記事一覧

最新キャンペーン&セミナー情報(2019/6/14更新)

<最新キャンペーン情報>■クラウドバンク⇒クラウドバンク■SAMURAISAMURAI 令和キャンペーン【対象期間】2019年5月1日~2019年6月30日【対象者】上記期間内に、新規会員登録が完了した方、累計30万円以上購入いただいた方に、以下のとおり、QUOカードをプレゼント【プレゼント内容】①上記期間内に、新規会員登録が完了したお客様⇒500円相当のQUOカードをプレゼント②上記期間内に、当社商品を累計30万円以上ご購入頂いたお客様⇒2,5...

続きを読む

ソーシャルレンディングサービス2018年貸出額ランキング・シェア

前年度に引き続き、2018年度の各サービス年間貸出額ランキングを発表します。なお、年間貸出額の算出にあたっては、「ソーシャルレンディング赤裸々日記」でまとめられている各サービス実績の値を元にさせていただきました。過去の記事はこちらソーシャルレンディングサービス2017年貸出額ランキング・シェアソーシャルレンディングサービス2016年貸出額ランキング・シェアソーシャルレンディングサービス2015年貸...

続きを読む

借り手匿名化廃止から1ヶ月 各社の対応状況は?(2)

前回に引き続き、各社の借り手匿名化廃止への対応状況をまとめました。■FundsFundsもすでに匿名化の廃止に対応しています。公開されている情報は、 ・借り手の社名・所在地・設立年月日・資本金・代表者・上場・未上場・財務情報また、不動産関連の案件については、以下の情報も公開されています。・所在地・敷地面積・延べ床面積・地目・用途地域・建蔽率・容積率・構造こちらも情報公開の詳細度では高い水準と言えます。■ネクス...

続きを読む

借り手匿名化廃止から1ヶ月 各社の対応状況は?(1)

3月18日、金融庁がソーシャルレンディングの借り手匿名化廃止の方針を明らかにしました。↓借り手匿名化が廃止それから約1ヶ月が過ぎましたが、サービス各社の対応状況はどうでしょうか。現時点で、匿名化廃止に対する対応方針を明らかにしている事業者は以下の通りです。■SAMURAISAMURAIは、匿名化が廃止された翌日の3月19日には対応方針を明らかにしています。↓貸付型クラウドファンディングにおける匿名化解除後の弊社の情報開示...

続きを読む

借り手匿名化が廃止

3月18日、金融庁がソーシャルレンディングの借り手匿名化廃止の方針を明らかにしました。この方針は、照会者ら(非公開)が提出した法令適用事前確認手続(ノーアクションレター制度)に対する回答の中で明らかにされました。※1:平成31年3月18日 金融庁における法令適用事前確認手続(回答書)※2:平成31年3月11日 金融庁における法令適用事前確認手続(照会書)<金融庁における法令適用事前確認手続(回答書)より引用>1.回答...

続きを読む

借り手匿名化廃止が間近か

日経新聞にて、金融庁による借り手匿名化廃止がなされると報道されました。↓ネット融資仲介を透明化 借り手の情報を開示、金融庁以下引用金融庁はインターネット経由で融資を仲介するソーシャルレンディング業者に、貸付先となる企業の情報開示を促す。従来は匿名を原則としてきたが、社名や所在地など投資判断に必要な情報の公表を求める方針。昨年匿名化廃止の方針は示されましたが、具体的な時期については明らかにされていま...

続きを読む

2018年ソーシャルレンディング5大ニュース

毎年恒例の「ソーシャルレンディング5大ニュース」を今年も発表します。 <過去の記事はこちら>2011年ソーシャルレンディング6大ニュース(1) 2012年ソーシャルレンディング5大ニュース(1) 2013年ソーシャルレンディング5大ニュース(1) 2014年ソーシャルレンディング5大ニュース2015年融資型クラウドファンディング5大ニュース2016年ソーシャルレンディング4大ニュース私が独断で選び、ランキングした2018年の...

続きを読む

妻名義でのソーシャルレンディング投資を開始しました

以前、ソーシャルレンディング口座を妻の名義にして節税する方法を思い付いたので記事にしました。↓ソーシャルレンディング口座を妻の名義にして年間20万円節税する方法 ソーシャルレンディング口座を妻の名義にして年間20万円節税する方法(2)目的は「妻の低い所得税率が適用されること」です。夫よりも妻の収入が低いのであれば、妻の所得税率の方が低くなります。例えば、以下のケースを考えてみます。  夫の年収が600万...

続きを読む

書籍「中小企業のためのクラウドファンディング入門」の中で私の記事が紹介されました

書籍「中小企業のためのクラウドファンディング入門」の中で私の記事が紹介されました。 「中小企業のためのクラウドファンディング入門: ~フィンテック時代!新しい資金調達で飛躍する~ (現代産業選書)」丸山 隆平 著 経済産業調査会著者の丸山隆平氏の経歴については以下の通りです。(著書より引用)1948年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。1970~80年代、日刊工業新聞社で第一線の経済・産業記者として活躍。コンピュー...

続きを読む

ソーシャルレンディングVS株式投資~利益率が高いのはどちらか過去のデータを元に比較してみた(2017年版)

2017年に、ソーシャルレンディングと株式投資(日本)はどちらが儲かるかを過去のデータをもとに検証する記事を書きました。↓ソーシャルレンディングVS株式投資~利益率が高いのはどちらか過去のデータを元に比較してみたこの記事は2010年から2016年までを分析対象としていましたが、2017年も含めて改めて検証したいと思います。もちろん、株式投資で大きな利益を得ている人もいれば、損をしている人もいるので、...

続きを読む

株式型クラウドファンディング事業者リンク

ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングに特化した中立的な比較サイト・ニュースサイトです。

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)