記事一覧

危険な事業者の見分け方はあるのか(3)(担保あり率)

TATERUの、融資資料改ざん問題に関する特別調査委員会からの調査結果報告書が出ました。

特別調査委員会からの調査結果報告書(要約版)受領および今後の対応に関するお知らせ

tateru記事1

「エビデンス改ざんは,主として営業部長及び部長代理が行っていた。」とあります。
改ざんは、担当者レベルではなく、組織的に行われていたようです。

tateru記事2

その背景として、「厳しいノルマ」「厳しい上下関係」「急成長による強い成功体験と率直にものを言いづらい組織風土」が挙げられています。
これまで自分が会った数名の営業担当者からは、それほど強いプレッシャーを受けていたり、上下関係が厳しいといった印象は感じられませんでした。
(複数の営業担当者と同時に会ったこともありましたが)

今回の調査では触れられていませんでしたが、金融機関に対して不正が行われていたということは、投資家に対して入居率などのデータを改ざんしたり、建築する物件で手抜き工事が行われたりする可能性もないとは言えません。
今後もそうした不正が行われるようでは困ります。
TATERUとは今後も長い付き合いになるので、ぜひこれを機会に組織風土を改善していってほしいと思います。

***************

前回に引き続き、危険な事業者の見分け方について検証します。
↓(前回)
危険な事業者の見分け方はあるのか(1)(募集累計額)
危険な事業者の見分け方はあるのか(2)(平均利回り)

今回は「担保あり率」について検証したいと思います。

「担保あり率」はクラウドポートにて集計している数値です。
担保ありファンドの件数の割合を表しています。
https://www.crowdport.jp/company/list

一般に担保の設定率の高い事業者ほど安全なのではないかと考えられますが、実際にはどうなのでしょうか。

担保あり率順のデフォルト・返済遅延発生率は以下の通りです。
(黄色網掛けのサービス事業者5社が「危険な事業者」です。)
デフォルト・返済遅延発生率(2019年1月時点)
サービス担保あり率(※3)デフォルト・返済遅延発生率
(デフォルト+返済遅延総額)/募集累計額
クラウドリアルティ0.0%0.0%
SAMURAI0.0%0.0%
クラウドクレジット0.0%3.2%
プレリートファンド43.0%0.0%
キャッシュフローファイナンス45.0%15.1%
LCレンディング61.0%0.0%
maneo62.0%2.7%
クラウドリース73.0%0.0%
スマートレンド75.0%0.0%
アップルバンク90.0%0.0%
Pocket Funding91.0%0.0%
さくらソーシャルレンディング93.0%0.0%
クラウドバンク95.0%0.0%
みんなのクレジット97.0%68.6%
オーナーズブック99.0%0.0%
トラストレンディング99.0%0.0%
TATERU FUNIDING100.0%0.0%
J.Lending100.0%0.0%
レンデックス100.0%0.0%
ラッキーバンク100.0%29.5%
アメリカンファンディング100.0%0.0%
ガイアファンディング100.0%44.7%
グリーンインフラレンディング100.0%63.2%
SBIソーシャルレンディング(不明)1.0%
全事業者平均74.9%7.3%
(※1)デフォルト(貸し倒れ):投資した金額の一部または全部が返ってこないことが確定したもの
(※2)返済遅延:期日を過ぎても投資した金額の一部または全部が返ってこない状態が現時点で続いているもの
(※3)クラウドポートより(https://www.crowdport.jp/company/list)


見ての通り、担保あり率に関わらず、危険な事業者は存在します。
特に、みんなのクレジット・ラッキーバンク・ガイアファンディング・グリーンインフラレンディングの4社はいずれも担保あり率はほぼ100%でした。
にも関わらずいずれでも問題が起きているということは、ソーシャルレンディングにおいては「担保あり」という表示は全く安心材料にはならないと言わざるを得ません。

結論として、ソーシャルレンディング事業者の安全性を見極める際には、担保の有無は基準とはならないと言えます。

次回は「危険な事業者の見分け方はあるのか(4)(資本金) 」の予定です。



鳥取から世界を救う!


上場企業・有名企業への投資
Funds



不動産・ホテルに投資
CREAL



証券会社の運営するソーシャルレンディング



公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX


中古不動産の再生に投資




アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング




狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!




証券会社の手掛けるソーシャルレンディング



日本初の株式型クラウドファンディング


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)