記事一覧

利回りくんオンラインセミナーに参加しました

利回りくんオンラインセミナーに参加しましたのでレポートします。

■開催日
2021年9月10日

■講師
株式会社シーラ 新規事業推進室室長 佐藤 英行氏 

■内容
●株式会社シーラの紹介

・不動産デベロッパー事業
ターゲットは、東京の単身者(賃貸の入居者)  
「シーフォルム」シリーズのマンションの開発・販売・管理を手掛ける。
IoT機器や、自転車を室内に保管できたりするコンセプトマンションもある
入居率99.5%

・不動産特定共同事業
投資家から集めた出資金で現物不動産を取得し、賃料収入を得て投資家に分配する。
不動産特定共同事業契約には、2つの種類がある。
任意組合型: 投資家が不動産の共有持ち分を持つ。
匿名組合型: 事業者が代表して不動産の名義人となる。

●不動産クラウドファンディング「利回りくん」について
・利回りくんのコンセプトは、「応援型不動産クラウドファンディング」
キャッチコピーは、「社会貢献・地域創生・誰かの夢に応援投資」
2021年6月23日にスタート

・オンラインで完結する応援型不動産投資クラファン
eKYCシステムにより最短2分で本人確認

・以前、当社でシーラファンディングというサービスを実施していたが、純粋に不動産の利回りを分配する事業スキームだった。
利回りくんは、応援型クラウドファンディングというユニークなポジションで、日本一を目指す。

・従来の不動産クラウドファンディングとの違い。
ユーザーは、利回りだけでなく、プロジェクトへの応援ができる。
提供価値は、ソーシャルグッド、体験型UXなど。

●ファンド紹介
・前澤友作氏の発案した「イヌネコヒルズ」
殺処分を減らすことを目的
都内には多頭飼いできるマンションが少ないので、多頭飼いできるマンションを開発しようというプロジェクト

・堀江貴文氏が所有するロケット会社の工場の建設費用を集めるプロジェクト。
出資者特典
 50万円以上出資⇒工場内にオーナーズボードを設置
 100万円以上出資⇒ロケットに名前を記載

・ライバーを応援するライバーズマンション
地方から上京してプロのライバーを目指す人向け。
防音設備などを充実。
出資者特典
 10万円以上出資⇒限定ライブ配信

・六本木ヒルズレジデンスに出資するプロジェクト
・シニアテックマンション
 IoTによる見守りシステム、カメラ付きナースコール、ドクターサービスなど。


●質疑応答
Q:シーラホールディングスの取締役会長は杉本宏之氏で、湯藤善行氏は代表取締役社長とのことだが、立場としてはどちらが上なのか。

A:立場の上下はなく、二人の役割が異なる。杉本はクラファンの担当役員。

Q:株式会社シーラ自体の出資者は?

A:株式会社シーラは親会社であるシーラホールディングスの100%子会社である。

Q:SYLA Fundingのときは小規模不動産特定共同事業で、出資合計額1億円までの制限があったと思うが、不動産特定共同事業に変わってその制約はなくなったということでよいか。

A:現在上限はなくなった。

Q:今後の予定案件は

A:一宮でサーフィンのオリンピックが開催されたが、そこに高級宿泊施設を建設中。
また、芸能人と一緒に、シェアガレージを開発するプロジェクトも検討中。

Q:最近の前澤氏や堀江氏の関連ファンドは運用期間が半年~20年となっている。他社のファンドと比べて期間が決まっていない理由を教えてほしい。

A:契約期間は決まっており、ひとつの契約期間は6ヶ月としている。
ただし途中解約はいつでも可能。
解約時手数料は一律1000円

Q:解約時の仕組みは

A:当社で買い取り、再度募集する。

Q:ソーシャルレンディングとの違いは

A:当社のサービスは不動産取引に関わるもののみとなる。

Q:物件は最終的に売却する想定なのか

A:基本的にそうだが、中には企画者側で買い取るという想定のものもある。ロケットファンドなど。

Q:売却が想定通りいかない場合はどうするのか

A:再度ファンドを募集して組成する予定。
もしそこで資金が集まらなかった場合は、事業者である我々が負担する想定。
商品設計の段階で、全てそうしたリスクを計算した上で設計している。

また、イヌネコヒルズについては、投資家に売却することを検討している。
区分で売却する想定。
売却額については非公開。

Q:20年も運用期間があると、もし金利上昇したときに、かなり解約が出ると思うが、再募集では予定利回りが変更されるのか。

A:再募集では予定利回りが変更される可能性もある。

Q:イヌネコヒルズの2回目募集は集まりが悪いように思うが。

A:特に理由はないが、前澤氏のツイートがないことが多少影響しているのかもしれない。

Q:募集金額の目標は

A:2025年に年間150億円を目指している。
投資家数は2025年に20万人を目指している。

Q:今後のビジョンは

A:現金だけではなく、ポイントで投資ができるシステムを検討している。年内にローンチしたい。
著名人とのつながりから、非常にスケールの大きな話も出てきている。

以上

次回は「新たな不動産クラウドファンディングサービス「FUNDROP」がスタート 」の予定です。



WARASHIBE

上場企業・有名企業への投資
Funds


バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ぽちぽちFUNDING


マザーズ上場企業が手掛ける不動産クラウドファンディング



みんなの年金

victory fund



BATSUNAGU

利回りくん









不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook






FUELオンライン

イークラウド

CRE Funding


ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング
SAMURAI証券


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!



日本初の株式型クラウドファンディング
FUNDINNO(ファンディーノ)


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)