記事一覧

確定申告にて経費を計上しすぎることのデメリット

今回は不動産投資に関する話です。

昨年の11月、以前よりお付き合いのあった不動産業者より、投資用不動産物件の紹介がありました。
埼玉県の中古1棟マンションで、重量鉄骨3階建て、土地面積約150㎡、総戸数8戸、最寄駅から徒歩16分、築30年以上という条件です。
想定賃料収入(年間)は約530万円です。

売却希望価格は約6000万円でしたが、4500万円で購入希望を出してみてはどうか、という業者からの提案でした。
4500万円で購入した場合、表面利回りは11.8%となります。
この物件を、某地方銀行から、金利1.95%、返済期間27年、借入額4000万円で融資を受けて購入するという想定です。

条件としては悪くないと思ったので、業者に連絡して、その週末に一緒に現地を視察しました。
築30年以上とのことでしたが、外壁や階段などは比較的きれいで、すぐに修繕が必要となりそうな箇所は見当たりませんでした。
(あくまで素人である私の判断ですが)
なので、購入を進めることにしました。

まずは業者を通じて銀行に融資審査を申し込みました。
過去の確定申告書や資産の状況を示す資料などを送付し、審査結果を待ちます。

2週間ほどして、審査結果が出たとの連絡がありました。
残念ながら希望していた4000万円の融資は下りず、3400万円しか下りないとの結果でした。

希望した融資額が出なかった理由としては、過去の確定申告書において、節税のために経費を多く計上し、事業所得をマイナスで申告していたため、その分所得金額が少ないものと評価されてしまったためとのことです。

(2020年の確定申告書)
確定申告-2

2020年の確定申告書をご覧になっていただければわかる通り、事業所得をマイナス127万円で申告しており、実際の給与所得は479万円であるにもかかわらず、所得金額351万円と評価されてしまったため、融資金額を減らされてしまったということです。

なお、その後購入希望を出しましたが、結局4500万円での指値は通らず、この物件を購入することはできませんでした。

今回の件で、確定申告で経費を計上しすぎることの問題点を認識し、反省しました。
確かに経費を多く計上すればその分所得税額は減りますが、今回のように銀行からの融資を受ける際には不利となってしまうという点にいまさらながら気づきました。
今後も不動産投資を拡大していこうと考えるのであれば、経費を計上するのもほどほどにしようと思います。

今年もちょうど確定申告の時期となりましたが、少なくとも事業所得がマイナスにはならない程度にするつもりです。

次回は「サラリーマンでも飲食店オーナーになれるか(9) 」の予定です。


上場企業・有名企業への投資
Funds


バンカーズ

Jointoα(ジョイントアルファ)
ぽちぽちFUNDING


マザーズ上場企業が手掛ける不動産クラウドファンディング




不動産の目利きには自信あり!
OwnersBook


FUELオンライン

イークラウド

CRE Funding


ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング
SAMURAI証券


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!



日本初の株式型クラウドファンディング
FUNDINNO(ファンディーノ)


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ















関連記事

コメント

これは…

節税というより脱税のように見えますが内容は大丈夫なのでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)