記事一覧

ソーシャルレンディング業界地図(2017年版)

昨年に引き続き、日本のソーシャルレンディング業界地図(2017年版)を作りました。
2017年末時点でサービスを開始していた業者のみ記載しています。

ダーシャルレンディング2016-1

全24事業者を記載しました。

主な投資対象が国内各種事業者である「国内各種事業者系」と、
不動産関連ビジネスへの投資が中心である「不動産系」
あと海外への投資が中心である「海外系」の3つに大きく分類しました。

この分類でいくと、「国内各社事業者系」が最も多く、13社です。
このカテゴリに今年新規に追加となったのは、アップルバンク、キャッシュフローファイナンス、Pocket Funding
の3社です。

次に多いのがSBIソーシャルレンディングやラッキーバンクなどの「不動産系」で8社です。
不動産系はLCレンディングやTATERU FUNDINGなどのように上場企業が運営を手掛けていたりと信用度が高い事業者が多いと思われます。
このカテゴリに今年新規に追加となったのは、プレリートファンド、レンデックスの2社です。

「海外系」はガイアファンディング、アメリカンファンディング、クラウドクレジットの3社です。
このカテゴリに新規参入した事業者はありませんでした。

また、maneoマーケット社がシステム・サービス運営を提供する11社は「maneoファミリー」としてまとめました。
maneoファミリーとして新規に追加となったのは、アップルバンク、キャッシュフローファイナンス、プレリートファンドの3社です。

全事業者の年間貸出額合計1311.5億円のうち、maneoファミリーが778.2億円と約60%を占めています。
日本のソーシャルレンディング業界におけるmaneoファミリーの存在感がいかに大きいかわかるかと思います。
また、現時点ではmaneoファミリー以外の事業者間では提携などの関係はほとんど見られません。

また、各事業者の法律的な位置付けとしては、第1種金融商品取引事業者(証券会社)、第2種金融商品取引事業者、不動産特定共同事業者の3つに分けられます。
とはいえ、ほとんどの事業者は第2種金融商品取引事業者です。(正確にはmaneoファミリーの各事業者は第2種事業者ではありませんが、運営を手がけるmaneoマーケット社が第2種事業者であるため、第2種と記載しました。)
第1種金融商品取引事業者なのはクラウドバンクとSAMURAIの2社のみで、不動産特定共同事業者はTATERU FUNDINGのみです。

また、2018年8月時点で、みんなのクレジット・ラッキーバンク・グリーンインフラレンディングの3社は業務停止中です。
いずれも金融当局からの業務停止処分を受けてから業務再開のめどが立っていない状況です。

2018年も新たな事業者の参入が続いているので、2018年度の業界地図はさらににぎやかなものとなるでしょう。

次回は「ソーシャルレンディングVS株式投資~利益率が高いのはどちらか過去のデータを元に比較してみた(2017年版)」の予定です。



国内初にして最大!圧倒的なシェアを誇るソーシャルレンディング業界の巨人



証券会社の運営するソーシャルレンディング



鳥取から世界を救う!


エメラダ・エクイティ


公認会計士が運営するソーシャルレンディング
LENDEX



アジアの中心!沖縄発クラウドファンディング




法人融資歴15年以上の経験と実績でソーシャルレンディングに挑む!




不動産の目利きには自信あり! 銀座の不動産屋がソーシャルレンディングに参戦!
OwnersBook



狭い国内市場には興味なし! ソーシャルレンディングで世界を救う!





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)