記事一覧

<PR>WARASHIBEインタビュー

WARASHIBEを運営する株式会社SATASのマーケティング担当入澤 優智氏にインタビューさせていただきました。

■インタビュー日時
2021年5月28日

■インタビューさせていただいた方
株式会社SATAS マーケティング担当 入澤 優智氏


■内容

―小林代表の経歴についてうかがいたい。
大学卒業後、金融機関で勤務した後、不動産会社を子会社に持つ事業会社で経営企画や財務担当役員を務めた。
2020年から当社代表。

―株式会社SATASは1999年設立だが、これまでどういった事業を手掛けてきたのか。
不特法のコンサルティングを手掛けてきた。
2008年に、WARASHIBEの前身となる「ゆうゆう倶楽部」という不特法事業を開始。
2019年にWARASHIBEをリリース。
現時点でWARASHIBEのファンド組成数は21件、調達金額は11億円。

―社員数は何名か
役員4名、従業員21名
(主要資格保有者数)
宅建18名、不動産証券化マスター5名、不動産コンサルティングマスター1名、CPM(米国不動産経営管理士)1名、賃貸不動産経営管理士1名
一級建築士1名、二級建築士1名、管理業務主任者2名、ビル経営管理士1名、行政書士1名

―他の不動産型クラウドファンディングと比べてWARASHIBEの特色は
圧倒的な目利きによる高い商品性。仕入れ力には自信がある。
例えば、練馬区の武蔵関の案件は西武鉄道の再開発に関わるもので、利回りは12%だった。
広尾の区分店舗は利回り4.5%で、インカムゲイン重視型。
なおWARASHIBEでは、インカムゲイン型でも、早期売却ができた場合はキャピタルゲインの配当も行う方針。

また、徹底的なリスクヘッジを行っており、例えば現在募集している田端EXITファンドは、募集開始時点で売却先が決まっている。

―途中解約が可能とのことだが、どのような仕組みとなっているのか
基本的に会社が買い取る。
不動産は流動性が低いので、流動性を高めたいという意図がある。

将来的にはユーザー間で売買が可能になるようシステム開発を行う予定。
期間が長いファンドでも、途中で売却可能とする。
都心などでは地価が上がっていくので、その価値をどう反映するか検討している。
また、利回りも反映する形にしたい。

―投資家全員が解約を申し込んでも返金可能なのか
その場合、すぐには対応できないと思うが、一定期間で返金可能だと考えている。
会社の出資者との間でコミットライン契約があるので、資金は用意できる。
現在のところ5億円ほどの規模でやっているので、解約に応じることは可能。
ただ、将来的に規模が拡大すると、全員の解約に応じることは難しくなるだろう。

―別途解約手数料がかかるとのことだがどの程度か
一律3300円(税込)かかる。
いつでも売れて、いつでも買える、というようにしたい。

―優先劣後システムによるリスクの低減を図っているが、劣後出資の比率はどの程度か
平均すると60%ほど。
自己資金で60%ほど投資しており、投資家からは残りの40%を集めているということになる。

―投資対象の不動産物件はどのようなものか(住宅・商業不動産など)
特に限定はしていない。
そのまま売っても損をしない、負けない物件を対象としている。
例えば、坪単価190万円のアパートを購入し、いずれ取り壊して売却する、といったスキーム。

―投資対象の物件はどのように探すのか
現在は人のネットワークが中心。
不動産は、情報をもらってすぐに決済できるかどうかが重要。
当社は、すぐに決済できるようにしているので、いろいろなところから情報が入ってくる。
仕入れの担当は各々独自に行動している。

―物件の審査はどのように行うのか。また、その体制は。
物件が存在しているかどうかは、謄本や、販売業者の信頼度などで判断する。
審査については10名ほどの社員からなる投資委員会で行っている。

―投資期間が過ぎた後は物件は売却するのか
その通り。

―予定通り売却できない場合は
その時点で一度清算を行う。会社として保有し続け、資金は投資家に返済する。
返済資金は会社から出す。

―応募金額を上回った場合は抽選となるのか
基本的には抽選となる。
案件によっては先着順のものもある。

―現在募集中の田端 EXITファンドⅠについて、利回り12%と非常に高いが、どのような仕組みとなっているのか
物件を購入し、取り壊して立て替える予定だったが、取り壊す前に購入希望者がいたので、そのまま売却することにした。
この案件はもともと投資家に対して公開する予定だったので、予定通り募集した。
たまたま売却が決まってしまったのでこういう形になった。

―手数料はどの程度とるのか
出資時の手数料は特にとっていない。

―経営についてコロナの影響は
WARASHIBEに関してはあまり影響ない。
不動産業界全体としては、オフィス系のビルはダウンサイジングをしている。飲食系も厳しい。
ただ、住宅は好調。

―募集金額の目標は
現在預り資産は5億円ほどだが、3年で1000億円とするのが目標。
案件は大幅に増やしたい。
流動性を確保するため、分別保管や信託化を進めていく必要がある。
ただ、案件の規模を大きくすると利回りは下がっていく傾向がある。

―今後の展望は
サービス面では、流動性を高めるとともに、複利や毎月分配型の商品を作り、半年以内にリリースしたい。
ETFに負けない商品としたい。
また、保育園など社会貢献型の案件も出したい。
投資家のニーズを踏まえて検討したい。

ー株式会社SATAS自体の経営状況は
経営状況に問題はない。
不特法では、事業者が黒字であることが条件となっているので、黒字は出し続けている。

―決算書を公開したり外部の監査を受ける予定は
今後公開予定。
決算書の公開は、信用を高めるためにも必要と考えている。

以上

次回は「ソーシャルレンディング事業者紹介および評価(2021年版)「i-Bond」「ビットリアルティ」 」の予定です。


上場企業・有名企業への投資
Funds


バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)

ぽちぽちFUNDING


マザーズ上場企業が手掛ける不動産クラウドファンディング




不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook






WARASHIBE

FUELオンライン

イークラウド

CRE Funding


ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング
SAMURAI証券


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!



日本初の株式型クラウドファンディング
FUNDINNO(ファンディーノ)


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ








関連記事

コメント

No title

<PR>が付いているという事は広告記事ですよね?
今までの似たような取材記事も先方からの依頼だったのですか?

非難するつもりはなくて単純に知りたいです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
依頼を受けて掲載した記事には<PR>を付けています。
そうでないものには付けていません。

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)