記事一覧

ソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングサービス2023年貸出額ランキング・シェア

前年度に引き続き、2023年度の各サービス年間貸出額ランキングを発表します。

なお、年間貸出額の算出にあたっては、各サービスが公表している募集実績の値や、ゴクラクで公開されている募集実績金額を元にしました。

過去の記事はこちら
ソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングサービス2022年貸出額ランキング・シェア
ソーシャルレンディングサービス2021年貸出額ランキング・シェア
ソーシャルレンディングサービス2020年貸出額ランキング・シェア
ソーシャルレンディングサービス2019年貸出額ランキング・シェア。maneoに代わり1位になったのはあのサービス
ソーシャルレンディングサービス2018年貸出額ランキング・シェア
ソーシャルレンディングサービス2017年貸出額ランキング・シェア
ソーシャルレンディングサービス2016年貸出額ランキング・シェア
ソーシャルレンディングサービス2015年貸出額ランキング・シェア

各サービスの年間貸出額(2023年)ランキングは以下の通りです。
ソーシャルレンディング2016-01ソーシャルレンディング2016-02ソーシャルレンディング2016-03

■全体

サービス事業者の数は前年の56社から75社に増えました。(年間貸出額が0のものは除く)
また、全事業者の年間貸出額の合計は、2769.5億円でした。

■年間貸出額ランキング
年間貸出額ランキングは以下の通りでした。

1位:クラウドバンク(441.9億円・シェア16.0%)
2位:COZUCHI(369.3億円・シェア13.3%)
3位:CREAL(293.1億円・シェア10.6%)
4位:Bankers(204.5億円・シェア7.4%)
5位:オルタナバンク(旧SAMURAI FUND)(195.5億円・シェア7.1%)

1位は前年に引き続きクラウドバンクでした。
年間貸出額441.9億円と、昨年よりはやや貸出額は減少しましたが、今年も安定の首位です。

2位は、こちらも前年に引き続きCOZUCHIでした。
不動産クラウドファンディングの中ではトップとなりました。

3位はCREALでした。
前年度は年間貸出額は22.6億円・ランキング14位とかなり低い水準でしたが、今年は年間貸出額293.1億円と一気に10倍以上に伸ばしました。

4位は昨年に引き続きBankersでした。

5位はオルタナバンクでした。
前年度は年間貸出額は63.1億円・ランキング7位でしたが、今年は年間貸出額195.5億円と3倍以上に伸ばしました。

6位はファンズでした。
前年度の3位から若干順位を下げました。

7位はTECROWDでした。

8位は、前年5位のレンデックスでした。

■シェア

各サービスのシェアを円グラフで表すと以下の通りです。
グラフ

前年は1位のクラウドバンクが27.6%を占めていましたが、今年は16.0%とかなりシェアを下げました。
クラウドファンディング業界は寡占状態から群雄割拠の時代へと移行しつつあると言えます。

■新規参入事業者
2023年の新規参入事業者は、以下の4社でした。
SnapCrab_NoName_2024-1-9_19-39-42_No-00.png

新規参入事業者としては、LEVECHY(年間調達額37.9億円・ランキング14位)が最も健闘しました。

■市場規模推移

2015年~2023年のソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディング市場規模の推移は以下の通りです。
棒グラフ

まず、グラフの通り、ソーシャルレンディング市場規模は2015年から2018年まで右肩上がりで成長してきました。
しかし、2018年は1972.5億円だった市場規模は、2019年には1290.4億円と35%ほど縮小しました。これはmaneoなどいくつかのサービスの中止の影響です。
そして2020年には1073.2億円と、さらに前年から18%ほど縮小しました。この市場規模縮小の主な原因は新型コロナの影響だと考えられます。
2021年は、3年ぶりに市場規模が拡大しました。1437.0億円と、前年から30%以上の拡大です。
2022年には1910.5億円とさらに市場規模が拡大しました。過去最大だった2018年に次ぐ規模となりました。
そして2023年には2769.5億円と前年から一気に40%以上も規模を拡大し、過去最大の市場規模となりました。
業界は、2019年から続いていた低迷の時期を完全に脱し、復活を遂げたと言えます。

特に、年間調達額について、シェア2位COZUCHIは194.0億円⇒369.3億円と2倍近くの増加、
シェア3位CREALIは22.6億円⇒293.1億円と10倍以上の増加、
シェア5位オルタナバンク(旧SAMURAI FUND)は63.1億円⇒195.5億円と3倍以上の増加を果たしています。

2024年も市場拡大傾向は持続するものと考えられます。

次回は「不動産クラウドファンディング「Joint Owners」サービス開始」の予定です。


SOLMINA(ソルミナ)

B-Den(ビデン)



property+(プロパティプラス)

マリタイムバンク

SAMURAI FUND





プレファン

WARASHIBE



利回りくん

victory fund












バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)

イークラウド


ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


上場企業・有名企業への投資
Funds


中古不動産の再生に投資



アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding


FUNDINNO(ファンディーノ)


不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook












関連記事

コメント

No title

接骨院の総括はしないのでしょうか?

整骨院は継続してますか?

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)