記事一覧

セミナーレポート「確定申告に備えよう!仮想通貨とソーシャルレンディング」

クラウドクレジット主催のセミナー「確定申告に備えよう!仮想通貨とソーシャルレンディング」に参加しました。その内容をレポートします。■開催日2018年2月21日■講師・クラウドクレジット執行役員 武居 駿氏・クラウドクレジット顧問税理士 柳澤 賢仁氏■内容●ソーシャルレンディングについて(クラウドクレジット執行役員 武居駿氏)・経歴長野県諏訪市出身前職は証券会社金融の意味を追い求めるという理念に引かれてクラウドク...

続きを読む

<速報>みんなのクレジットが債権を譲渡 譲渡価格は貸出額の3%程度

みんなのクレジットが、テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン)、株式会社ブルーアート及び株式会社らくらくプラスに対する債権を債権回収会社に譲渡することを決定しました。<以下みんなのクレジットメールより引用>投資家の皆様へ大切なお知らせ 平素は格別のご高配を賜り、深く御礼を申し上げます。この度は、株式会社テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン)、株...

続きを読む

確定申告ソフトを「やよいの青色申告オンライン」に変えてみた

確定申告の時期ですが、皆さんもう提出されたでしょうか。私は確定申告ソフトとして、昨年まで「MFクラウド確定申告」を使っていたのですが、今回は「やよいの青色申告オンライン」に変えてみました。理由は、MFクラウド確定申告は以下の書面に対応していないためです。・ 「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」・ 「特定証券投資信託に係る配当控除額の計算書」・分離課税用の「申告書第三表」これらは、株式や投資信託の...

続きを読む

ラッキーバンク行政処分勧告に関して田中社長に問合せしました

ラッキーバンク行政処分勧告に関し、私からラッキーバンク・インベストメント株式会社に対して電話にて問合せを行いました。田中社長本人より回答が得られました。その内容は以下の通りです。Q:検査が入ったのは昨年2月だったが、なぜ今頃指摘があったのか。A:検査があったのは昨年2月だったが、その後もやり取りを継続していた。Q:X社とはLBIリアルティ株式会社のことと理解してよいかA:その件については現時点では回答を...

続きを読む

<速報>証券取引等監視委員会がラッキーバンク・インベストメント株式会社に対する行政処分を勧告

2018年2月20日、証券取引等監視委員会がラッキーバンク・インベストメント株式会社に対する行政処分を勧告しました。↓ラッキーバンク・インベストメント株式会社に対する検査結果に基づく勧告について指摘されている事項は大きく2つです。(証券取引等監視委員会サイトより引用・一部要約)(1)貸付先の審査につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為田中 翔平 代表取締役の親族が経営する不動産事業を営むX社よりX社...

続きを読む

「自宅を売ってソーシャルレンディングの資金に充てよう!」について追記

先日公開した記事「自宅を売ってソーシャルレンディングの資金に充てよう!」について、いろいろなご意見をいただきました。特に、ローンを利用して投資することについて賛否両論ありましたので、この点について再度考察してみたいと思います。<賛成意見>・私もそんな感じで家、車などはあえてローンにしています他の投資もしてますが年8.4パーセント、20年で平均年利20パーセントだいたい資産は5倍その中ではソーシャルレンディ...

続きを読む

NISA投資と野村WEBプラスローンとどちらが得か

いきなりですが、皆さんはNISAを利用した投資はされているでしょうか。私は証券会社にNISA口座を開設し、2014年から投資信託を毎年110万円ずつ購入しています。しかし、NISAには、私にとって不便な点がひとつあります。それは、野村webプラスローンでは、NISAで購入した株式や投資信託は担保にできないという点です。野村webプラスローンとは、野村證券と野村信託銀行が提供している株式担保ローンです。年利1.5%でお金が借りられ...

続きを読む

ソーシャルレンディング業界全体のデフォルト率は?

クラウドポートが2017年のソーシャルレンディング業界レポートを公開しました。↓ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」。2017年ソーシャルレンディング業界レポート公開レポートによると、日本ソーシャルレンディングの市場規模は、2017年には前年の2.5倍となる1,316億円に上ったそうです。また、期待利回りは、年率8.40%(税引き前)と、前年から0.3ポイント上昇したとのことです。<以下引用>【日本ソ...

続きを読む

2017年ソーシャルレンディング投資実績・一番利回りのよかったサービスは?

2017年のソーシャルレンディングでの投資実績をまとめました。結局一番高い利益を上げることができたのはどのサービスだったのでしょうか。■全体まず、全サービスの合計から見ていきたいと思います。  (単位:万円)サービス項目2011年2012年2013年2014年2015年2016年2017年(平均)(利益・損失合計)(合計)①投資金額(平均)237.0 549.0 605.7 656.4 1,139.7 1,250.0 1,811.6 892.8 - ②利益額(税引き前)16.1 42....

続きを読む

SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンドで返済遅延発生

プレリートファンドが、IRR(最大期待利回り)14%のファンドを募集します。<募集条件>募集総額: ¥5,050,000運用利回り(年利): 6.50%IRR(最大期待利回り)(※1) 14.00%借入期間: 24 ヶ月2018年02月上旬募集予定「IRR(最大期待利回り)」は、説明によると以下の通りです。(※1)IRR(最大期待利回り):利息に付随する融資手数料の中から投資家に分配する金額を含めた最大の期待利回りをIRR(最大期待利回り)としております...

続きを読む

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)