記事一覧

自分の損益計算書と貸借対照表を書いてみた(2018年度)

昨年、自分の損益計算書と貸借対照表を書いてみました。

自分の損益計算書と貸借対照表を書いてみた

今年も損益計算書と貸借対照表に、私の実世界での状況を記載してみました。
2018年度の数字に基づいています。(赤字は前年(2017年度)の数字です)

キャッシュフロー計算書2018年度

まず損益計算書を見てみます。

左上が収入欄です。
まず、給料は688万円で、昨年から68万円上がりました。
一方、原稿料・印税・広告収入などの副収入が200万円⇒132万円と68万円下がってしまいました。
また、ソーシャルレンディング収益は150万円⇒134万円と16万円下がりました
みんなのクレジット、ラッキーバンクなどの貸し倒れの影響です。
ブラジル国債など外国債券からの収入が36万円です。

これらを合計したところ、不労所得は190万円⇒170万円と20万円下がってしまいました。
総収入は1010万円⇒990万円と若干下がりました。

次に支出を見てみます。
今年は支出の科目をより細かくしてみました。
目につくところとしては、まず飲食費が53万円もかかっています。少し使い過ぎかも知れません。
租税公課は支払った税金です。2018年は所得税がほとんどかからなかったので、固定資産税などを支払ったのみで、少ない金額となっています。
投資関連費としては、海外不動産の運用の委託費用などがかかっています。
また、投資損失としては、貸し倒れが220万円発生しています。
内訳は以下の通りです。

 みんなのクレジット損失 2,078,997円
 ラッキーバンク損失 116,314円
 SBIソーシャルレンディング損失 13,600円

総支出は600万円⇒736万円と136万円も増えてしまいました。
貸し倒れの影響が大きかったと言えるでしょう。

毎年のキャッシュフローは、410万円⇒254万円と、156万円も悪化しました。
来年は改善したいと思います。

キャッシュフローゲームでは、「不労所得>総支出」の状態となればラットレースを抜け出せるのですが、私の場合は不労所得170万円、総支出736万円なので、まだまだ先は長そうです。

次に貸借対照表を見てみます。

資産としては、貯蓄140万円、株や投資信託が3327万円、ソーシャルレンディング投資残高が1904万円があります。
また、海外不動産が248万円、国内不動産が100万円です。(いずれもこの時点では完成していませんが、これまでに支払った頭金の額を計上しています)
総資産の額は5838万円⇒5689万円と、150万円ほど減ってしまいました。これも貸し倒れの影響と言えます。
なお、ロバートキヨサキの定義によれば、資産とは「キャッシュを生み出すもの」なので、自宅は持ち家であっても資産には含まれません。

一方負債としては、住宅ローンが563万円あります。
また、野村WEBプラスローンで657万円借りており、その他100万円ほどの借り入れがあります。これらは基本的に投資に回しています。
負債額は計1517万円⇒1320万円と、197万円減りました。

資産から負債を引いた純資産額は4320万円⇒4369万円と、49万円増加しました

改めて全体を見てみると、2018年はなかなか厳しい年だったという印象です。
不労所得、総収入とも減少した一方で、総支出は増えてしまいました。
結果としてキャッシュフローは大幅に悪化しています。
また総資産も減少しています。
貸し倒れの影響と、株・投資信託などでもほとんど利益を上げられなかったのが原因です。

また、総資産額に対して不労所得の額が少ない傾向は相変わらずです。

不動産など、もっとキャッシュフローを生むような投資を増やす必要がありそうです。(すでに手掛けていますが)
2019年ももうじき終わりですが、2019年度のキャッシュフローはもう少し改善するものと思います。

皆様も一度ご自分の損益計算書と貸借対照表を書いてみてはいかがでしょうか。
何か発見があるかもしれません。

次回は「ソーシャルレンディング業界地図(2018年版)」の予定です。



鳥取から世界を救う!


上場企業・有名企業への投資
Funds


東証一部上場企業が運営する不動産クラウドファンディング
Jointoα(ジョイントアルファ)


最先端技術企業へ投資する株式型クラウドファンディング
ユニコーン


アジア圏への投資
COOL



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング
SAMURAI証券



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング
Pocket Funding



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




証券会社の手掛けるソーシャルレンディング



日本初の株式型クラウドファンディング


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)