記事一覧

不動産クラウドファンディング協会がデータベースを公開

2023年12月19日に不動産クラウドファンディング協会が不動産クラウドファンディングデータベースを公開しました。

また、同日に公開イベントが開催されたので、その様子をレポートします。

■配布資料
スキャン_20231221
スキャン_20231221 (2)
スキャン_20231221 (3)
スキャン_20231221 (4)
スキャン_20231221 (5)
スキャン_20231221 (6)
スキャン_20231221 (7)
スキャン_20231221 (8)
スキャン_20231221 (9)
スキャン_20231221 (10)
スキャン_20231221 (11)
スキャン_20231221 (12)

■データベース紹介
screencapture-prop-crowdfunding-org-histories-2023-12-21-16_37_13.png
screencapture-prop-crowdfunding-org-histories-fund-2023-12-21-16_41_12.png


■質疑応答
Q:今後どのようにデータベースの規模を拡大していくか。どのような情報を掲載する予定か。

A:現状、会員企業以外からの情報は取得できず、データベースにも反映できない。会員を増やしたいと考えている。
 また、既に発足している日本クラウドファンディング協会と協業できないかディスカッションをしている。

Q:信頼性の向上のため、今後どういった情報を掲載していく予定か。

A:まずは、淡々と事実を掲載する方針。今後は、ビジュアル的に見やすくすることも考えている。

Q:データベースに情報を登録することは、会員企業にとってどのようなメリットがあるのか。

A:業界全体として、透明性・信頼性を向上させるという意味がある。
 将来的には、協会の会員になることがステータスとなり、他社との差別化につながるようにしたい。

Q:虚偽の情報や誤った情報をデータベースに登録することについて、何らかの罰則はあるのか

A:罰則はないが、事務局にて登録内容を確認し、不明な点があれば確認するようにしている。

Q:データを収集し、いずれは業界全体の利回りや指数などを公開するのか

A:業界全体の利回りについては、メディアなどで取り上げられるようにするためには、いずれは公開したい。
 指数については現状では考えていない。

Q:現在、不動産クラウドファンディングのサービス数・ファンド数はどのくらいあるのか

A:ソーシャルレンディング・STOなども含め、現在把握している限り69社ある。
 ファンド数については不明。

Q:会員企業にとって、データベースへの登録は義務なのか。

A:会員企業にはデータベースへの登録は義務としている。

Q:データベースの登録は会員企業にとってそれなりの事務負担になると思うが、嫌がる企業はないのか

A:不動産クラウドファンディング事業者は元々年に1度国交省にファンド情報を提供する義務があるので、そのために情報をまとめる必要がある。データベースへの登録情報もそれと重複する部分があるので、それほどの事務負担にはならない。

Q:3号・4号事業者は現在何社あるのか

A:現在2社。
 現在、金融庁も3号・4号の免許の審査に非常に慎重になっており、免許を取るのに3年かかった事業者もある。

以上

次回は「不動産クラウドファンディング「ヤマワケエステート」サービス開始」の予定です。


WARASHIBE

上場企業・有名企業への投資
Funds


バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)

victory fund



利回りくん









不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook






イークラウド


ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding


日本初の株式型クラウドファンディング
FUNDINNO(ファンディーノ)

SOLMINA(ソルミナ)

B-Den(ビデン)



property+(プロパティプラス)

マリタイムバンク

SAMURAI FUND

プレファン


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ












関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)