記事一覧

アパート売却の依頼をしました

今回はアパート経営に関する話題です。

半年ほど前に試しにアパート売却の一括査定を行ってみました。
特に積極的に売却する気はなかったのですが、現在の価値がいくらくらいなのか知りたかったためです。

その後そのことはすっかり忘れていましたが、一括査定を依頼した不動産会社のうち1社から最近連絡があり、売却しないか、との申し出がありました。
現在もあまり売却は考えていませんが、もちろん良い価格で売れるのであればもちろんいつでも売却してもよいと考えています。
そのため、一応会って話を聞いてみることにしました。

どのように売却活動を行うのかについては、不動産会社のサイトとat home,SUUMOといったサイトに物件情報を掲載し、また既存の顧客に営業活動をするとのこと。
また、物件の写真は不動産会社の方で現地に行って撮ってくれるとのことです。
私がやることは、物件の入居状況と間取りがわかる資料を提示することだけでした。
特に売却が決まるまでは手数料などはかからないとのことなので、とりあえず売却活動だけはしておいても損はないと思い、依頼することにしました。

売却希望額は1.5億円としました。
2年前に約1億円で買った物件なので1.5億円で買う人がいるとは思えませんが、万一売れればラッキーですし、もっと安い価格なら買っても良いという人が現れるかもしれません。
その場合はある程度は交渉の余地があります。

また、売却手数料として、本体価格×3%+60000円に消費税10%がかかるとのこと。
仮に1.5億円で売れた場合、501万6000円の手数料がかかることになります。

また、不動産売却の契約として、以下の3つがあるとのことです。

・専属選任媒介契約
・専任媒介契約
・一般媒介契約

専属選任媒介と選任媒介では、売却活動を行う会社は1社のみとなります。また、レインズ(国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステム)への登録の義務があります。

専属選任媒介では、もし売り手が自分で買い手を見つけた場合でも、契約している不動産会社を通さないとなりません。
専任媒介では、自分で買い手を見つけた場合、不動産会社を通さなくてもよいそうです。
まあ自分で買い手を見つけることは多分ないと思うので、あまりこの2つの違いは気にしなくてよさそうです。

一方、一般媒介契約では、売り手は複数の会社に売却を依頼することができます。

正直、説明を聞いただけだとどの契約方法が最もよいのかよくわからなかったので、少し考えさせてほしいと伝え、その後自分でも調べてみました。

一見したところ、複数の不動産会社と契約できる一般媒介がよさそうに思えましたが、ネットで調べたところ、一般媒介だとタダ働きになってしまう可能性があるため、不動産会社があまり熱心に売却活動を行わないことが多いようでした。自社で広告費をかけて広告を出したりということもあまり行われないようです。
一方、専任媒介にした場合、自社で買い手を見つけて買い手からも手数料をとるため、いわゆる「囲い込み」が行われる可能性があるようです。
どちらも一長一短ですが、不動産会社が熱心に売却活動を行ってくれるよう、専任媒介契約とすることにしました。

あと、契約期間は3ヶ月で、売却活動を継続する場合は都度契約更新をすることになるとのこと。

また、「1.5億円という希望価格では買う人はいないと思うが、なぜ売却活動を勧めるのか」と聞いてみました。
回答としては、現在投資用不動産の売却物件が少なく、買いたい人は多い状況であるとの回答でした。
また、もしもっと安い価格なら買ってもよい、という買い手がいた場合はどうなるのか、と聞いたところ、その場合はすぐに売り手に連絡し、価格の交渉に応じるかどうか確認する、とのことでした。

あまり期待せずに待っていたところ、1週間後に業者より電話連絡がありました。
「1.1億円であれば買ってもいいという買い手がいる」とのことです。
買い手がいたことはよかったですが、1.1億円では売却時の手数料や税金、ローンの残債を支払うとほとんど手元にお金が残りません。それであれば持っていた方が良いので、断りました。
ただ、後になってもう少し価格交渉をしてみればよかったと後悔しました。
次に購入希望者が現れたら、ダメもとで価格交渉をしてみようと思います。

売却を開始して約3週間後、不動産会社から売却活動の報告をしたいとの連絡があり、再度会うことになりました。
報告によると、サイト掲載後、何件か問い合わせはあったものの、やはり実際の購入希望者は出てきていないとのこと。
そして、売却価格を1.3億円に下げることを勧められました。
どうも最初から高い価格で販売し、売れないという現実を売り手にわからせた上で価格を徐々に下げさせるという作戦だったようです。
ただ、1.3億円だと売って利益がでるか微妙なラインです。
なので、1.4億円まで値下げすることにし、それで再度販売活動をお願いしました。


次回は「2020年4~6月ソーシャルレンディング投資実績 」の予定です。



不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING


上場企業・有名企業への投資
Funds



不動産ファンドのプロが独自のスキームで参戦




マザーズ上場企業が手掛ける不動産クラウドファンディング



イークラウド

CRE Funding


“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners



ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング
SAMURAI証券


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




証券会社の手掛けるソーシャルレンディング



日本初の株式型クラウドファンディング
FUNDINNO(ファンディーノ)


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


CRE Funding

マザーズ上場企業が手掛ける
不動産クラウドファンディング


ポイントで投資できる
不動産クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING


東証一部上場企業が運営する
不動産クラウドファンディング
Jointoα(ジョイントアルファ)


アジア圏への投資 COOL

上場企業・有名企業への投資

不動産・ホテルに投資
CREAL


中古不動産の再生に投資


鳥取から世界を救う!


“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


1万円から始める不動産投資
ASSECLI


上場企業ケネディクスが手掛ける
オンライン不動産投資プラットフォーム
ビットリアルティ


証券会社が運営する
ソーシャルレンディング
willcrowd


リノベーションで地域再生


マザーズ上場の不動産会社が手掛ける


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング
Pocket Funding


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


上場企業が運営していて安心


いつでも出し入れ自由


東証一部上場企業が運営していて安心





このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)