記事一覧

接骨院を閉院することにしました(1)

私が経営する接骨院について、事業譲渡を試みたができず、結局閉院することになった話の続きです。閉院するには院内の設備などを全て廃棄して物件を原状復帰しなければならず、かなりの費用が掛かると思われるのでできれば避けたかったのですが、やむを得ません。まずは院長に来月で閉院することを伝えました。院長にはすでに事業譲渡の話はしていたので、閉院の話を伝えてもそれほど驚きはなく、冷静に受け止めてくれたようです。...

続きを読む

接骨院を事業譲渡することにしました(3)

接骨院事業譲渡の話です。スタッフと先方の面談の日時が決まったので、私からその前にスタッフに事業譲渡の件について以下のように伝えました。「譲渡の理由は、赤字が続いておりなかなか黒字転換できないことと、店内の改装に大幅な投資が必要だと思うが、その余力がないこと。譲渡先選定の理由としては、大手接骨院グループであり、接骨院経営ノウハウと投資余力があること。また、スタッフについては継続雇用を希望しており、引...

続きを読む

接骨院を事業譲渡することにしました(2)

接骨院事業譲渡の話です。さて、売却案件登録後、2週間ほどで2社から問い合わせがありました。1社は都内の不動産関連会社でした。接骨院事業は未経験ですが、興味があるとのことでした。一度先方のオフィスに行き、経営状況などについて説明しました。ただ、その後先方にて検討の結果、購入は見送るとの回答でした。もう1社は東北地方を中心に40店舗以上を展開する大手の接骨院チェーンでした。現在関東に新店舗を探しているとのこ...

続きを読む

接骨院を事業譲渡することにしました(1)

接骨院を事業譲渡することにしました。理由は、やはり業績の不振です。接骨院事業を開始したのは2021年5月ですが、それ以来一度も黒字になった月はなく、赤字続きでした。赤字の額は月により異なりますが、直近の2023年8月では約30万円の赤字でした。人員削減を含めて様々な取り組みをしてきましたが、なかなか収支が改善せず、残念ながら撤退を決断しました。事業譲渡に際しては、購入した時と同じくTRANBIを利用しました。TRANBI...

続きを読む

素人が接骨院を経営できるか~2023年8月収支実績

接骨院経営の話です。2023年8月の収支実績は以下の通りでした。■売上について売上は482,204 円と、前月とほぼ同様でした。また、1日当たりの患者数は14.5人と、前月とほぼ同様でした。新患数は8名と前月から若干増えました。また、患者一人当たりの平均単価は1960円と前月より300円ほど上がりました。■経費について経費については789,998円と、前月から30万円ほど減少しました。6月に1名スタッフを減らした結果です。■利益について...

続きを読む

素人が接骨院を経営できるか~2023年7月収支実績

接骨院経営の話です。2023年7月の収支実績は以下の通りでした。■売上について売上は475,968 円と、前月から12万円ほど減少しました。また、1日当たりの患者数は14.7人と、前月と1名ほど減少しました。6月末に人員削減を行った結果、売り上げが低下したものと考えられます。新患数は6名と前月と同様でした。ただ、患者一人当たりの平均単価は1619円と相変わらず低い状態です。■経費について経費については1,094,385円と、前月から8...

続きを読む

素人が接骨院を経営できるか~2023年6月収支実績

接骨院経営の話です。2023年6月の収支実績は以下の通りでした。■売上について売上は600,148円と、前月から1万円ほど増加しました。また、1日当たりの患者数は16.0人と、前月とほとんどかわりありません。新患数は6名と前月よりも1名増加しました。ただ、患者一人当たりの平均単価は1,791円と相変わらず低い状態です。■経費について経費については1,035,263円と、前月から70万円ほど減りました。4月末でスタッフが2名退職したためで...

続きを読む

接骨院で人員削減を行いました

接骨院経営の話です。以前にも書いた通り、接骨院の経営は赤字が続き、苦しい状況が続いています。特に5月の売り上げは前月までと比べて大きく下がり、586,292円でした。この状況を踏まえて、やむを得ず人員削減を行うことを決めました。5月以降2名体制でしたが、1名退職してもらい、7月から1名(院長)のみの体制とすることにしました。退職してもらうのは4月に雇用したばかりの鍼灸師の方です。雇用したばかりで退職してもらうの...

続きを読む

素人が接骨院を経営できるか~2023年5月収支実績

先日日本政策金融公庫に600万円の融資を申し込みましたが、1週間後くらいに担当者から電話で連絡がありました。結論としては、融資は不可とのこと。理由としては、接骨院の経営状況が良くないためとのことでした。コロナ融資は売り上げが低下していることが条件なのに、経営状況が良くないために融資を断られるのは矛盾しているようにも思いますが、仕方ありません。*************接骨院経営の話です。2023年5月の収支実績は以下の...

続きを読む

日本政策金融公庫に600万円の融資を申し込みました

接骨院経営の話です。接骨院の運転資金調達のため、日本政策金融公庫に融資を申し込むことにしました。なお、接骨院を買収する際にもその資金600万円を日本政策金融公庫から借りています。融資を申し込んだのは、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」です。この制度の概要は以下の通りです。条件として、「最近1ヵ月間の売上高または過去6ヵ月(最近1ヵ月を含む。)の平均売上高が前5年のいずれかの年の同期に比し5%以上減少して...

続きを読む

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)