記事一覧

Funds、デュアルタップ合同セミナーに参加しました。

Funds、デュアルタップ合同セミナーに参加しましたので報告します

DSC_0468.jpg

開催日


2019年3月20日

内容



クラウドポート代表 藤田雄一郎氏 「クラウドポート紹介」



■当社は現在3期目
以前ソーシャルレンディング比較サイトを運営していたが、事業を譲渡した。
現在はFundsのサービスに特化

■少子高齢化が進んでいるが、資産運用のすそ野は広がっていない。
「資金不足」「何をやればよいかわからない」という理由が多い。

■既存の株式・FX・投資信託といった商品は、忙しい現在世代にとってはマインドシェアを取られてしまい、ハードルが高い。
 ⇒我々は安定的に資産を増やせる社債に注目した。ただし、常に募集されているわけではない。

■「貸付投資」は相場に左右されず安定的なリターンが見込めるため、現役世代向け。

■Fundsは、国内初の貸付ファンドのオンラインマーケット
 自分たちでファンドを組成することはせず、あくまで場所を提供するのみ。
 ファンド組成企業は、各分野のプロ。
 ひとつ口座を開設すれば、様々なテーマの貸付ファンドに分散投資できる。
 
■Fundsの特徴
・ファンド組成企業になるには当社の審査基準をクリアする必要がある。
 上場企業、
監査法人の監査を受けている、
VCから出資を受けている、
のいずれかを満たしていること。

・これまで募集した企業
  アイフル(ノンバンク)
  LENDY(Fintech)
  PhilCompany(不動産)
  デュアルタップ(不動産)
  明豊エンタープライズ(不動産)

・投資家リスクを減らす「関係会社スキーム」を採用
 借り手企業は必ずファンド組成企業の関連会社である。
 また、貸付はリコースローンなので、必ず返さないとならない。

・ミドルリスク・ミドルリターン
 国債・定期預金:ローリスクローリターン
 株・FX:ハイリスク・ハイリターン
 
 Fundsは、社債(1%程度)よりは若干利回りが高く、ソーシャルレンディング(6~12%)よりは利回りが低い

・最小投資単位は1円

・相場に左右されない
 管理の手間やマインドシェアを取られない
 
・販売と運用の分離
 既存のSL:取扱者と組成企業が実質的に同じ会社であることが多い。
 ⇒利益相反が起こる可能性がある。
 
 Fundsでは、取扱者(クラウドポート)とファンド組成企業は別会社。
 
■リスク
・借り手企業のデフォルト
・当社やファンド組成企業の倒産リスク 
・期間中の解約不可
など

■デュアルタップのファンド募集実績
 大田区XebeCファンド 予定利回り5%

・デュアルタップが関連会社DPM社に対して貸し付けを行う。DPM社は不動産の購入を行う。

・デュアルタップ・DPM社が倒産した場合は元本が欠損する可能性あり。

■当社の運営体制
 取締役 河野哲行氏 元スイス長銀社長
 弁護士2名・会計士2名
 コンプライアンス体制は充実している
 
■目指す方向性
 既存のSLは高利回りだったので、信頼性の高い企業は借りなかった。
 当社は、上場企業でも調達できる水準(1.5~6%程度)の金利のファンドを組成する。
 資産運用領域における国民的なサービスを目指す。


デュアルタップ 企画開発部マーケティング企画課 主任 新川美也氏



■会社概要
2006年8月設立
2016年JASDAQ上場
2018年に東証二部上場

■事業内容
不動産企画・開発・分譲
賃貸管理
損害保険

■手掛ける不動産
・駅近マンション

・海外不動産事業 
 東南アジアの物件販売、賃貸管理、仲介


■強み・差別化
 駅近物件の開発力 最寄り駅徒歩10分以内・23区内のみ。
 XEBECブランドは、デザイン性と実用性を追求。これまで1800戸を供給した。
 入居率98%以上。他社のマンションも管理する。オーナー向けに専用WEBサイトで情報共有する。
 インバウンド・アウトバウンド両方を手掛ける。
 シンガポール・マレーシアに現地子会社があり、海外建物管理も手掛ける。
 
■XEBECシリーズコンセプト
 都会的なデザインとワンランク上の住環境
 家賃が落ちにくい物件の傾向
 東京23区内・
駅から10分圏内・
利便性が高い
の3つの条件を満たす。
 
・ファサードデザイン(建物を正面から見たときの外観)を重視
スキャン_20190324

 
・快適な住空間を設計
 ワンルーム25㎡前後
 
・最先端・機能的な設備を導入
 TATERUが開発したIoT機器を導入しており、外からエアコンなどを操作できる。
 Wi-Fiルータも装備
 
・エントランスに高級感のあるデザイン
 御影石・大理石を使用
 廊下にタイルを使用しているので耐久性が高い

・独立洗面台、バストイレ別、オートロック
 バスにテレビを設置
 
・直近の入居率は98%
 
・建物管理を重視
 

質疑応答



Q:なぜFundsで資金調達を行うことにしたのか

A:資金調達が目的というより、当社のブランドを知ってもらう機会としたいと考えた。
 
Q:Fundsでの募集を公表した際、デュアルタップの株価が上昇したとのことだが

A:ありがたいことだが、本業での利益もしっかり出していけるように努力したい。
 
Q:不動産の市況についてどのように考えるか

A:昨年から、不動産の悪いニュースがいろいろ出てきている。
 施工・管理がずさんだったという例があるが、当社は高い資産価値を提供できる。
 当社は海外の顧客が30%を超えている。海外の顧客は分散投資の一環として購入している。

