記事一覧

【海外】銀行が消費者の利益を満たすことができなくなるにつれZopaの需要が急増

英国のソーシャルレンディングZopaについてのニュースを紹介します。

ただし自分の翻訳なのであまり当てにはしないでください。英語を訳すのは久々です。

Zopa sees surge in demand as banks fail to meet consumer interests


(引用(翻訳)開始)
銀行が消費者の利益を満たすことができなくなるにつれZopaの需要が急増

伝統的な銀行が貸出の基準を厳しくし、金利を生みだすローンの利ザヤをしぼりとるにつれて、英国のP2P金融Zopaが消費者の興味を大いに惹きつけている。

今週で6年目を迎えるZopaは貸出総額1.25億ポンドを超え、昨年から80%の増加となっている。

Zopaによると、貸出は毎月500万ポンド以上増加しており、イギリスの無担保個人ローン市場の2%以上を占めているという。

同社は、消費者はますます借り手にとってのより安い金利と貸し手にとってのより良いリターンを期待して、伝統的な銀行融資に代わるものとしてZopaに目を向けているという。

Zopaの共同設立者でCEOのジャイルズ・アンドリュースは、このように言っている。
「銀行は預金金利と借入金利の間の大きな利ザヤを取り続けており、国に対してより良い奉仕をすべきだという圧力に抵抗している。また、納税者により救済されているもっとも大きな存在にも関わらず、継続的に消費者を引き裂いているとイングランド銀行総裁から非難されている。より多くの人たちがP2P金融について耳にすることは驚くべきことではない。彼らはZopaに群がっている。」

アンドリュースは、ゾーパの貸し手は過去12カ月間以上にわたり年率7.6%(手数料徴収後・貸し倒れは考慮しない)の平均リターンを享受しているという。さらに、Zopaローンのデフォルト率は、わずか0.7%であり、英国内の無担保ローンの中でも最低のままであるという。

(引用(翻訳)終わり)


貸出総額が年率80%の増加というのはすごいですね。日本のソーシャルレンディングも近い将来ブレイクすればこのようになるかもしれません。
イギリスでは銀行からソーシャルレンディングへのシフトが既に起きているということです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)