記事一覧

バンカーズホールディングスがクラウドクレジットを完全子会社化

クラウドクレジットがバンカーズホールディングスの完全子会社となりました。

<以下引用>
株式会社バンカーズ・ホールディング(本社:大阪府大阪市、代表取締役:澁谷 剛、以下「バンカーズ・ホールディング」)は、クラウドクレジット株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:杉山 智行、以下「クラウドクレジット」)の発行済株式の全株を2023年1月1日付けで取得し、完全子会社化することについて、最終合意したことを、お知らせいたします。
<引用終わり>



バンカーズ



<以下引用>
グループ化の目的
バンカーズ・ホールディングは、2020年12月より子会社のバンカーズを通じて、主に国内事業者向けの融資を対象事業とした貸付型ファンドによる、融資型クラウドファンディング事業を展開しております。一方、クラウドクレジットは、2014年6月より海外向けローンファンドに特化した融資型クラウドファンディング事業を8年以上に渡り運営する、海外案件の発掘および商品化のノウハウと経験を有する事業会社です。

今回、クラウドクレジットをバンカーズ・ホールディングのもとでグループに迎え入れる目的は、異なる強みと専門性を持つバンカーズとクラウドクレジットの業務経験者の合流により、グループとして、国内のみならず海外案件も対象としたより幅広い商品を取り揃え、投資家のみなさまに一層満足度の高いサービスを提供することにあります。
<引用終わり>



2022年5月にSBIソーシャルレンディングを買収したばかりのバンカーズですが、今回さらにソーシャルレンディング老舗のクラウドクレジットを傘下に収めました。狙いはクラウドクレジットに登録している55,000人以上の投資家だと考えられます。
バンカーズは2020年にサービス開始した後発ソーシャルレンディングサービスですが、相次ぐM&Aにより短期間での投資家獲得およびシェア拡大を目指す戦略がより鮮明になったと言えるでしょう。

<以下引用>
今後の運営体制
2023年1月1日をもってクラウドクレジットはバンカーズ・ホールディングの完全子会社となりますが、バンカーズとクラウドクレジットは、グループ内の人材交流やノウハウの共有はあるものの、バンカーズグループ傘下の別会社としてそれぞれのブランドでサービスを運営してまいります。
<引用終わり>



クラウドクレジットとバンカーズが同一グループとなりましたが、当面はそれぞれ別のサービスとして存続することになるとのことです。
将来的にはサービスの統合が図られるかも知れませんが。
ただ、今後クラウドクレジットとバンカーズ相互で投資家の誘導が行われるのは間違いないと思われます。
ちなみに、旧SBIソーシャルレンディングのサービスは2022年の合併に伴い中止となり、投資家はバンカーズに引き継がれる形となっています。

なお、バンカーズの2021年度の年間募集額は25.7億円(業界11位)で、
クラウドクレジットの2021年度の年間募集額は88.9億円(業界4位)です。
クラウドクレジットの方が募集額で3倍以上の規模だったのですが、今回の買収劇は小が大を買収した形です。

2社の年間募集額(2021年度)を合計すると、114.6億円となります。
年間募集額のランキングとしては、4位となり、順位はクラウドクレジット単独の場合と変わりません。ただ、3位のレンデックス(118.3億円)とほぼ並ぶ水準となります。
また、業界シェアとしては8.1%となります。かなりの存在感を示す規模と言えるでしょう。
SnapCrab_NoName_2023-1-6_21-17-40_No-00.png

今後もバンカーズの動向には注目したいと思います。

次回は「不動産クラウドファンディング「T’s Funding」サービス開始」の予定です。


property+(プロパティプラス)

マリタイムバンク

SAMURAI FUND





プレファン

ROCKET FUND

WARASHIBE



BATSUNAGU

利回りくん

victory fund












FUELオンライン

バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)

イークラウド

CRE Funding


マザーズ上場企業が手掛ける不動産クラウドファンディング




ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


上場企業・有名企業への投資
Funds


中古不動産の再生に投資



不動産・ホテルに投資
CREAL



アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!



FUNDINNO(ファンディーノ)


不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook











関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)