記事一覧

<速報>ガイアファンディング全ファンドにおいて返済遅延発生

ガイアファンディング全ファンドにおいて返済遅延が発生しました。

<以下引用>
このたび、2018年11月19日に元利金の未回収が発生いたしました。
また、全ファンドに於いて利息の支払いが無く期限の利益を喪失いたしました。
投資家の皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

1.利息の支払いが遅延したファンドについて
〇ファンドの概要
対象ファンド数:138ファンド(ファンドID369~372を含む)
  利息:35,102,393円(ファンドID369~372の利息分を含む)
※3周年記念ローンファンド11号~13号(ファンドID531~533)をのぞく全案件

利息の遅延を認識して以降、maneoマーケット社は、ガイアファンディング社に対して、
借り手からの返済状況を含む資金の到達状況、遅延の原因、延滞解消の見込みに関する質問への回答を要請するなどにより情報収集を試みております。
しかしながら、ガイアファンディング社のファンドスキームについては、
現地の最終貸付先(計14社)への貸付けまでに3社(※)の法人を経由しており、今般の利息の支払いの遅延が最終貸付先からの返済の遅延なのか、
または、3社のいずれかの法人に資金が滞留しているのかについて、継続して確認をしている状況です。
引き続きmaneoマーケット社は、上記についての確認と共に、個別ファンドごとの状況についても、
具体的な償還及び分配の計画等に関する情報収集に努めて参ります。
※3社の法人とは、ガイアファンディング社の海外の子会社、海外関連会社、米国関連会社を指します。
この米国関連会社を通じて現地の最終貸付先への貸付が行われます。


2.元金の返済及び利息の支払いが遅延したファンドについて
(1)ファンドの概要(2ファンド)
a.サンフランハウスコレクションファンド1号(ファンドID369)
ファンドID 369
ファンド名  サンフランハウスコレクションファンド1号
案件名   【事業者A社向け】サンフランシスコ 米国不動産事業資金ローンへの投資
      【事業者C社向け】 米国事業性資金支援ローンへの投資
貸付実行日  2018年2月5日
融資金額   36,200,000円
最終返済日  2018年11月19日
URL    https://www.gaiafunding.jp/apl/fund/detail?fund_id=369
残高     36,200,000円

11月19日を最終返済日とする上記のファンドIDの元金及び利息の支払いがございませんでした。
従いまして、11月29日の分配日に投資家の皆様への分配は行われません。
本案件は現地不動産事業者が、5つの戸建て住宅を仕入れ、許可申請を取得した後、工事、販売までを一貫して行うプロジェクトであり、
販売期間の延長に伴う借り換え資金として募集をさせて頂きました。当初のファンド運用期間内での事業の遂行が実現せず、
結果として期日どおりの返済が行われませんでした。
現在、maneoマーケット社は、ガイアファンディング社への質問、資料開示要請などにより、
現状の販売活動や回収活動の状況など、案件の現状に係る詳細情報の収集に努めている状況でございます。


b.「サンフランファミリーホームファンド1号~3号」(ファンドID370~372)
ファンドID  370~372
ファンド名   サンフランファミリーホームファンド1号~3号
案件名    【事業者B社向け】シリコンバレー 米国不動産事業資金ローンへの投資(第1次募集~第3次募集)
       【事業者C社向け】 米国事業性資金支援ローンへの投資(第1次募集~第3次募集)
貸付実行日  2018年2月5日
融資金額   59,100,000円
最終返済日  2018年11月19日
URL    https://www.gaiafunding.jp/apl/fund/detail?fund_id=370 他
残高     59,100,000円

11月19日を最終返済日とする上記のファンドIDの元金及び利息の支払いがございませんでした。
従いまして、11月29日の分配日に投資家の皆様への分配は行われません。
上記ファンドは、事業者B社から先の最終貸付先(以下、現地不動産事業者)の事業に対する融資案件となります。
本案件は現地不動産事業者が、戸建て住宅を仕入れ、工事申請許可を取得した後、
リノベーション工事、販売までを一貫して行うプロジェクトであり、販売期間の延長に伴う借り換え資金として募集をさせて頂きました。
当初のファンド運用期間内での事業の遂行が実現せず、結果として期日どおりの返済が行われませんでした。
現在、maneoマーケット社は、ガイアファンディング社への質問、資料開示要請などにより、
現状の販売活動や回収活動の状況など、案件の現状に係る詳細情報の収集に努めている状況でございます。


3.今後の状況報告について
現在、maneoマーケット社は、ガイアファンディング社に対して、上記1および2のとおり、
販売活動や回収活動の進捗状況など、案件の現状について、引き続き回答および資料開示を要請するなどして詳細情報の収集に努めております。
投資家の皆様にお伝えできる確たる情報が得られた場合には、速やかに該当投資家の皆様にメールにてご報告いたします。
また、定期的に投資家の皆様にメールでのご報告をいたします。