Q:賃貸管理をアプリで行えるようなサービスはあるのか

A:当社では物件管理はオーナー専用のWEBサイトで見られるようになっている。
今後はアプリの提供も考えている。
当社は総合不動産事業を目指している。
土地の仕入れ・建設・賃貸管理・売却までトータルでサポートする。
 
Q:FUNTAS FUNDINGなど、不動産特定事業法に基づくサービスを提供する業者も出てきているが、それらとFundsの違いは?

A:投資家の負うリスクが異なると考える。
 不動産特定事業者の場合、事業者が正しく不動産を評価できているか、想定通りの価格で売却できるかがポイントとなる。
 Fundsでは、不動産の売却価格は投資の結果に直接関係ない。
 会社の信用リスクのみがある。

Q:子会社であるDPM社が倒産した場合はどうなるのか

A:ファンド組成企業であるデュアルタップ社が損失を直接補填することはできない。
 ただし、デュアルタップ社が子会社を経営指導することが前提となっている。
 もしDPM社が倒産した場合、デュアルタップの信用が大きく損なわれる。

Q:商品を知ってもらうことが目的であればFundsで資金を募集する以外にも方法はあるのでは。
 また、上場企業であれば資金調達の手段は他にもあるのでは。
 改めてFUNDSで募集した経緯を教えてほしい。

A:クラウドファンディングに参入した理由として、物件の利回りなど、詳細を知ってほしいという思いがある。
 当社の扱うマンションは3000万円ほどで、決して安くはない。知ってもらって購入につなげたい。
 Fundsとは縁があり、体制を見ても安心感があった。

Q:デュアルタップ社としては、エクイティ型の商品を自社で販売する予定はあるか

A:不動産特定事業法の取得の準備を進めている。エクイティ型についても検討しているが、まだ詳細を公表できる段階ではない。
 募集する場合、Fundsで募集するか、他サービスを利用するか、直接募集するかはわからない。

Q:不動産投資について、最近は銀行融資が厳しくなっているが、その融資支援は行っているのか

A:海外の投資家は、ほぼ現金で購入している。
国内については、スルガ銀行など、一部の金融機関は融資姿勢を厳しくしている。
ただし、都内23区のしっかり賃貸がつく物件については、あまり融資姿勢は変わっていない。
ローンの支援も行っており、本業には影響はない。

Q:海外不動産の案件をFUNDSで取り扱う予定はあるのか

A:マレーシアとシンガポールに子会社があり、おとといマレーシアで日本企業の進出を支援するサービスを始めるとニュースリリースを出した。
今後、そういった事業を広げたいと考えており、その資金調達も目指していきたい。

Q:Fundsでは不動産関連の案件が多い印象だが、他にはどういった選択肢を検討しているのか

A:昨年12月に営業を開始したので、最初はニーズの根強い不動産からスタートした。
今後、不動産に関わらず、様々な業界と提携していきたい。例えば上場して間もない企業などは、銀行の与信枠に制約があるので、ニーズがあると考えている。

Q:デュアルタップのファンドの返済原資は何か?

A:賃貸収入と、売却時のキャピタルゲインが返済原資となる。

Q:運用期間中に物件を売却できなかったらどうなるのか

A:その場合はデュアルタップ社本体で物件を買い取る。

Q:Fundsの分別管理はどのように行っているのか

A:投資家の資金は、クラウドポート社の口座とは別の口座で管理している。各ファンドごとに別の口座を開設し、分別している。

以上

次回は「CAMPFIRE責任者インタビュー」の予定です。



鳥取から世界を救う!


上場企業・有名企業への投資
Funds



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング




狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




証券会社の手掛けるソーシャルレンディング



日本初の株式型クラウドファンディング


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


CRE Funding

マザーズ上場企業が手掛ける
不動産クラウドファンディング


ポイントで投資できる
不動産クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING


東証一部上場企業が運営する
不動産クラウドファンディング
Jointoα(ジョイントアルファ)


アジア圏への投資 COOL

上場企業・有名企業への投資

不動産・ホテルに投資
CREAL


中古不動産の再生に投資


鳥取から世界を救う!


“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


1万円から始める不動産投資
ASSECLI


上場企業ケネディクスが手掛ける
オンライン不動産投資プラットフォーム
ビットリアルティ


証券会社が運営する
ソーシャルレンディング
willcrowd


リノベーションで地域再生


マザーズ上場の不動産会社が手掛ける


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング
Pocket Funding


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


上場企業が運営していて安心


いつでも出し入れ自由


東証一部上場企業が運営していて安心





このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)