記事一覧

ソーシャルレンディングのメリット(2)

ソーシャルレンディングの貸し手にとっての最大のメリットは高金利です。

maneoの全ローンの平均利回りは8.63%・AQUSHの平均利回りは7.74%(いずれも年利)です。

借り手によって金利は変わります。金利の低いローンでは5%程度のものもありますが、高いものでは年利10%以上のものもあります。

  <過去のローンの例(maneo)>
   ラーメン店開業資金:金利9.5% 返済期間24ヶ月
   引っ越し費用:金利8.0% 返済期間24ヶ月
   車の修理費用:金利7.0% 返済期間6ヶ月

この低金利時代にこれだけの利回りが得られる投資は他にはなかなかありません。
他の定期的な利回りの得られる投資・商品と比較してみましょう。

<定期的な利回りの得られる投資・商品の例(いずれも年利)>
 銀行の定期預金:0.45% (新生銀行円定期預金5年物)
 個人向け国債 :0.52%(固定・5年)
 社債     :1.40%~2.10%(三菱東京UFJ銀行・10年)
 外国債券   :5.08 %(豪ドルベース)(トヨタ ファイナンス オーストラリア リミテッド・3年)
 REIT     :6.62%(MIDリート投資法人)
 (株式配当・投資信託配当など利回り(インカムゲイン)よりも売買益(キャピタルゲイン)がメインの投資はここでは対象外としました。REITは微妙ですが)

 ソーシャルレンディングの利回りは上記の全ての商品を上回っています。
 もちろん高金利はリスクの裏返しであることは忘れてはいけませんが・・・。






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

メディア掲載

以下のメディアにて取材を受けたり、ブログが紹介されました

Amazon人気商品

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)