記事一覧

オーナーズブックが初のエクイティ投資型案件を募集

クラウドバンクで、米ドル建てファンドへ投資しました。↓クラウドバンクが「米ドルによる募集・運用ファンド」を近日中に開始 投資したのは「米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド第2号」で、投資金額は170ドルです。最低投資額が100ドルなので、とりあえず2万円を入金して両替したところ、170ドルになりました。ファンドの募集条件は以下の通りです。年率 6.9%運用期間 24ヶ月担保: 有(最終資金需要者が保有す...

続きを読む

ロードスターキャピタル株式会社 決算書分析(2016年度)

今回はオーナーズブックの運営会社であるロードスターキャピタル株式会社の決算書を分析します。ロードスターキャピタルは2017年9月にマザーズ上場を果たしました。ロードスターキャピタル株式会社元にしたのは下記の決算書です。https://loadstarcapital.com/ja/ir/irnews.html収益状況推移は以下の通りです。ロードスターキャピタル株式会社 収益状況推移(単位:億円)項目 2011 2012 2013 2014 2015 2016 主要な項目①総...

続きを読む

ロードスターキャピタルがマザーズでIPO

オーナーズブックの運営会社であるロードスターキャピタルが、マザーズへのIPOを果たしました。↓東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ<以下引用>東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ ロードスターキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩野達志、以下当社)は、本日、株式会社東京証券取引所より、当社株式の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されまし...

続きを読む

オーナーズブックで利回り10%を狙えるか

先日投資したSBIソーシャルレンディングの「SBISL地方創生ローンファンド1号~ピュアウォーター事業~」は、出資額が最低募集金額に達しなかったため、残念ながら不成立となってしまいました。出資募集金額9億円に対し、2億円ほどしか集まらなかったようです。次回に期待したいと思います。*****みんなのクレジットで投資していたファンド2件(計65万円)が満期となり償還されました。また、他のファンドの分配金も予定通り分配さ...

続きを読む

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)