記事一覧

<速報>JC証券が登録取消し処分に

JCサービスの子会社であるJC証券が、7月24日に関東財務局より行政処分を受けました。
処分内容は、登録取り消しです。

関東財務局「JC証券株式会社に対する行政処分について」

指摘内容は下記3点です。

(1)増資に係る不適切な行為
(2)貸付けに係る不適切な行為
(3)当局に対する不適切な報告

それぞれの内容は以下の通りです。

(1)増資に係る不適切な行為
当社は、平成29年10月、親会社を割当先とする増資を実施し、親会社から2億5684万円の払込みを受けた際、会社法上必要とされる取締役会及び株主総会を開催していない。
 また、当社は、本件増資について、取締役会及び株主総会が適法に開催された上で、適法に可決された旨の虚偽の記載がされた取締役会議事録及び株主総会議事録を作成している。
 さらに、当社は、本件増資の翌営業日に、親会社に対する貸付け名目で、本件増資金額の大半につき、自らの業務に用いることなく、親会社に送金しており、実効性に疑義のある増資となっている。
 加えて、当社は、平成30年1月、親会社に対して、本件親会社送金額の返済を求めた際、親会社の担当者から本件親会社送金額に係る返済期限の実質的な延長要請を受けているところ、その際にも、当社は、取締役会を開催することなく、また、取締役間で親会社の与信能力、資金使途及びこれらに見合った貸付条件(返済期限、利率等)についての実質的な審査・検討をすることなく、上記要請を受けた取締役の判断のみに基づき、当該要請に応じている。

(2)貸付けに係る不適切な行為
当社は、平成29年10月、本件増資金額から本件親会社送金額を控除した金員を原資として、個人に対する貸付け名目での金銭の交付を行っている。
当社は、本件貸付けに際し、本件親会社送金額と本件貸付けに係る貸付額の合計金額が、当時の当社総資産残高の約7割を占める状況にあったにもかかわらず、取締役会を開催することなく、また、取締役間で本件貸付先の与信能力、資金使途及びこれらに見合った貸付条件(返済期限、利率等)について実質的な審査・検討をすることなく、本件貸付先からの融資申込みを受けた取締役の判断のみに基づき、本件貸付けを実行している。
 さらに、当社は、本件貸付けを実行した際、本件貸付けに係る条件を定めた金銭消費貸借契約書を作成していないほか、本件貸付け後の一定期間、本件貸付先が本件貸付けに係る利息を支払っていない状況において、本件貸付先に対する支払督促も一定期間行っていない。
 加えて、当社は、本件貸付けについても、取締役会が適法に開催された上で、適法に可決された旨の虚偽の記載がされた取締役会議事録を作成している。

(3)当局に対する不適切な報告
当社は、当局から、本件増資に係る経緯に関する報告を求められた際、当局に対し、本件増資に係る取締役会及び株主総会が開催されていないことを秘して、本件増資の実施に先立ち取締役会等が開催された旨が記載された議事録を当局に提出している(なお、当社は、当該議事録を当局に提出した後になって、本件増資に関する取締役会も株主総会も開催していないことを認めるに至っている。)。
 また、当社は、本件貸付けに係る経緯に関する報告を求められた際、本件貸付けに関する金銭消費貸借契約書は、実際には、本件貸付けの実行後数か月を経た時点で作成されているにもかかわらず、当局に当該事実を告げることなく、平成29年10月19日に締結された旨の記載がされた金銭消費貸借契約書の写しを当局に提出しているほか、本件貸付けの実施に先立ち取締役会が開催された旨が記載された取締役会議事録を当局に提出している(なお、当社は、上記の本件貸付けに係る金銭消費貸借契約書及び取締役会議事録を当局に提出した後になって、本件貸付けに係る金銭消費貸借契約書が本件貸付けの実行後数か月を経た時点で作成されたものであることのほか、本件貸付けに関する取締役会は開催されていないことを認めるに至っている。)。

(4)上記(1)から(3)のとおり、当社においては、
a.当社の発行済全株式を保有し、かつ、当時、当社の代表取締役を兼務する代表取締役が存していた親会社からの要請に対して、適正な意思決定手続や内容の十分な検討を経ることなく、一部の取締役の判断で、当該要請に応じ、親会社への送金等を実行するなど、金融商品取引業者として経営のガバナンスが機能していない
b.元引受業務を行うための最低資本金額を満たすことなどを目的として、会社法上必要とされる手続を履践することなく、実効性に疑義のある増資を行っているほか、重要な事実を告げることなく、虚偽の記載を含む書面(事後的に作成したものを含む。)を当局に提出し、報告を行うなど、関連法令等に従った業務の運営がなされておらず、コンプライアンスが機能していない
といった状況にあり、経営管理態勢、法令等遵守態勢及び内部管理態勢が全体として機能していない。
 当社は、上記の状況に照らして、法第29条の4第1項第1号ホに規定する「金融商品取引業を適確に遂行するに足りる人的構成を有しない者」及び法第29条の4第1項第1号ヘに規定する「金融商品取引業を適確に遂行するための必要な体制が整備されていると認められない者」に該当し、よって、法第52条第1項第1号に該当するものと認められる。


この件について、JC証券では以下のコメントを公開しています。

弊社に対する行政処分に関して

<以下引用>
2018 年 7 月 24 日
JC 証券株式会社
下記の通りお知らせ致しますと共に、お客様、関係者の皆様には多大なるご心配、ご迷惑を
おかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

弊社は本日、関東財務局より行政処分を受けました。
【行政処分の内容】
関東財務局長(金商)第 3026 号の登録取消し
弊社は、この度の行政処分を厳粛に受け止め、今後、金融商品取引業者の登録の取消処分
を受けたことによって、お客様、関係者の皆様にいささかもご迷惑をおかけしないよう全責
任をもって対処してゆく所存でございますのでよろしくお願い申し上げます。
以上



一連の指摘された行為がなぜ行われたのか、この内容からだけだとよくわかりません。

例えば、増資や貸付に関して取締役会・株主総会をなぜ開かなかったのか、考えられる可能性としては、
(1)必要だと認識していなかった
(2)面倒だった
(3)増資や貸付の事実自体を公にしたくなかった
のいずれかだと思いますが、どれなのでしょうか。

いずれにしても、グリーンインフラレンディングの投資家の資金が返ってくるか、ますます不透明になってきたことは間違いなさそうです。
関連記事

コメント

マネオマーケットも一体で、償還元金だけ期日までに返金を!

 利率が高いので、確認、経済産業省認定、担保付、タイでの活動など、JCサービスのバイオマス発電などに多く実績があるとの信頼で投資しました。 突然の停止で驚いています。 遡った利息も不要ですが、ファンド案件ごとに、償還元金だけでも、期日までに返金願いたい。また、情報のご教示を!

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)