現時点のガイアファンディングの貸出残高総額は37億2128万円です。

SnapCrab_NoName_2018-11-22_22-16-10_No-00.png

他社の事例としては、以下の通りです。
みんなのクレジットのデフォルト額は約31億円、
ラッキーバンクの返済遅延総額は約46億円、
グリーンインフラレンディングの返済遅延総額は約127億円

グリーンインフラレンディングほどではありませんが、みんなのクレジット、ラッキーバンクと匹敵するくらいの規模の返済遅延です。


なお、私のガイアファンディングの貸出金額は210万円です。
SnapCrab_NoName_2018-11-22_22-19-28_No-00.png

最近maneo・ガイア・キャッシュフローファイナンスとmaneoファミリーで立て続けに遅延が起きていますが、何か理由があるのかは不明です。
さすがにここまでくると偶然とも考えにくいのですが。

最近返済遅延の発生した各事業者の状況は以下の通りです。
各事業者デフォルト・返済遅延発生状況2018年11月25日時点
事業者募集総額デフォルト総額
(※1)
デフォルト率返済遅延総額
(※2)
返済遅延発生率
maneo¥150,619,940,000¥00.0%¥2,304,696,7561.5%
ガイアファンディング¥11,530,620,000¥00.0%¥3,721,280,00032.3%
キャッシュフローファイナンス¥3,761,040,000¥00.0%¥571,440,39515.2%
クラウドクレジット¥14,884,700,000¥00.0%¥470,000,0003.2%
SBIソーシャルレンディング¥72,079,490,000¥5,541,5450.0%¥726,363,5001.0%

(※1)デフォルト:投資した金額の一部または全部が返ってこないことが確定した状態
(※2)返済遅延:期日を過ぎても投資した金額の一部または全部が返ってこない状態が続いているもの
関連記事

コメント

マネオファミリーだけで5分の1やられました。まだまだ損失増えそうです。
ガイアファンディングはグリフラと同じなのでしょうか?まだ募集してる状況が信じられない。
けにごろうさんは今後も連鎖的マネオファミリーが倒れていくと思いますか?

No title

10月25日に返済をクロージングして11月19日返済の貸し倒れを10月22日という週末前の営業時間後に発表する行為が、マネオマーケテイングが不誠実な表れだと感じるのは僕だけでしょうか?

No title

訂正します。
10月25日に返済をクロージング-->現地にて返済をクロージング
10月22日-->11月22日

No title

マネオマーケット株式会社に関する集団訴訟
https://enjin-classaction.com/list/detail/?topicId=1049568055

ラッキーバンク・インベストメント㈱案件ファンドの償還・分配停滞に関する集団訴訟
https://enjin-classaction.com/list/detail/?topicId=1049568118

みんなのクレジット(現スカイキャピタル)に関する集団訴訟
https://enjin-classaction.com/list/detail/?topicId=1049567822

No title

マネオ は悪いことは隠すのが常習化していますねえ。ただこの投資家軽視は今になって始まったのではなく最初からという感じです。それが表面化したと。
2019年に景気が?となったら逃げようと思っていたのですが、逃げられず。遅かったですね>自分

マネオは本当にクソですね。
誠意のかけらもない。

週末の夜にメールとか不誠実極まりない証拠ですよ。

もはや巨額詐欺グループと言われても仕方ないですよね。

来月12日にマネオ主催のセミナーがあるみたいですが(瀧本は出ない)、またしても「ガイアの事はお答えできません」ですかね。
それでノウノウと投資家を募ると。

ソーシャルレンディング始めて一ヶ月で遅延につぐ遅延です。

マネオは最下層クラスと認識してます。
人の金を人質のように取ってる気がして、はらわた煮えくり返ります。

金曜夜のメールは鬱

けにごろうさん失礼します。
マネマのこのクソ対応、遅延連絡は大抵金曜時間外。投資家とその家族の週末を破壊粉砕する。彼らに人間としての良心はあるのだろうか。今回のガイアの件は関係者の持ち逃げとしか思えない。マネマは早々に被害届を出すべきと思います。
全案件遅延にもかかわらず、ガイアでいまだに募集を続けているのは無責任の極み。週明け朝すぐに第二報がでないようなら電話をして、19日以降の6日間でどのように動いていたのか尋ねないとだめですね。
この期に及んでまだマネオに投資している人たちがいるのに驚きます。

No title

ガイアの件、苦情入れればマネオマーケットから相談者に説明義務ある
フリーダイアルだから何度でも相談すべき

金融商品あっせん相談センター
>電話番号:0120-64-5005 月曜~金曜 9:00~17:00
>ファックス番号:03-3669-9833
>ご相談フォーム:https://www.finmac.or.jp/contact/soudan/
>(注1)当方の相談員から、苦情内容等のより詳しい状況等を確認させていただくことから、必ず電話番号を記載して頂きますようお願い申し上げます。
>(注2)FINMACフィンマック の業務の状況によって、お返事が遅くなることもありますので、お急ぎの方はお電話にてご相談いただきますようお願い申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)