記事一覧

サラリーマンでも飲食店オーナーになれるか(1)

Fundsが、auカブコム証券との資本業務提携及びファンドの共同販売に向けた合意書締結を発表しました。


<以下Fundsサイトより引用>
「Funds」を運営するファンズ株式会社は、2019年12月にauカブコム証券株式会社より資金調達を行いました。
また、auカブコム証券の顧客がファンズの募集する貸付ファンドに投資しやすくするための販売面でのサービス連携、および、auカブコム証券の関連企業を組成企業とするファンドの組成について検討すべく、合意書を締結いたしました。

Fundsはこの一年で多種多様な業種のファンドを提供してまいりました。今後、より規模の大きなファンドを組成するにあたり、auカブコム証券と協業し、「Funds for auカブコム」(以下、本サービス)の検討を進めてまいります。

「Funds for auカブコム」に関しては、下記二点を内容として協議を進行しております。
(1)本サービス及びFundsを通じたファンド持分の共同販売
(2)auカブコム証券の関連企業が組成する新規ファンドの募集
なお、実際の本サービスリリースは2020年中を予定しております。



「(1)本サービス及びFundsを通じたファンド持分の共同販売 」というのは、auカブコム証券のサイトからFundsへの投資ができるようになるということだと思われます。

auカブコム証券の口座数は、2020年3月時点で約115万口座です。auカブコム証券のサイトからFundsにシームレスに投資できるようになれば、現在約2万名であるFundsのユーザー数が一気に増えるかもしれません。

ソーシャルレンディング事業者と証券会社の業務提携としては、2015年のmaneoとGMOクリック証券提携の例があります。
当時はGMOクリック証券のサイトからmaneoへの投資ができました。

「(2)auカブコム証券の関連企業が組成する新規ファンドの募集」も期待が持てそうです。
具体的な組成企業名については公開されていませんが、Funds募集ファンドのラインナップがより多彩となりそうです。

*************************

新型コロナの影響が長く続いています。

この状況下でどの業種も苦しいところですが、やはり一番大きな影響を受けているのは飲食業ではないでしょうか。
多くの飲食店が営業自粛や営業時間短縮を余儀なくされています。
営業を自粛しても人件費や家賃といったコストはかかるため、営業再開できるまでは毎月赤字を覚悟しなければならないでしょう。
緊急事態宣言はGW明けまでの予定とのことですが、現在の状況を見ると延長される可能性もありそうです。
飲食店にとってはいつ営業再開できるかわからず、不安が続きそうです。
手元の資金が多くある店はよいですが、そうでない店は廃業や売却を考えるところもあるでしょう。

しかし、逆に考えると、これは繁盛している優良な飲食店を格安で手に入れるチャンスと言えるのではないでしょうか。
普段は繁盛していて儲かっている店であっても、新型コロナの影響で手放さざるを得ない、というオーナーもいると思います。
そういう状況であれば、通常であれば買えないような安い価格で買えるかも知れません。

しかし、そもそも一介のサラリーマンである私が飲食店のオーナーになることなどできるのでしょうか。
私自身は飲食店で働いた経験など全くありませんし、料理もほとんどできません。
飲食店を運営するノウハウや知識などもありません。
店舗に自分が入って働くこともできませんので、スタッフに全て任せるしかありません。
いろいろと不安もありますが、まずは情報を収集してみたいと思います。

ネットで飲食店の売買ができるサイトを探したところ、以下が見つかりました。

飲食店.COM

screencapture-inshokuten-ma-sale-cases-2020-04-26-12_45_26.png

居酒屋、焼肉、定食屋、イタリアンなどさまざまな飲食店の売却情報が掲載されています。
安いものだと500万円程度でも買えるようです。価格としては何とか手が届きそうです。

例えばこの焼肉店は、希望額600万円で、年間の営業利益は350万円ほどです。
この数字通りだとしたら、年利回り60%ほどとなり、投資としては大変良いと言えそうです。
screencapture-inshokuten-ma-sale-cases-284-2020-04-26-12_51_55.png


もちろん、飲食店を今購入しても、おそらくしばらくは営業再開できないと思われます。
再開できるまでにかかる人件費・賃料などのコストは自分で負担することになると思われるので、その費用も計算に入れる必要があります。
いつ営業再開できるかは現時点では全く分かりません。
新型コロナが収束するには1年程度かかるとの予測もあります。最悪そのくらいの覚悟をしておいた方がよさそうです。

早速詳細問い合わせをしてみました。
すると、すぐにメールが届きました。
それによると、まず秘密保持契約、アドバイザリー契約を締結する必要があるとのこと。
まず契約書が自宅に郵送され、それに捺印して返信した上で、オーナー側が情報開示に同意したら詳細情報が開示されるとのことです。なかなかハードルが高そうです。

引き続き状況に進展があればお伝えします。

次回は「ソーシャルレンディング市場規模は2019年大幅に縮小」の予定です。


CRE Funding


マザーズ上場企業が手掛ける不動産クラウドファンディング




ポイントで投資できる不動産型クラウドファンディング
Rimple(リンプル)



不動産ファンドのプロが独自のスキームで参戦




不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING



“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


アジア圏への投資
COOL


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


上場企業・有名企業への投資
Funds


中古不動産の再生に投資



証券会社の手掛けるソーシャルレンディング




不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング
SAMURAI証券



鳥取から世界を救う!



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX



アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



不動産の目利きには自信あり! 銀座の不動産屋がソーシャルレンディングに参戦!
OwnersBook



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!



FUNDINNO(ファンディーノ)






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


CRE Funding

マザーズ上場企業が手掛ける
不動産クラウドファンディング


ポイントで投資できる
不動産クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING


東証一部上場企業が運営する
不動産クラウドファンディング
Jointoα(ジョイントアルファ)


アジア圏への投資 COOL

上場企業・有名企業への投資

不動産・ホテルに投資
CREAL


中古不動産の再生に投資


鳥取から世界を救う!


“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


1万円から始める不動産投資
ASSECLI


上場企業ケネディクスが手掛ける
オンライン不動産投資プラットフォーム
ビットリアルティ


証券会社が運営する
ソーシャルレンディング
willcrowd


リノベーションで地域再生


マザーズ上場の不動産会社が手掛ける


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング
Pocket Funding


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


上場企業が運営していて安心


いつでも出し入れ自由


東証一部上場企業が運営していて安心





このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)