記事一覧

GFA株式会社がソーシャルレンディング事業への参入を表明しました

ファイナンシャルアドバイザリー事業・投融資事業を手掛けるGFA株式会社がソーシャルレンディング事業への参入を表明しました

GFA株式会社

SnapCrab_NoName_2020-8-1_11-23-14_No-00.png

■運営会社
●概要
GFA株式会社は2002年設立で、2006年にジャスダック上場しています。
宅地建物取引業、貸金業、第二種金融商品取引業、投資助言代理業の登録をしています。
ファイナンシャル・アドバイザリー事業としては、資金調達のスキーム策定やM&Aのアドバイス、不動産流動化・証券化に関するストラクチャリング業務などを手掛けています。
また、不動産事業として、賃貸事業・売買・仲介事業・不動産担保ローンなどを手掛けています。

●代表者
代表取締役は片田 朋希氏です。

経歴(日経新聞より)
片田 朋希氏(かただ・ともき)02年(平14年)東洋大法卒、07年インヴァスト証券入社。
16年M&J代表取締役、17年合同会社IGK業務執行役員。広島県出身。40歳


左が片田 朋希氏と思われます。

●出資者
GFA株式会社はジャズダックに上場しています。

●悪いうわさなど
調べたところ、2012年の日経新聞の記事が見つかりました。

<以下引用>
コンサル会社社長を逮捕 「関東連合」名使い恐喝未遂容疑

暴走族「関東連合」の名前を出してジャスダック上場の金融関連会社GFAから現金5千万円を脅し取ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策3課は6日、東京都港区赤坂4、コンサルタント会社社長、原敏郎容疑者(49)を恐喝未遂の疑いで逮捕した。
<引用終わり>


日経新聞

上記の記事によると、GFA社は被害者(未遂)のようですが、この恐喝未遂を行った企業が一時期GFAの筆頭株主であったことは事実のようです。

■サービス
同社のソーシャルレンディングサービスについて、以下の通りプレスリリースされています。

ソーシャルレンディング事業について

<以下引用>
1. 当社の目標

当社は過日開示した『投資銀行宣言』の通り、サスティナブルな環境を構築し、全世界の人から必要とされる会社になる、ITにより途上国の人たちに、沢山の収益構築機会を提供し、世界中から貧困をなくすことを目標にしております。

ソーシャルレンディング事業は、主に日本及び中国を除くアジア各国での展開を想定しております。当社が持つ貸し出しのノウハウや借主の評価、債権の回収のノウハウを活かしソーシャルレンディング事業を行うことで、世界における貧困撲滅に貢献できると信じております。

2. ソーシャルレンディングの必要性
ソーシャルレンディングは、途上国でとんでもないくらいに開いている格差を埋めるためのツールになります。ソーシャルレンディングを通じて、どのような方々であっても貸し手になることが可能です。たとえ少ない資金であっても、労働の対価として得たお金に働いてもらうことが可能となります。そしてそこから得られる収益で、少ないかもしれませんが、選択肢を増やすことが可能となります。

また多少であっても、金融知識を身につけることにより、労働の対価に頼った生活から、ほんの少し脱却することも可能となり、今よりも必ず豊かな生活ができると信じております。

3. 担保付きローンを前提
当社が提供するソーシャルレンディングは、すべて担保付きを想定しております。これにより投資資金は保全されリスクは無担保に比べて大幅に減少します。

4. BLUEBELT株式会社との基本合意

当社は2020年5月28日の取締役会にて、BLUEBELT株式会社が保有する子会社(以下、「対象会社」という)と対象会社が行っていた、もしくは準備を進めていたソーシャルレンディング事業を買い受けることに関して基本合意書の締結を決議し発表いたしました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大により各種デューデリジェンスが遅延しております。株式譲渡契約の締結につきましては決定しましたら、速やかに開示いたします。

対象会社の子会社はアジア各国でソーシャルレンディング事業の開始準備を行っており、BLUEBELT株式会社との株式譲渡契約を締結した場合、当社のソーシャルレンディング事業をいち早く軌道に乗せることができると考えております。



上記のプレスリリースのポイントは以下の通りです。

・投資対象は途上国
投資対象は途上国とのことです。
ネクストシフトファンドのようにマイクロファイナンスを手掛けるものと思われます。

・ 担保付きローンを前提
担保付きローンを前提とするそうです。
途上国を対象として担保というと土地や自動車・機械などでしょうか。

・BLUEBELT株式会社が保有する子会社を取得
もともとこのサービスはBLUEBELT株式会社という会社が保有する子会社が準備を進めていたものだそうです。
今回その会社を取得し、サービスを開始する予定だそうです。

●案件紹介
案件の内容やサービス開始時期については触れられていません。

ただ、サービスの紹介動画がアップされています。


説明は全て英語で字幕もないので私には半分くらいしか理解できませんでしたが、
・お金の貸し借りは「ローントークン」を通じて行われる。
・投資家は「ローントークン」を売買できる。
という仕組みのようです。
実現すればユニークなサービスとなりそうです。

次回は「ソーシャルレンディング事業者紹介および評価(2020年版)「ポケットファンディング」「J.Lending」 」の予定です。



イークラウド

CRE Funding


マザーズ上場企業が手掛ける不動産クラウドファンディング




ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)



不動産ファンドのプロが独自のスキームで参戦




不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING



“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


上場企業・有名企業への投資
Funds


中古不動産の再生に投資



証券会社の手掛けるソーシャルレンディング




不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング
SAMURAI証券



アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!



FUNDINNO(ファンディーノ)





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)