのことで、不動産の引き渡しまでには十分間に合う予定です。

さて、その他閉院に伴って実施しなければならない細かい作業がたくさんあります。

・患者への閉院の通知
・回数券払い戻し
・ホームページへの閉院のお知らせ掲載
・柔整師会解約 健康保険の請求を依頼していた柔整師会に解約の連絡
・区役所届け出 区役所に閉院の届け出
・関東厚生局届け出 関東厚生局に保険請求終了の届け出 
・雇用契約終了手続き 雇用契約終了に伴い、スポット社労士に社会保険等の切り替えの手続きを依頼
・電話・インターネット解約
・水道解約
・電気解約
・AirPay解約 クレジットカードやキャッシュレス決済のサービスであるAirPayを解約
・ホームページ解約
・エキテン解約
・AirReserve解約 オンライン予約サービスであるAirReserve解約を解約
・LINEAccount解約
・カルテの保管 カルテは、閉院後も3年間は保管しておく義務があるとのこと。自宅に送付し、自宅で保管することにした。
・Google広告終了
・ジョブカン解約 勤怠管理システムのジョブカンを解約
・機器下取り 院内の機器で、下取りに出せるものがないかリサイクルショップなどに査定を依頼。結果、ソファが500円で売れたのみ。
・転居届 郵便局に転居届を提出し、郵便物を自宅に転送するよう依頼
・現金回収 レジに残っていた現金を回収

並行してこれらの作業を実施しました。

次回は「ソーシャルレンディング事業者紹介および評価(2024年版)「Bankers」「オルタナバンク」」の予定です。


SOLMINA(ソルミナ)

B-Den(ビデン)



property+(プロパティプラス)

マリタイムバンク

SAMURAI FUND





プレファン

WARASHIBE



利回りくん

victory fund












バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)

イークラウド


ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


上場企業・有名企業への投資
Funds


中古不動産の再生に投資



アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding


FUNDINNO(ファンディーノ)


不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook












関連記事

コメント

No title

総括ありがとうございます。
撤退費用がこれだけかかるんですね・・・。M&Aのすごく有益な情報だと思います

No title

いつも参考になります。
お辛いことも多いと思いますが、頑張ってください。
応援しています。

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)