記事一覧

UBI社がAIP証券を子会社化

<追記>
AIP証券は、UBI株式会社および瀧本氏とは現時点では何の関係もなくなっています。
(2015年4月23日追記)



少し前の話になってしまいましたが、maneoの親会社であるUBI株式会社がAIP証券という証券会社を子会社化しました。

AIP証券のサイト
AIP証券の業務内容を見たところ、証券会社と言っても、一般の投資家に株やファンドを販売する業務はしておらず、資本調達の支援・M&Aのサポートといった企業向けのサービスを提供している会社のようです。

また、メンバーを見ると、瀧本氏が取締役副社長に就いているのに加え、maneo社長の妹尾氏も取締役副社長となっています。
確かにほぼ完全にUBIグループの傘下に収まったようです。


証券会社買収の意図について、瀧本氏は以下のように述べています。

瀧本氏のブログ(10/16)

<以下引用>
証券会社をグループに加えて、私たちがやりたいこと、
それはズバリ、「中小企業の資金調達のお手伝い」です。
 
・maneo社のサービスは、最長が36ヶ月までの「融資」です。

・AIP証券は、中小企業が発行する「社債」や「ワラント債(新株予約権付社債)」を応援する仕組みです。

・その他に、AIP証券では、おもしろいファンドを立ち上げようと思います。
 たとえば、
 「ラーメンファンド」
 「ウナギのシラスファンド」
 「ローズオイルファンド」
 「お米ファンド」
 などです。

これは、一般には「事業の証券化」と呼ばれています。
<引用終わり>


UBIグループとしては、maneoだけでなく、今後は社債やファンドの発行を通じて企業の資金調達を行っていくということだそうです。


さて、「ラーメンファンド」や「ウナギのシラスファンド」のようなファンドが発売されたら投資すべきでしょうか。

似たような試みとしては、ミュージックセキュリティーズが「被災地応援ファンド」として、「マルトヨ食品さんまファンド」や「八木澤商店しょうゆ醸造ファンド」などを通じた資金募集をしています。
ただ、これらは半分投資・半分寄付の形態で、リターンも配当金ではなく商品の形で投資家に還元されます。

AIP証券で取り扱う予定のファンドがどのような形式になるのかわかりませんが、わざわざ証券会社を買収して発行するところを見ると、金銭的なリターンを還元するようなものになると思われます。

このようなファンドへの投資は、事業内容が本当に期待する利益を生み出せるのかどうかを見極められる投資家であればよいですが、素人にはなかなか手を出しにくいところがあります。

maneoであれば投資先が仮に赤字になっても倒産しさえしなければ配当は得られるので、ビジネスとして成り立つのかどうかをそこまでシビアに見極めなくてもよいと思うのですが(もちろん長期にわたって赤字続きではいずれ倒産するでしょうが)、ファンドでは赤字になったら当然配当は無しになるので、より難易度が高いように思います。
もちろん当たれば配当も大きいのでしょうが・・・。

また、こうしたファンドは、どうしても先日破たんした「安愚楽牧場ファンド」などを思い起こさせ、「胡散臭い」印象がついて回ります。
(まあそういう意味ではmaneoも投資したことのない人からすると胡散臭いイメージはあると思いますが)

ただ、「ラーメンファンド」や「ウナギのシラスファンド」の内容には興味があるので、募集されたら内容を十分にチェックした上で、もしよさそうなら少額から始めてみたいと思います。




関連記事

コメント

ウナギのシラス

「ウナギのシラス」に近いものとしては、UBIfinance第81弾がありましたね。

Re: ウナギのシラス

yhosenさん
コメントありがとうございます。

> 「ウナギのシラス」に近いものとしては、UBIfinance第81弾がありましたね。

「ウナギの輸入卸売・小売業者への事業性資金支援ローンへの投資」ですね。
金利7.0%・4か月となかなかの好条件でした。
ウナギやラーメンなども普通のmaneo案件であればまあ投資してもよいかと思いますが、ファンドとなるとよりリスクが高まるように思います。

監査役宮本弁護士逮捕、大丈夫かな?

コメントの投稿

非公開コメント

このブログが本になりました!

2015年3月10日 ぱる出版より発売されました。 お得なKindle版も出ています。

広告


投資の達人になる投資講座

広告

Amazon人気商品

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

中田健介(けにごろう)

Author:中田健介(けにごろう)
IT系企業に勤務しています。
2010年からソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)での資産運用を開始しました。
自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。

■著書
2015年3月7日にぱる出版より著書「年利7%!今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!~日本初!融資型クラウドファンディング投資の解説書」を発売しました。
是非よろしくお願いいたします。

■興味のあるもの
 ・投資(これまでに実施したことがあるのは、投資信託・国債・FX・株式などです。)

■ソーシャルレンディングについて
 maneo・AQUSHとも2010年から始めました。
 ソーシャルレンディングは将来性のあるビジネスモデルです。自分も微力ながらこのブログを通じて知名度の向上に努めたいと思っています。

FC2カウンター

メールフォーム

ご意見、ご感想、取材、セミナー講師依頼、執筆依頼などを受け付けております。
メールフォームからメールが送信できない場合、お手数ですが以下のメールアドレスまで送信ください。
kensukenakata1975@gmail.com

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

Twitter

Twitter始めました
@kennygorouのツイッタ
ブログの更新情報などをお知らせします。
是非フォローよろしくお願いします。

お知らせ

2015年8月にブログのテンプレートを変更しました。
変更に伴い、過去記事の表などが一部見えなくなってしまったため、過去記事を別サイトに移しました。(別サイトでは旧テンプレートで表示されます)
旧記事がうまく表示されないときは、お手数ですが下記のリンクよりご参照ください。
「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」(旧)