記事一覧

危険な事業者の見分け方はあるのか(7)(総括)

前回まで様々な観点から危険な事業者の見分け方について検証してきました。
今回は総括です。

前回まで、以下の6つの観点について検証しました。
・募集累計額
・平均利回り
・担保あり率
・資本金
・上場/非上場および出資者
・目的型/手段型

それぞれ、危険な事業者を判別する上で有効かどうかは以下の通りの結論となりました。

・募集累計額
 ⇒「募集累計額が多い事業者ほど安全」とは言えない

・平均利回り
 ⇒平均利回りが高いほど危険な事業者の割合は高い。

・担保あり率
 ⇒「担保あり率の高い事業者ほど安全」とは言えない

・資本金
 ⇒「資本金の多い事業者ほど安全」とは言えない

・上場/非上場および出資者
 ⇒「上場しているか、または上場企業・ベンチャーキャピタルからの出資を受けている事業者」は安全性が高いと言える。

・目的型/手段型
 ⇒「目的型/手段型」と安全性には関係がない。

したがって、現時点で危険な事業者の見分け方として有効と考えられるのは、以下の2つです。
・平均利回り
・上場/非上場および出資者


具体的には、危険な事業者を避けるためには以下の投資方針が考えられます。
・平均利回り8%以上の事業者は避ける
・非上場で、かつ上場企業やベンチャーキャピタルが出資していない企業は避ける


ただし、これらの基準はあくまで過去の傾向から見たものなので、今後も有効かどうかはわかりません。
あくまでご参考とお考え下さい。

この2つの基準で各事業者を評価すると以下の通りとなります。

サービス平均利回り
(※3)
上場/非上場(※4)会社の主要な出資者上場しているか、または上場企業・ベンチャーキャピタルからの出資を受けている安全と考えられる
TATERU FUNIDING4.6%東証一部上場TATERU(上場)
J.Lending4.6%JASDAQ上場ジャルコ(上場)
オーナーズブック4.8%マザーズ上場ロードスターキャピタル(上場)
プレリートファンド6.0%非上場ブルーメロンキャピタル株式会社(非上場)  
LCレンディング6.2%JASDAQ上場ロジコム(上場)
クラウドバンク6.4%非上場(未公開)  
maneo6.9%非上場GMOクリックホールディングス株式会社(上場)、株式会社VOYAGE VENTURESなど
クラウドリアルティ7.0%非上場(未公開)  
さくらソーシャルレンディング7.1%非上場(未公開)  
Pocket Funding7.1%非上場財全グループ(非上場)  
スマートレンド7.5%非上場(未公開)  
SAMURAI7.5%非上場(未公開)  
みんなのクレジット7.5%非上場(未公開)  
SBIソーシャルレンディング7.8%東証一部上場SBIホールディングス(上場)
アップルバンク8.9%非上場翔栄(非上場)  
レンデックス8.9%非上場(未公開)  
クラウドクレジット9.0%非上場伊藤忠商事株式会社(上場)、マネックスベンチャーズ株式会社など 
ラッキーバンク9.1%非上場(未公開)  
アメリカンファンディング9.2%非上場(未公開)  
ガイアファンディング9.7%非上場(未公開)  
キャッシュフローファイナンス10.0%非上場(未公開)  
トラストレンディング10.5%非上場(未公開)  
クラウドリース10.5%非上場(未公開)  
グリーンインフラレンディング12.3%非上場JCサービス(非上場)  
全事業者平均10.0%    


この基準で見ると、安全と考えられる事業者は以下の6社です。

・TATERU FUNIDING
・J.Lending
・オーナーズブック
・LCレンディング
・maneo
・SBIソーシャルレンディング

以上の結果を踏まえて、今後、投資方針を以下の通り見直したいと思います。

■投資方針
<事業者に関する基準>
 (1)以下の基準を満たす事業者への投資額は500万円以内
  ・サービス開始から1年以上たっている
  ・システム・運営面で特に問題がない
  ・平均利回り8%未満
  ・上場している。または上場企業やベンチャーキャピタルが出資している。または第1種
・TATERU FUNIDING
・J.Lending
・オーナーズブック
・LCレンディング
・maneo
・SBIソーシャルレンディング
・クラウドバンク
・SAMURAI
 (2)上記以外の事業者への投資額は50万円以内

<ファンド・融資先に関する基準>
 1ファンド・1融資先に対する投資額は100万円以内
 ただし、グループ会社への貸し付けは別会社であっても同一貸付先とみなす。



とりあえずこれでしばらく運用してみて、また問題があれば見直すこととします。

次回は「2018年10~12月ソーシャルレンディング投資実績」の予定です。



鳥取から世界を救う!


上場企業・有名企業への投資
Funds



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング




狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




証券会社の手掛けるソーシャルレンディング



日本初の株式型クラウドファンディング


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ

関連記事

コメント

No title

危険な業者はわからないでしょう。
SLの本を書いているプレ専門家ですら失敗する世界ですから。
今まで和牛商法やらオレンジ共済やら
色々な詐欺が有りましたが、
SLはそれ以上の高確率で詐欺が多い。
あの安愚楽牧場ですら、
30年間問題なく元利を返済し続け、
30年後に破たんした。
昨今簡単に破たんするSLと比べて、
立派なものです。
SLは大部分が詐欺なのですから、
その中からまともな業者を選ぶ手間を考えたら、
実績のある株や不動産に投資した方が、
ずっと効率が良いでしょう。

No title

なんだこの表面的な結果からの分析は!
まるで参考にならない。
本を出すくらいの方ならば、もっと本質的な分析したらどうでしょうか。

No title

>もっと本質的な分析したらどうでしょうか。

過去の記事から考えて、
やっていると思います。
いくらやっても、
最初から現金を強奪しようとした業者を見分けることができないのだと思います。
悪意を持った業者もプロですから、
簡単に尻尾をみせません。
向こうの方が上手なのです。

No title

金融庁が既に全頭検査したと言っていないので、
今の時点で安全の要否はわかりませんね。
金融庁は検査に問題の無かった業者も公開していない。
聞いても教えてくれないかもしれませんね。

いいんじゃないでしょうか

私は5パー基準で結果、クラウドバンク一択でしたが、ソーシャルは見えないリスクはありますから分散は必要かと。
個人的にはfundsいれてマネオははずしていいかと思ってます。リスクヘッジは分散と雑所得のみで税率マックスにしておくと確定申告で戻りも高いかと…

コメントの投稿

非公開コメント

ソーシャルレンディングサービス事業者リンク

不動産ファンドのプロが独自の
スキームで参戦


CRE Funding

マザーズ上場企業が手掛ける
不動産クラウドファンディング


ポイントで投資できる
不動産クラウドファンディング
Rimple(リンプル)


不動産業界の風雲児が再起を図る
SYLA FUNDING


東証一部上場企業が運営する
不動産クラウドファンディング
Jointoα(ジョイントアルファ)


アジア圏への投資 COOL

上場企業・有名企業への投資

不動産・ホテルに投資
CREAL


中古不動産の再生に投資


鳥取から世界を救う!


“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング
CAMPFIRE Owners


1万円から始める不動産投資
ASSECLI


上場企業ケネディクスが手掛ける
オンライン不動産投資プラットフォーム
ビットリアルティ


証券会社が運営する
ソーシャルレンディング
willcrowd


リノベーションで地域再生


マザーズ上場の不動産会社が手掛ける


公認会計士が運営する
ソーシャルレンディング
LENDEX


アジアの中心!沖縄発
クラウドファンディング
Pocket Funding


狭い国内市場には興味なし!
ソーシャルレンディングで世界を
救う!


証券会社の手掛ける
ソーシャルレンディング


信頼度No.1!
商品は地味だがSBI
グループの看板に資金は集まる!
SBIソーシャルレンディング


不動産の目利きには自信あり!
銀座の不動産屋がSLに参戦!
OwnersBook


スリランカ預金、サプリ社債、
映画ファンド・・・SLのびっくり箱


上場企業が運営していて安心


いつでも出し入れ自由


東証一部上場企業が運営していて安心





このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)